博物館の鉱物見本
f0074803_14321429.jpg

今週末、2/3(土) 2/4(日)は目白アンティーク&ブロカントに出店します。
おなじみの目白コレクションも次回で10周年を迎えますが、こちらはそのスピンオフとして生まれたもので、今回が初めてとなる洋物だけの企画です。
全国から10軒の骨董店が集まってきます。
緊張です。。。

画像はフランスの博物館から出てきたという鉱物見本のキャニスター。
手のひらサイズの型ガラスですが、キリッとエッジの効いた感じがとてもいい時代を感じさせます。ガラスに透明感がありとても美しいガラスだと思います。

蓋はブリキのような素材で、花器に盛られた花が型押しされています。

この目白ABに持っていきます。
数がありますので、お好きな感じのものを手に取っていただければ。
ひとつ7,500-

f0074803_14492046.jpg

f0074803_14492147.jpg

antique&brocante目白

2018.2.3 12:00-19:00
2018.2.4 10:00-17:00

アンタイディ/東京
gallery uchiumi/東京
Gallery ONO/岡山
ギャラリー桑納/東京
四方堂/福岡
志村道具店/東京
antique VerMeer/金沢
本田/岐阜
宮脇モダン/東京
Myshica Antik/名古屋

at gallery FUURO
アクセス
www.gallery-fuuro.com/access


by pointcinq | 2018-01-31 14:31 | 品物の紹介 | Comments(0)


<< ジンボトル c.1720 オラ...      銀のカトラリー磨き  >>