<   2008年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧
三本脚のスツール

5日ほど前からふたたびネットに接続できなくなった。原因は不明。よって対処法も不明。
Freeというフランスでは最大手に属するプロバイダのサポートセンターは約50円/分の
通話料がかかり、恐らくインドかどこか、第三国に回された電話でのサポートはマニュアルを
早口で棒読みされてお仕舞い、というお粗末なもの。そのやりとりは不毛としかいいようがなく
ほぼコメディーの世界である。

フランスの友人に聞いても結局どうにもならず、結論から言うと「待つしかない」。
だってここはフランスなんだよ、またそんなフランスへようこそ、ということになる。

参った。本当に参った。毛が抜けるほど(抜けてないみたいだけれど)参った。

そんなときは綺麗なものを見よう。美しいものを見よう。ということで、今週末の蚤の市で
見つけた三本脚の鉄のスツールを眺める。

三本脚の椅子というとヤコブセンやアアルトのものを思い浮かべるが、三点で接地し絶対に
がたがたしないという椅子として最強の利点を持ちながら、その名作すら一般的にそこまで
普及しないのは何故か。

それはやはり三本脚が故の弱点、脚はがたがたしなくても座っている人間が今ひとつ
安定しないところがある。例えば、アアルトのスツールの上に立って電球を換えるのは
少しの経験を要する。

が、このスツールはどうだ。がたがたもぐらぐらも微塵もない。そしてこの美しさ。
6本の平べったい鉄を曲げて鋲でかしめてあるだけのものなのに機能的に美的に
本当によく出来ている。

いいないいなと触れて眺めながら、それでもなぜこのデザインが広く伝わらなかったのか
などといろいろ考えているうちに上記のいらいらは少し和らいでいるように思う。

f0074803_228216.jpg


この週末からぐっと寒くなりました。
by pointcinq | 2008-01-27 22:00 | 品物の紹介 | Comments(11)
BHVへ
パリの右岸、パリ市庁舎(Hotel de Ville)の真向かいにBHVというデパートがある。
一応、デパートなのだけれどデパートとしての価値はたいしたことがなく、日本で言うと
イトーヨーカドーとかダイエーあたりに属するものと言っていい。

で、そこのなにが凄いかというとDIY関連、それからマレの入り口というその筋には
絶好の立地条件であることから、メンズの下着やらコスメ関係の品揃えが素晴らしい。
(去年、隣にメンズ館が新設された)

メンズの話は今日は関係ない。地下にあるDIYの売り場が僕にとってパリで一番の
お気に入りの売り場であり、どこになにが売っているかをすべて把握している庭のような
ものであった。「あった」としたのは、そこも去年に全面的な売り場の改装をしてしまい
どうも勝手が違ってきた。長年連れ添った女房が急にエキゾチックな化粧をするように
なって戸惑う哀れな夫のような気分だ。

負けてなるまいかと、このごろはこの違和感漂う売り場に足を運ぶたびに、隅々まで
あちこち歩き回るものだから浪費してしまっていけない。

今日買ったもの
・黄色と緑のストライプの絶縁テープ ←本日一番のヒット
・水色の丸いシール
・ワインの瓶に栓をするもの ←翌日も美味しく飲める ←本日一番余分なもの
・電線
・電球
・電気パーツ  ←本日の目的はこの3点


パリの東急ハンズ、あとは場数がモノを言う、か。

f0074803_22391656.jpg


※ BHV www.bhv.fr
by pointcinq | 2008-01-22 22:07 | 日々の暮らしから | Comments(4)
カレーと小町麩、それに博多の水炊き
昨日からまた、なんとなく調子が悪かったのでカレーを作った。材料をとことこと切って
バターやら怪しげなスパイス、ハーブの類をひとつの鍋に放り込んで炒めて煮込んで
ひとつの完成に向かっていく作業とその工程、それだけで体に活力が湧いてくるみたいだ。

昨夜仕込んでおいたものを今日のお昼に再び温める。思ったよりしゃびっと仕上がったので
考えた挙句に麩を入れてみる。「小町麩」です。

麩の美味しさは博多水炊きから教わったもの。うまいところをずずっと吸い取って、ふわっと
ちゅるっとした感じはちょっと他のものでは考えられない。

しゃびしゃびのカレーが出来上がった方は是非に。


そういえば日本で「ためしてガッテン」を観たのです。僕の博多水炊きにさらに磨きをかけて
しまおうと思ったのだけれど、なんだか大した秘訣がなくて面白くなかった。
この水炊き、とにかく僕は好きであり、そして作って食べさせるのも好き。あの人にはもう
作っちゃったな、ではあの人はどうだと次にいつ作ろうかと考えるほどである。

