カテゴリ:品物の紹介( 394 )
ピューターのお盆

f0074803_17073325.jpg
f0074803_17090233.jpg

f0074803_17074011.jpg

素晴らしいピューターのお盆を見つけました。

リヨンの刻印があります。
18世紀あるか、19世紀だと思います。
刻印を調べているのですが、まだ辿り着けず。。。

直径 約37.5cm SOLD

by pointcinq | 2017-10-07 17:07 | 品物の紹介 | Comments(0)
親子サラダボウル 19C Gien
f0074803_10593397.jpg

まさに親子のサラダボウル。
大きいほうは通常の食卓に上がるもので、こうした造形の美しい皿は使っていないときは壁やカップボードなどの家具に飾られていた。使って、鑑賞して楽しむ事ができるように高台に初めから穴が開けられている。こうした仕様になっている食器というのはとても数が少ないので、それだけこうした美しい食器は貴重で人にも見せたいものだった事がわかる。

では小さいほうは?
小鉢というものが基本的にヨーロッパにはない。では手をすすぐ?いえいえ、こちらはままごと用。貴族の子供たちが本物の食器のミニチュアを使っておままごとするわけです。おうちにあるのと同じ、あのお気に入りのサラダボウル。優雅でございます。葉っぱのサラダ、作ったでしょうねー。

こちらは壁掛けできるようにはなっていませんが、今日までこうして大事に残されてきたのでしょう。
f0074803_10594458.jpg

f0074803_10595247.jpg

f0074803_11004269.jpg
どちらも19世紀のGien
サイズ    大 直径26.7cm     小 11.8cm
それぞれ     売約済み           16,000-



by pointcinq | 2017-10-03 10:58 | 品物の紹介 | Comments(1)
ガラスケースの中の天秤
f0074803_14374839.jpg


今回の仕入れで1番嬉しかった、心ときめいたモノ。
この天秤です。

ガラスケースに入った天秤自体はそんなに珍しいものではなく、昔は金などの効果で正確な計量を必要とするものは、ホコリや風の影響がない、こんな天秤を使いました。

そんな中でも、これは時代の古さ(19世紀の中頃)、ガラスの薄さ、揺らぎ、それにフレームの繊細さ、装飾の潔さ、つまみやヒンジなどの質の良さ、どれを取っても今迄のベスト。ベストオブザベスト。

これ1つ、フランスの片田舎から郵便で送ったのですが、それに使った梱包材の量!持って行った梱包材の半分くらい、ダンボールも現地で拾ってトリプルカートンにして、ダンボールにガラスケースの絵を描いて、誰がどう見てもコワレモノ、Fragileという状態で郵便局へ。

郵便局のおばちゃん、開口一番
「郵便局にFragileは存在しないからねー」だって。
わかってます、わかってます。でも、ね!
というやり取りで、虎の子を置いて来たわけです。

そしてそして、ようやく無事に到着。梱包を解いて久しぶりの再会となりましたが、南仏出会ったあの感動そのまま、無事でなによりというところです。

f0074803_15550770.jpg
f0074803_15554600.jpg
f0074803_15560876.jpg
f0074803_15563575.jpg
f0074803_15565242.jpg
改めて見ても、つまみやヒンジなどの部品や細部の質の良さ、上品さ。素晴らしいです。

しばらく飾って眺めていたい。

by pointcinq | 2017-08-27 14:15 | 品物の紹介 | Comments(0)
Gien ジーアンのミニチュア皿 サラダボウル
f0074803_16532602.jpg


仕入れの旅より戻って1週間経ってます。
帰っての荷物の整理はもちろんのこと、留守にした10日間分のあれこれがあって
子供の新学期の準備に年々激しくなる時差ボケが重なるので、なかなかのものです。
ようやく落ち着いてきたかなというところ。

今回の旅もしっかり充実した仕入れができました。事故、事件、トラブルはとくになく(珍しく)
スピード違反もなく(たぶん)、すべて上手くいったと言えると思います。あーよかった。

