ジンボトル c.1720 オランダ/ドイツ
f0074803_14531394.jpg

あー、そういえば確定申告、封筒をそのまま置いてあるだけで、まだ何も1ミリも準備していない。もう本当に毎年切に願うのだけれど、僕の事はもうほっといてくれないだろうか。

変な天気を横目にオリンピックを見ながらいろいろ考え事をしていました。来年度から金土曜の営業にしようと思います。金曜は13時〜17時、土曜は13時〜18時と今まで通り。どうぞよろしくお願いします。

さて明日はまた寒くなる様子ですが、恒例の大江戸骨董市に出ます。寒いのも嫌ですが、昨日からの花粉にもうめちゃくちゃにやられています。明日も大変そうですが、なんとか頑張ります。

画像は1720年頃のガラスでジンのボトル。
ドイツもしくはオランダ。
下に行くにつれ細くなるものが多い中、直角に立ち上がり、大らかな緩やかなカーブを描く肩口の美しいボトル。先人達にも花入れとして愛されてきたのもよくわかります。
高さ約21cm、11cm×11cm  75,000-

詳細はお問い合わせください。




# by pointcinq | 2018-02-17 14:53 | 品物の紹介 | Comments(0)
博物館の鉱物見本
f0074803_14321429.jpg

今週末、2/3(土) 2/4(日)は目白アンティーク&ブロカントに出店します。
おなじみの目白コレクションも次回で10周年を迎えますが、こちらはそのスピンオフとして生まれたもので、今回が初めてとなる洋物だけの企画です。
全国から10軒の骨董店が集まってきます。
緊張です。。。

画像はフランスの博物館から出てきたという鉱物見本のキャニスター。
手のひらサイズの型ガラスですが、キリッとエッジの効いた感じがとてもいい時代を感じさせます。ガラスに透明感がありとても美しいガラスだと思います。

蓋はブリキのような素材で、花器に盛られた花が型押しされています。

この目白ABに持っていきます。
数がありますので、お好きな感じのものを手に取っていただければ。
ひとつ7,500-

f0074803_14492046.jpg

f0074803_14492147.jpg

antique&brocante目白

2018.2.3 12:00-19:00
2018.2.4 10:00-17:00

アンタイディ/東京
gallery uchiumi/東京
Gallery ONO/岡山
ギャラリー桑納/東京
四方堂/福岡
志村道具店/東京
antique VerMeer/金沢
本田/岐阜
宮脇モダン/東京
Myshica Antik/名古屋

at gallery FUURO
アクセス
www.gallery-fuuro.com/access


# by pointcinq | 2018-01-31 14:31 | 品物の紹介 | Comments(0)
銀のカトラリー磨き 
f0074803_10245314.jpg

お正月の前に家中の銀器を出してきて全部綺麗に磨き上げました。
銀器は通常に使っているものは特に手入れはしないのですが、
それでも数年すると輝きが鈍ってきます。たまにピカールなどの
金属磨きで磨いてやると驚くほど綺麗になります。たまには。

afのマークの入ったものはエールフランスがクリストフルに別注したCluny。
パリ時代にかなりの数を集めたのが懐かしい。いくつかはこうして残して
日常の朝食で使うことが多いです。

今週土曜は通常通りの営業、日曜は今年初めての大江戸骨董市。
そして2月頭、最初の週末に目白コレクションのスピンオフとして
洋物だけの催しがあります。
2/3‐4 「アンティーク&ブロカント目白」

「ブロカント」とは、最近はお店の名前にも使われたりでだんだんと
なじみのある言葉になりつつありますが、フランス語で「古道具」
もしくは「古道具屋」「古道具市」のように、「アンティーク」よりは
ややカジュアルな意味がありますが、この出展メンバーを見ますと
いやーもうそんな感じしないですよね。バリバリのファインアンティークから
お手に取りやすいものまで、という意味でしょう、きっと。

今回が初めての試みですが、古物好きにはたまらないイベントになると思います。
どうぞよろしくお願いいたします。

f0074803_10381134.jpg
f0074803_10384533.jpg


# by pointcinq | 2018-01-18 10:40 | お知らせ | Comments(0)