フランスのけん玉 ビルボケ


f0074803_13202219.jpg


はじめに言います。けん玉は日本で生まれたわけではありません。

起源は16世紀のフランスに遡るというのが通説で、まあもちろんですが
貴族のおもちゃだったわけです。フランス語でビルボケと言います。

両側の受け皿がないので遊び方としては非常にシンプルなものになりますが
その分、かたちは美しいですね。

こちらは19世紀のもので材質はツゲ。

小 (17cm) 売約済み
大 (22cm)  22,000-


参考 日本けん玉協会HP http://kendama.or.jp/

お問い合わせ miyawakimodern@gmail.com
      
by pointcinq | 2015-05-30 13:33 | 品物の紹介 | Comments(1)
Commented at 2016-01-03 15:24 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。


<< 立体模型      純銀のスプーン >>