フランスはすっかり秋模様で、用意した水着を使うシーンは一度もなく、一枚だけ持って行った
長袖長ズボンをフルに着回したという見積もりの甘さはありましたが、どこに行ってもお肌さらさらで
このこてこての夏を一瞬でも忘れさせてくれるのでした。



f0074803_16532758.jpg


f0074803_16532867.jpg


f0074803_16532877.jpg
今回の画像はジーアンのミニチュア。
もともとは子供のままごと用ですから、こんなもの使ってままごとしちゃう昔の貴族の子供が
小憎らしくなってしまいますが、やっぱり出来が素晴らしい。
サラダボウルにしてもプレートにしても、きりっとエッジの立ったファイアンスフィーヌです。
このサラダボウルもこのサイズのプレートもですが、今回が初見でした。

珍しいカフェオレボウルを探している方にもいいかもしれません。

どちらも直径約11.8cm 
サラダボウル 16,000- プレートは売約済み

by pointcinq | 2017-08-26 16:32 | 品物の紹介 | Comments(0)
青のウェッジウッド WEDGWOOD c.1920

f0074803_1334139.jpg

f0074803_13352616.jpg


柔らかい、淡いブルーのウェッジウッドが入荷しました。

以前、白いのをオランダで見つけたり、アンタイディーで分けてもらったりして
(こっちは自分使い)それからもずっと探しているものですが、
これは初めてのブルー。かたちもつくりも兄弟のようによく似ています。
こちらはサイズが豊富で、ディナープレートやティーカップまであります。

色はこれも以前に紹介した19世紀のモントローの青にも似た色で
例によって、青さ加減はものによってまちまち。
f0074803_13442279.jpg
f0074803_1344544.jpg

左がやや深皿、右は普通

f0074803_13451364.jpg


嬉しいのは特筆すべき状態の良さ。完品です。

Plate Ex.large 25cm 完売
   large 22.5cm 完売
  medium 20cm 完売
   small 15.5cm 完売
Cup and Saucer 両取手のみ3客あります 4,500-


お問い合わせ miyawakimodern@gmail.com

画像及びテキストの無断使用は固くお断り申し上げます。 Copyright © 2001 antiques miyawaki modern All Rights Reserved.
 
by pointcinq | 2017-06-26 13:54 | 品物の紹介 | Comments(0)
紙の動物たち
f0074803_11502087.jpg


フランスから届いた子供のおもちゃ、でしょうか。
紙を圧縮したような素材です。
子供ががちゃがちゃ触ると脚やゾウの鼻なんかはすぐにポキッといきそうなので
そういうわけでもなさそう。

でも、触られた風合いはかなり残っている不思議なテクスチャーの動物たち。
f0074803_11531536.jpg

f0074803_11533361.jpg

f0074803_11535425.jpg

f0074803_11541414.jpg

f0074803_11551377.jpg


ゾウ 6800-
カバ 6000-
ロバ 6000-
馬  6000-
仔馬 5000-
by pointcinq | 2017-06-24 12:21 | 品物の紹介 | Comments(0)
オーク材の脚立 ラダー


f0074803_10562611.jpg



久しぶりにいい脚立を見つけました。伸ばせば梯子にもなるというもの。
しっかりとしたオーク材で出来ていまして、実用性も十分。
1960-70年代のアメリカのものだと思います。PATなんて入ってますし。

たたんだ状態 幅 49㎝ 奥行 11㎝ 高さ 153㎝ 
脚立の状態  幅 49㎝ 奥行 101㎝ 高さ 144.5㎝ 
はしごの状態 長さ 301.5㎝ 

こんなサイズです。木製の実用できる脚立(梯子)はなかなかないので
サイズ的にぴたりとはまる方はぜひ。そld

f0074803_105784.jpg


f0074803_10573276.jpg

f0074803_1058121.jpg

f0074803_10585871.jpg

f0074803_10592464.jpg

梯子の時は両側のこの金具で引っかけます



お問い合わせ miyawakimodern@gmail.com

画像及びテキストの無断使用は固くお断り申し上げます。 Copyright © 2001 antiques miyawaki modern All Rights Reserved.
 
