ウイスキーグラス
f0074803_14310938.jpg


ウイスキーをオンザロックで飲める古いグラス、
これが意外にもヨーロッパには本当にないんです。
ないわけじゃないですが、非常に少ない。

まあ、だいたい氷ってものがないというか、使わないですから。

パリに住んでいた頃、いい銀のシェイカーを買ったので
美味しいカクテル🍸作ろうと思ったんですね。
(バーテンダー歴あり)
うちの冷蔵庫の上の方についていた「冷凍コーナー」はそんな氷のできる雰囲気はゼロだったので、スーパーに買いに行ったわけですがそんなものどこにも売ってない。冷凍食品専門店にもない。信じられないですが、本当にどこにもないんです。

考えたら、カフェで食後に一杯ウィスキーを注文しても、
ジュース用の縦長い普通のコップにペラペラの氷3個ってのが定番。氷がギンギンに入ったカクテルは高級ホテルかハリーズバー行かなくちゃ飲めないのでした。

そう、そういう訳で氷がない(魚屋とか、生牡蠣売ってるとこにはあんなにあるのに)。
だから当然ロックグラスもない。必然の流れ。

前振りが長いですが、そんなロックグラスの古いものがいかに少ないか、理解していただけましたね。
その上ですよ、僕が好きなのはぼってり厚めでずしっと重く、やや黒味がかりながらもキリッとした透明感があって底も厚め、ラウンドしてればなお良し。という具合。なかなかありません(笑)。

画像のこちらはそのミヤワキポイント満点に近いですが、ラウンドした底にキズがあるのでそこは減点。でもかなり好きです。深夜のウィスキー🥃、いかがですか。

直径約8cm 高さ9cm 8,000-


by pointcinq | 2017-03-11 14:08 | Comments(0)


<< 純銀のゴブレット      ガラス瓶 19世紀フランス >>