ガラスケースの中の天秤
f0074803_14374839.jpg


今回の仕入れで1番嬉しかった、心ときめいたモノ。
この天秤です。

ガラスケースに入った天秤自体はそんなに珍しいものではなく、昔は金などの効果で正確な計量を必要とするものは、ホコリや風の影響がない、こんな天秤を使いました。

そんな中でも、これは時代の古さ(19世紀の中頃)、ガラスの薄さ、揺らぎ、それにフレームの繊細さ、装飾の潔さ、つまみやヒンジなどの質の良さ、どれを取っても今迄のベスト。ベストオブザベスト。

これ1つ、フランスの片田舎から郵便で送ったのですが、それに使った梱包材の量!持って行った梱包材の半分くらい、ダンボールも現地で拾ってトリプルカートンにして、ダンボールにガラスケースの絵を描いて、誰がどう見てもコワレモノ、Fragileという状態で郵便局へ。

郵便局のおばちゃん、開口一番
「郵便局にFragileは存在しないからねー」だって。
わかってます、わかってます。でも、ね!
というやり取りで、虎の子を置いて来たわけです。

そしてそして、ようやく無事に到着。梱包を解いて久しぶりの再会となりましたが、南仏出会ったあの感動そのまま、無事でなによりというところです。

f0074803_15550770.jpg
f0074803_15554600.jpg
f0074803_15560876.jpg
f0074803_15563575.jpg
f0074803_15565242.jpg
改めて見ても、つまみやヒンジなどの部品や細部の質の良さ、上品さ。素晴らしいです。

しばらく飾って眺めていたい。

by pointcinq | 2017-08-27 14:15 | 品物の紹介 | Comments(0)


<< 旅のおさらい      Gien ジーアンのミニチュア... >>