<   2009年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧
骨董市おわり、次の準備
本日は晴天なり。

11月中旬とはとても思えない陽気になり、たくさんのお客様においでいただきました。
ありがとうございました。今日は裏道で隠れるように商いをしておりましたが、みなさま
よくぞ見つけていただきました。心地好い疲れで帰宅、明日は片付けです。

骨董市の片付け、もうひとつ、今日まで開催されていた二子玉川高島屋・福光屋さんでのイベント
お片付け、それに今回の荷物を加えてロワゾブロカンテでの骨董市の準備です。

今年も一所懸命やります。今日のような気持ちのよい天気がずっと続きますように。
皆様どうぞお越しくださいませ。


f0074803_2271941.jpg

毎年5月と11月にやらせていただいているイベントです。
ショップのテラスにて6日間、古着もたくさん持って行きます。

東京都渋谷区神宮前5丁目3-9 
T/F 03-3498-7333

OPEN 12:00-20:00 ショップのHPはこちら

お知らせのDMご希望の方はメールか店頭でその旨申し付けください。
by pointcinq | 2009-11-15 22:11 | お知らせ | Comments(2)
大江戸骨董市 出店のお知らせ
f0074803_14261035.jpg


先日お伝えしました大江戸骨董市につきまして、

小さいブースで出店させていただく運びになりました!

今回はスペースが限られたものなので、あまりたくさんのものは
持って行くことができません。
今回はうつわ中心で行こうと思います。

これはちょっと見てみたい、というものがありましたら
コメント欄かメールでお知らせください。

ほんとによかったと胸を撫で下ろす今日の午後であります。

どうぞよろしくお願いいたします。


画像は先日イタリアから届いたボウル。これは持って行きます。
by pointcinq | 2009-11-12 14:27 | お知らせ | Comments(1)
日曜日のこと
つい先だっての週末三日間、二子玉川高島屋SC内、福光屋さんでのイベント。
本当にたくさんのお客様のご来場、ありがとうございました。
またいつもとは違う会場ならではの新しい出会いがたくさんありました。

たくさんの新しい出会いに感謝です。ありがとうございました。

ドミニク・ブシェのアペリティフのイベントは終わりましたが、僕のアンティークグラスの
展示は今週いっぱい続きます。(知らなかった)

行きそびれてしまった方も是非どうぞ。


それからお詫びがひとつ。
今週の日曜日は大江戸骨董市に出店する予定でしたが、申し込みが遅すぎ定員に達した
とのことで、出店できません。初めての失態。申し訳ありませんでした。

来週水曜日からのロワゾブロカンテでのイベントにご期待ください。
by pointcinq | 2009-11-09 21:13 | お知らせ | Comments(0)
この週末のイベントおしらせ 
f0074803_17135544.jpg


出発の朝です。晴れていれば最後にリュクサンブール公園でジョギングといきたいところでしたが
やっぱり掃除と洗濯の朝になりました。

心配だった荷物もなんとか完了。航空会社に電話して預ける荷物を増やしてもらい、これで+10kg、
合計50kgの荷物(あのマヌカンを含む)とハンドキャリー。この姿はシャルル・ド・ゴール空港でも成田
でも、あまり人に見られたくない。

それよりも一番の問題は、エレベーターのないこのアパートの階段なんだけれど。


帰国すぐの週末、以前にもお伝えしましたが、二子玉川の高島屋にある福光屋さんのイベントに
参加させていただくことになりました。
フランスの偉大なシェフ、ドミニク・ブシェさんと翻訳家の松本百合子さんという二人の友人の
イベントです。その片隅で酒器や花器に使えるものや、テーブルの上を飾る古道具を販売させて
いただくというもの。僕自身、楽しみにしているわけなのです。


ドミニクさんのアペリティフストーリーは14時からとなりますが、僕はもう少し早くお店に立つ予定に
しています。
イベントに関するご予約・お問い合わせはこちらまで。 03-5717-3305 福光屋

皆様お誘い合わせの上、二子玉川高島屋までお越しください。
by pointcinq | 2009-11-03 17:33 | お知らせ | Comments(0)
ミルクピッチャー 19世紀 オーベルニュ地方
f0074803_052086.jpg

雨の週末、この雨はあと一週間降り続くらしい、フランスではトゥッサン(*)というキリスト教のお祭で
バカンスに入っています。なんだかんだとあなた達はバカンスしていればよろしい。
僕は最後の買い付けして梱包して、掃除して洗濯してまたしばらくの留守の準備をして極東へと
旅立つのです。

さて、
今日の戦利品は19世紀のオーベルニュの焼き物で、火にかけて牛乳を温めたりするときに使う器。
ふくよかで女性的なラインがとても綺麗。

この、縦長の器にシンプルな一本の持ち手、という器にはどうも弱いのだなと先ほど気がついた。
画像より少し明るいしっとりとした肌合いです。同じ肌のおもしろい柄のボウルもひとつ入手。

(*)
by pointcinq | 2009-11-02 01:32 | 品物の紹介 | Comments(0)