<   2008年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧
ドイツへの旅 3 Dessau
未明にベルリンを出て暗い中、高速道路、噂に聞くアウトバーンを走る、走る。
久しぶりの180km/hに血がたぎる。

まだ真っ暗な会場に到着。その広さと骨董オヤジたちの活気に再びたぎる。

やはりここでも気になるのはバウハウスの香りのするもの。そりゃドイツですもの。
Kandemのいいのをここでも手に入れることができ、ご満悦の遠征となりました。
詳しくはまた日本で。

帰り道はもちろん、バウハウスの香りを直に嗅ぎにデッサウへ。
ワイマールとデッサウのバウハウスとその関連建築はユネスコの世界遺産にも登録されて
いるのですね。これは全然知らなかったこと。

すべてにまで行き届いたバウハウスの美の精神に感動、感激。

f0074803_19222214.jpg

f0074803_1923828.jpg

f0074803_19234168.jpg

f0074803_19243017.jpg

f0074803_1925948.jpg

一階のカフェテリア
f0074803_1925516.jpg

チーズケーキはハズレ
f0074803_19261652.jpg


                                       もう少しだけつづく
by pointcinq | 2008-10-31 19:31 | | Comments(1)
ドイツへの旅 2 Berlin
ベルリン市内をあちこち動き回る。電車と地下鉄とバス、それにたぶんメトロトラムも
乗り放題の一日券(6,10ユーロ)がとても便利。

こちらの地下鉄のシステムがなんというか非常に洗練されている。
とにかく改札がない。駅員もいない。

買いたい人は切符を買って(普通の切符が2,10ユーロだったかな)、買った駅でがちゃりと
日付と時間を押印する。この切符、2時間以内有効で同じ方向であれば何度乗り換えても
ストップオーバーしてもよし、というもの。

この、「同じ方向」というのがとても微妙なことが出てくるのではないかと推測できるのだけれど
そのへんはまあうまいこと出来ているんだろう。
キセルで捕まると40ユーロくらいの罰金だという。これは安い。

この日はその一日券をフルに使って市内のガラクタ屋や骨董屋、古着屋、ビアハウス、
trippenのアウトレット(!)、その辺を回りに回る。

f0074803_24116.jpg


今日の買い物は上記トリッペンの革靴をお土産に1足(自分の分はサイズが合わず断念)、
パリの友人の友人のお店でKandemのガラスベースのアトリエランプをひとつ。
これが本当に素晴らしいのだけれど、ドイツから直接日本に送ってしまったので画像無し。
興味のある方はメールいただくか、直接展示会で。

それに、カイ・フランクのグラスを自分用に4つ。

翌日は車で大移動。デッサウのbauhausにもお立ち寄り。

                                    つづく
by pointcinq | 2008-10-31 02:54 | | Comments(2)
ドイツへの旅 1
昨夜、遅くにベルリンからパリに戻り、あれこれと仕事を片付けているところ。
たった1週間の旅に出るだけで、メールも用事も洗濯物もどんとたまる。とにかく今は
ひとつずつこなすしかない。

さて、ドイツの旅。
初めてのeasyjetは実にシンプルで簡素でミニマムなサービス。要するに必要最低限に
抑えられていて、商売の方法というものを考えさせられてしまう。利用する側にとって、
それを善しとするかはまた別問題ではあるけれど。

はじめはオルリー空港から。いきなりモニターに3時間遅れとの表示。それが6時間になり、
結局は5時間ほどの遅れで出発という運びになったわけだけれど、最終的な出発時刻の
2時間前にチェックインしにカウンターに並んだところ、定時刻の2時間前にはそれを済ませて
おかなければならなかったということでてんやわんや。

もう一枚買いなおしておくれ、ま、席があればだけどね、なんてことになり、
こっちのカウンターで聞いてくおくれ、いや、直接あそこのカウンターに並んでおくれ、
やっぱりカウンターで、いえいえ、今電話しておいたのでカウンターで。

とまあ散々なたらい回しにされたあとでようやく機上の人になる。追加料金なし。

とにかく頭で決めつけず、脚で動け、自分で聞いてみろという僕の旅の基本をまたここで
思い知らされる。そういえば、見知らぬ国に一人旅というのも久しぶりだ。

とまあ、こんなわけでなんとかベルリンの空港に降り立ち、立ち食いのソーセージに
瓶ビール(Beck's)のラッパ飲みで幕を開ける。街の灯りがなんとなく物悲しい。

                                               つづく
by pointcinq | 2008-10-29 21:47 | | Comments(1)
ベルリンから
ベルリンの小さなカフェからiPodで投稿してみます。

