<   2010年 05月 ( 10 )   > この月の画像一覧
月と地球
f0074803_1163141.jpg


理科が不得手だった元少年にとって、月の満ち欠けというのは身近にありながらももっとも神秘的な
現象のひとつであるが、こんな教材で教えてもらっていたら、あるいは違っていたかもしれない。

面白いことに、この地球儀と月球儀は作られたメーカーが違う。

地球儀のほうはイギリス・ロンドンのGeorge Philips & Son社がパリのサンジェルマンにあった
Carte TARIDEというお店(154,Bd St-Germain,Paris 6e)のために作ったもので1964年版。

月球儀はアメリカのミュージアム等の合作によるものでデンマーク製の1966年版。

おそらくは、上述のパリのショップがこの二つに合わせてベースを作ったのだと思われる。

縮尺が違うので実際の月と地球のミニチュアとはならないのだけれど、ゆらゆらとくるくると
絵になるオブジェじゃないかと思う。


(売約済み)
by pointcinq | 2010-05-31 00:59 | 品物の紹介 | Comments(4)
インディゴ×リネンのコート もうひとつ
f0074803_2311382.jpg


f0074803_2314898.jpg



テニスの全仏、ローラン・ギャロスがそろそろいいところに盛り上がってきました。
ナダル、強い。恐るべし。

観に行きたいという気持ちをぐっとこらえて、骨董品の面々を見て回るこのごろはちょっと肌寒い
初夏のパリです。

先日ご紹介したデッドストックのリネン・インディゴのコートにたくさんのお問い合わせをいただき
SOLDと相成りましたが、もうひとつよく似たコートが入りました。

素材は同じくインディゴ染めのリネン、時代はもう少し古いものになります。
良いコンディションで、色落ちも程良くインディゴの青がきれいに出ています。サイズはやはりL。

(売約済み)


日曜もあちこち動いて、来週末はちょっとマルセイユに出張することになりました。楽しみです。
by pointcinq | 2010-05-30 02:53 | 品物の紹介 | Comments(0)
マヌカンの手
f0074803_1192094.jpg


1900年頃のマヌカンの右手。小指が欠損していますが、それをも魅力に変えてしまう
そんな美しさがあると思います。

この方の少し後に作られたもの。(このブログのトップ画像の人です)

ここ数週間で一番嬉しかったもののひとつ。いただいた満開の芍薬を添えて。


(売約済み)
by pointcinq | 2010-05-27 01:08 | 日々の暮らしから | Comments(2)
鉄棒をする少年ふたり ヴィエンナブロンズ
f0074803_234026100.jpg


f0074803_23411230.jpg


先週末あたりからずっと晴れっぱなしのおパリです。凍えていた10日前との温度差が約25℃と
いうのだから、ちょっとおかしくなってしまいます。

「春」、というよりもむしろ「長い冬の終わり」がついに本格的になり、あっという間に夏になってしまったけれど
人のこころというのはこうも天気に左右されるのかと思うくらい、週末は公園もセーヌ河岸もブロカントも
どこも人だらけ、アイスクリームに長い行列であります。

大人はきりっと冷えた白ワインでもやりましょう。10時近くまで明るいので仕事終わりのそいつが
美味しいこと。幸せな日暮れ。

今日の画像はヴィエンナブロンズといって、19世紀末のウィーンで作られたブロンズの人形。
人間や動物をユーモアを交えてミニマルに作られたのがこの時代、1920年ごろからはアールデコの
影響も受けてデフォルメされた人間・動物がもう少し大きなサイズで作られるようになります。

この少年の大きさが約14mmです。よく見つかったなあといろんな角度から観察しながらの白ワインが
今日も美味しいこと。

(売約済み)
by pointcinq | 2010-05-25 00:05 | 品物の紹介 | Comments(0)
僕にとっての箱 
f0074803_13575718.jpg


f0074803_234361.jpg



1週間前の陰鬱な寒空とは打って変って毎日笑ってしまうほど気持ちの良い晴天・好天・ピーカン、
もうなんでもいいや、というお天気である。

先週金曜日のダウンジャケットは遠い過去の遺物となり(いや、本当はまだわからないか)
一気に、突然、ノースリーブだ日焼けだというこの変わり身の早さ。だからこの国には衣替えという
ものがないのかもね。

いえいえ、もちろんこのお天気、大歓迎です。いつまでもずっと続いてください。


本題は先日の続きから。僕にとっての箱とは、こんなものを指すわけです。
時計のリューズの入っていた紙箱と郵便の書留の木箱。箱らしい箱でしょう。
ほっとする箱らしさ。
by pointcinq | 2010-05-22 02:52 | 品物の紹介 | Comments(0)
顔料の小箱
f0074803_2054156.jpg