パリの皆さんも(パリでも出来ます)、日本の皆さんも、またやりましょう。
by pointcinq | 2008-01-21 23:30 | 日々の暮らしから | Comments(1)
ペリアンのランプ   Charlotte Perriand
この週末、日本では大きな寒波がやってきたそうですがパリはその逆、
なんだか妙に暖かく厚着して拍子の抜けた週末の買い付けです。

本格的な骨董シーズン(そんなものがあればの話)はもう少しだけ先の話で
骨董市に来ている業者も商品もまだなんとなく寂しい。それと僕にとっての「当たり」が
比例しないところが面白いところであり、毎週通わずにはいられないところなのだけれど。

今朝も久しぶりの業者あり、昨日は商談が成立しなかった商品の粘り勝ちあり、この骨董市
ならではという掘り出し物ありと非常にバラエティーに富んだ内容。やっぱり骨董市は楽しい。

画像は昨朝、対で見つけた「ペリアンのランプ」。一般的にペリアンのものとされているのだが
本当のところは、「ペリアンが好んで使ったもの」ではないかと思っている。
知っている人がいらっしゃいましたらご一報ください。

それでこのランプ、配線が非常に難しい。昨夜からいろいろな道具を引っ張り出して奮闘中。

f0074803_23281632.jpg

by pointcinq | 2008-01-20 23:29 | 品物の紹介 | Comments(0)
眠れない夜に冴えたアタマで
時差によるものか、ただの老化か、パリに戻ってからというもの毎朝5時に目が覚める。
暗い中、突然に、きっぱりと冴える頭で考えることはたくさんあるのだけれど、それが一度
食べ物のことになるとどうにも起きずにはいられなくなる。

待っていても誰もご飯を作ってくれない。作っても自分ひとりで食べなくてはならないというのは
一人暮らしの暗い側面ではある。だがしかし、そんなことはもう7年も続けてきたはずなのだ。

結論。今回の日本、年末年始の温かくて気持ちのいい家族と友達と那須の温泉と快適で
便利で清潔な生活のぬるま湯に首元までつかり過ぎたのだ。

君はまたひとり外国で暮らすガイジンに戻るのだ、戻るのだとしばらくは自分に言い聞かせ、
このパリにふたたび慣れていくわけだ。

この背筋の伸びるほどの緊張感。これは日本にも必要じゃないか、もう少しだけでも。
by pointcinq | 2008-01-17 14:42 | 日々の暮らしから | Comments(0)
顔のない人形 Napoli,Italia 1800c
f0074803_5142079.jpg


楽しかった約2ヶ月の日本の年末年始から平常のパリに戻る。こうして行き来してみると
日本もフランスもそれぞれに理由があって特異であり先進国としてはかなり両極に属する
のではないかと思う。

今回の滞在中は東京、神戸、福岡、名古屋、あちこちでたくさんの方にお世話になりました。
ここでもう一度、御礼申し上げます。ありがとうございました。

年末年始とありいろいろ出掛けたしテレビもたくさん観た、普段行かない公共の場にも
たくさん行った。中居くん歳とったなあとか、日本人のおじさんって独特のにおいだなあとか、
まあその他いろいろ、本当にいろいろ、感じて帰ってきた。

そしてパリ。
普段、煙でもうもうとしていたカフェの空気が綺麗になった他は特に変わりがないように
見える。ただ、僕の周囲ではかなりいろいろなことが進行中な上に、帰国直後の後片付け、
週末の買いつけ、帳簿と確定申告の準備、それに引越が済んだばかりのこのうちは
なんだかまるで他人のうちのようにモノのありかがわからない。ひとり、いらいらともやもやと
しているわけである。

週末の買いつけはやはり心躍るもので、久しぶりに会う業者たちとの新年の挨拶も弾む。
1800年ごろのナポリの人形と帽子の型を買う。今年のはじまりに良いものが買えたと思う。

今年一年もまたどうぞよろしくお願いします。

                                      宮脇
by pointcinq | 2008-01-14 18:24 | 品物の紹介 | Comments(2)
正月満喫中
まずは謹賀新年。
旧年中は本当に皆様のおかげでいい年となりました。すごろくのような年でした。

そして2008年、今年も2008すごろくの始まりの予感です。

今日まではかなりのんびり。箱根駅伝(実はこれが好き、おっ、駒澤が早大をー)を
横目で見ながらメールを書いたりしています。明日は友人と温泉へ。
数日、東京で過ごしたら11日からパリに戻り、また新たなスタートです。

今年も皆様にとって、そして僕にとって実りの多いよい年になりますように。

楽しみです。
by pointcinq | 2008-01-03 11:41 | Comments(5)