by pointcinq | 2017-06-09 11:12 | 品物の紹介 | Comments(0)
皮の首輪


f0074803_10133866.jpg


f0074803_10142629.jpg


見ての通りの革の首輪、犬用です。
このトゲトゲはオオカミから身を守るためのもの。

19世紀のフランスのもの。
革がかなり硬化しているのでベルトをきちんとすることは
できないのですが、このままの状態で壁掛けなどできます。

45,000- 送料込

【補足】
当時、家畜やそれを飼う人間にとって最大の敵は
狼だったと思います。知能の高い狼との戦いはそれはそれは
大変だったでしょう。
子供の頃に読んだシートン動物記の『狼王ロボ』を思い出します。

20世紀に入りフランスのオオカミは一時絶滅したものの
イタリアやスペインから入ってきた(なんせ陸続きですから)ものが
まだわずかにいるそうです。



お問い合わせ miyawakimodern@gmail.com

画像及びテキストの無断使用は固くお断り申し上げます。 Copyright © 2001 antiques miyawaki modern All Rights Reserved.
 
by pointcinq | 2017-06-06 10:34 | 品物の紹介 | Comments(0)
ガラス瓶 19世紀フランス
f0074803_13520850.jpg
f0074803_13522712.jpg
f0074803_13524509.jpg
f0074803_13530652.jpg
春ですね。
花粉はぶんぶん飛んできてその到来を告げているというのに
気温のほうはそこまででなく寒い日が続きます。
どうせなら早く暖かくなってほしいものです。
画像はガラス瓶、としましたがデキャンタです。
水やウィスキーなどを入れたものでしょう。フォルムが素晴らしくきれいです。
発掘されたものなのか、もともとの金彩は薄くなり、それに代わりやや銀化が見られます。
どちらも頃合いがよい。
オリジナルの蓋も付いてます。
19C フランス 高さ 蓋無し21cm 蓋有り25.7cm 売約済み
お問い合わせ miyawakimodern@gmail.com
f0074803_13520850.jpg









画像及びテキストの無断使用は固くお断り申し上げます。 Copyright© 2001 antiques miyawaki modern All Rights Reserved

by pointcinq | 2017-03-04 14:04 | 品物の紹介 | Comments(0)
ERCUISのカトラリー
f0074803_15314333.jpg
ERCUIS エルキュイのシルバーのカトラリー。

Chiristofleクリストフルと並ぶ銀器の2トップメーカーです。
よく、これは純銀ですか?と聞かれますが、どちらのメーカーも基本的に銀メッキです。
世の中に流通している食器類、カトラリーも特殊な物を除くとほぼ銀メッキです。
メッキと言うと安っぽく聞こえるのでシルバープレートと言いますが、同じです(笑)。
ですが、この2トップメーカーのメッキは約40ミクロンの厚さがあり、ヨーロッパの家庭で
毎日使っても子供の代までハゲることがないと言われています。

ついでによくある質問。

・すぐに黒くなりますよね?
・大きすぎませんか?

銀は酸化ではなく、硫化によって黒くなります。
通常の使用の場合、お宅が温泉地にあるのでなければ多少のくすみは当然ありますが、
真っ黒になるような事はありません。

大きさですが、これで長さ約20.5cmです。
日本の一般的なスプーンよりひと回り大きいかもしれません。
ですがこれを見てつい「デカっ!」と口走ってしまうあなたのスプーン観はカレーライス🍛を
基準にしすぎているかもしれません。スプーンは毎回パクッと口の中に入れる必要はないのです。
日本のレストランでもみなこのサイズです。問題ありません!

と、まあ長文になりましたが、この手、カトラリーとしても最も古いデザインのひとつで、
僕も1番好きなモデルです。デパート6Fあたりの食器売り場では1本10,000円くらいで
販売されていますので、こういったちょい古や例えば19世紀の物を買ったとしても、
とてもお買い得だと思うのですがいかがでしょうか。

あ、それでももし1年使わずにおいてしまって黒くなったら、鍋に全部入れて、塩を少々、
それにアルミホイルを適当に切って沈め、一緒にグラグラ沸かしてください。
電気分解の作用でピカピカになります。


by pointcinq | 2017-02-25 15:32 | 品物の紹介 | Comments(0)