街そのものはもちろん、ベルリンのひとびと、つまりはドイツ人の生態が面白い。
フランスのほんのお隣でどうしてこんなに違うのか。
民族性とは本当に面白く、哀しいほど。

またパリに戻ってから。
by pointcinq | 2008-10-28 19:51 | | Comments(2)
ドイツへ
久しぶりの更新です。

ほぼ連続して1ヶ月のあいだ、いろんな人が入れ替わりでパリにやって来てくれて
仕事もせっせとこなしましたし、それと同じくらいよく遊びよく食べました。

そして明日から、ベルリンを中心にドイツの旅に出かけてまいります。

初めてというわけではないのだけれど、まあ初めてに近い旅。

それで今日は地図を買いに行ったり、友人宅にカバンを借りに行ったり、冷蔵庫の中を
使い切るべく献立づくりなど、忙しい午後でありました。

次回はベルリンから更新。となるかどうか、怪しいものではあります。


というわけでして、期間中はお問い合わせ、メールなどへの返信が大幅に遅れます。
どうぞよろしくお願いします。

その前に
by pointcinq | 2008-10-23 00:29 | | Comments(2)
Montereau 白皿一枚
f0074803_1313091.jpg

パリ全体で徹夜で遊んでしまおうというNuit Blanche、つまり白夜っていう意味、明けの
日曜日、その上にあいにくの冷たい雨になった。

前夜の疲れが残り非常に辛い朝だったけれど、なんとかバスに乗って出かけた。
いつもの市(いち)にも出店もお客も少ない。そりゃそうだ。

寒いので露店の焼き栗をポケットにしまいぼそぼそと齧ってみるが、すこし生焼け気味で
渋皮がなかなかはがれない。それが気になったせいなのか、先の理由なのか、今日は
歩き回って収穫がひとつだけの寂しい日曜日。

そのたったひとつの収穫が良い物だったのが救いではある。

ルイ18世のものと思われる王冠の下にLの紋章が控え目に入った、とても高貴な印象の
19世紀初頭からの一枚。この紋章の感じ、このサイズ(33,5cm)、この味も全部含めて、
なかなか見ることのない完璧な一枚になりました。

前夜未明のPont des Arts 芸術橋
by pointcinq | 2008-10-06 01:43 | 品物の紹介 | Comments(4)
この冬のお知らせ 
長く続いた秋晴れも今週から少し雲行きが怪しくなってきました。
「この冬の」なんて書くと気が早いように思われるかもしれませんが、
パリの今朝の気温、3℃でした。

コーヒーの湯気が沁みるぜ、という朝一番には、もう暖房が必要です。

ということでこの冬の帰国、それに展示会等の日程がほぼ決まりました。
また直前にこのブログとメールマガジンとしてお知らせさせていただきますが
まずはここで全体の流れを。


  11月19日(水)-11月24日(月)  東京・青山 L'OISEAU BROCANTE

  11月29日(土)-12月3日(水)   福岡 TIGLE BROCANTE

  と、連続で天空丸さんの店舗で。
  福岡店は場所を少しだけ移転してリニューアルしているそうなので
  非常に楽しみにしています。

 
  福岡が終わって美味しいものを堪能したら東京へ

  12月7日(日) 大江戸骨董市出店 (予定)

 
  そして次は始めての神戸での展示会をトリトンカフェの新しいお店で
  させていただくことになりました。

  12月12日(金)-12月16日(火) Le Grenier

 
  また東京に戻ったら今年最後の商い

  12月21日(日) 大江戸骨董市出店 (予定)


こんな感じで、なんとなく今年も秒読み。どうぞよろしくお付き合いください。

ブログはまだまだ続きます。
   


 
by pointcinq | 2008-10-04 02:27 | お知らせ | Comments(2)
紙のアルファベット
f0074803_23442534.jpg


手製の布袋にずんと詰まった紙のアルファベットを見つけた。
うちに帰って一枚一枚、AからZまで、それから数字をテーブルに並べてみたのだけれど
その作業がまあ地道だったこと。

俺って陰で努力するタイプだな。いや、やっぱりそうでもなかったか。
それにしてもこの作業は地道だな。

そんな感じでなんとか最後まで分類して、以前に買った紙の箱に仕舞った。
これがずっと昔からそこに入っていたような落ち着きがあり、とても気に入っている。
by pointcinq | 2008-10-03 00:12 | 品物の紹介 | Comments(0)