2017年 10月 03日 ( 1 )
親子サラダボウル 19C Gien
f0074803_10593397.jpg

まさに親子のサラダボウル。
大きいほうは通常の食卓に上がるもので、こうした造形の美しい皿は使っていないときは壁やカップボードなどの家具に飾られていた。使って、鑑賞して楽しむ事ができるように高台に初めから穴が開けられている。こうした仕様になっている食器というのはとても数が少ないので、それだけこうした美しい食器は貴重で人にも見せたいものだった事がわかる。

では小さいほうは?
小鉢というものが基本的にヨーロッパにはない。では手をすすぐ?いえいえ、こちらはままごと用。貴族の子供たちが本物の食器のミニチュアを使っておままごとするわけです。おうちにあるのと同じ、あのお気に入りのサラダボウル。優雅でございます。葉っぱのサラダ、作ったでしょうねー。

こちらは壁掛けできるようにはなっていませんが、今日までこうして大事に残されてきたのでしょう。
f0074803_10594458.jpg

f0074803_10595247.jpg

f0074803_11004269.jpg
どちらも19世紀のGien
サイズ    大 直径26.7cm     小 11.8cm
それぞれ     売約済み           16,000-



by pointcinq | 2017-10-03 10:58 | 品物の紹介 | Comments(1)