ミントンの八角皿


f0074803_10135235.jpg



先日、お知らせした福岡krankでの「エプロン商会とmiyawakimodern」展、
いよいよ今夜がレセプションです。

ゲストに伊藤まさこさんをお迎えし、今夜は特別な「まさこバー」からスタートします。
(チケットはすべて完売)

明日は通常通り13時よりの営業です。
楽しくウキウキのエプロンとミヤワキモダンのちょっとクセのあるヨーロッパの古いもの。
場所があのkrankですからね、合わないわけがないので本当に楽しみです。

どうぞお出かけください。

画像は1880年代のミントン。ミントンはイギリスの高級食器メーカーで、僕が知っているのは
なんというか煌びやかな磁器が多かったので、これはちょっと驚きました。
普段、柄物にはかなり慎重になっているので、これも悩みましたが惹かれるものがあり
そこにあるの全部、どーんと山買いです。
調べると、ミントンは製作年代が刻印によって記されていて、簡単に年代が判別できる。
これは1883年‐84年のものでした。よくぞはるばる日本まで来ていただきました。

僕は特に柄物に慣れていないので、ちょっと柄が強いかなとも思いましたが、
ケーキやタルトなんかを乗せてみると、これがとてもいいのです。映えるのです。
勉強させてもらった一皿になりました。
こちら、たくさんの数があります。krankにも行っています。
直径22.5cmと25cmの2種あり、どちらも@8000.

明日12/3の宮脇モダンは休業し、12/4(日)の大江戸骨董市では年に一度の在庫セールを
どーんと開催します。何かいいもの出てくるはず、一般の方も業者さんも、ぜひ。

お問い合わせ miyawakimodern@gmail.com

画像及びテキストの無断使用は固くお断り申し上げます。 Copyright © 2001 antiques miyawaki modern All Rights Reserved.
 
by pointcinq | 2016-12-02 10:12 | Comments(0)


<< 12/17      福岡 krank にて >>