箱というものは四角いものであるというのは、僕の思いすごしだったようだ。
いくら調べても四角との定義は無いので、こちらも「小箱」ということにする。

確かに、ではなんなのだと聞かれると「木のいれもの」くらいしか答えようがない。

ということでこの直径ほんの35mmほどの小さな木箱。材質はフランス語でBuis(ビュイ)、
日本では黄楊(または柘植、いずれもツゲと読む)。中に色粉が入っていた形跡ある。
そうするとなるほど、蓋に施されたアルファベの彫刻の意味が読めてくる。

Noir,Vert,Bleu,Rouge,,,etc

写真に収めたのはこの6個なのだけれど、実は25個ある。それらすべてに色の名前が
入っているのだから、これが化粧のためのものだとしたら職業としての化粧が必要な人の
ものだろう。長いあいだ大事に使われてきた気配の伝わってくるいい古道具だと思う。


その後の調べでわかったこと。
化粧の色粉ではなく、テンペラ画などに用いる顔料を入れておくものだそうだ。なるほど。


(売約済み)
by pointcinq | 2010-05-20 21:48 | 品物の紹介 | Comments(0)
リネン×インディゴのコート
日曜日の蚤の市のあと、そういえば長らく工事中だったラルフ・ローレンが出来ているのではと
通りかかってみた。出来てました、出来てました。

工事期間の長さからみて、フラッグシップストアになるだろうと予想はしていたけれど、ここまで
手の込んだものを作るとは思っていなかった。おそらく、NYとかLAなんかに次ぐのかその上を行くのか
それくらいのショップが出来ていた(もちろん、両方とも行ったことない)。東京・表参道のショップで驚いた
田舎者はまたこちらで腰を抜かしたというわけです。

パリに来られる方、ぜひ一度いらしていただきたい。建物からスタッフまで、素晴らしいです。
emoticon-0164-cash.gif値段も素晴らしいですけどねemoticon-0137-clapping.gif
レストランも併設していて(併設というレベルじゃないけれど)、おそらくしばらくはパリで最も予約が
取れないレストランになっちゃうでしょうが、中庭の雰囲気がそれはもう素晴らしくて。。。
人気が落ち着いたら朝から行きたいレストラン。

さて、最上階のRRLでもコピー、もとい、インスピレーションを受けて作られたインディゴのコートが
ありましたが元ネタは当然こちら。牛や羊を扱う商人のリーダーが羽織っていたコート。
リネンをインディゴで染めてあります。

以前に紹介したものより時代はずいぶんとこちらよりではあるものの、なかなかのデッドストックです。
使っているうちに、アタリが出て黒に見える濃紺は青味がかってきますのでお楽しみに。

サイズはL。身長が170cm-180cmくらいの方にちょうどいいのではと思います。

f0074803_5181019.jpg

f0074803_5185166.jpg


このところ、古着ばかりの更新ですが他のものもちゃんとあるのです。またいずれ。

(売約済み)
by pointcinq | 2010-05-17 05:29 | 品物の紹介 | Comments(2)
それでは、もう少し
久しぶりに太陽を見た気のする今日、土曜日。今朝も早起きして出かけました。

先週買ったつぎはぎのズボンと同じ「縫い手」によるものと思われるパンタロンとジレ。

お好きな方々、泣いていただきましょう。

f0074803_3295887.jpg

ズボン



f0074803_3302527.jpg

ジレ 背中部分

f0074803_331783.jpg



(売約済み)
by pointcinq | 2010-05-16 03:33 | 品物の紹介 | Comments(2)
古着の仕入れ、好調
パリに戻りました。5月の爽やかなパリ、気持ちがいいだろうなあと思うでしょう。
ところが全然そうではなくて、雨の気温6℃。ヒーターをつけて、外出はコート、朝はダウンジャケットです。
今年はどうも暖かい天候に恵まれないようで。

先週末からの買い付けはすこぶる順調。なかでも、古着が好調。
古着屋も唸るような、骨董屋独自のセレクトができたらいいなと思っています。

まず、ハンティングジャケット。やはり動物ボタンで決まりでしょう。SからMあたりのサイズ。

光量が少ないせいで少し手ぶれしてしまいます。ごめんなさい。

f0074803_5444487.jpg

f0074803_5453584.jpg

f0074803_5462797.jpg

f0074803_5472599.jpg





麻のシャンブレー ワークコート

f0074803_5573598.jpg

こちらも、サイズはS。小さめです。




つぎはぎのズボン

f0074803_558558.jpg

f0074803_5592074.jpg

W:74-80cm 調節可


こちらもつぎはぎ
f0074803_60144.jpg

f0074803_605942.jpg

W:82-90cm 調節可

リネンのジャケット
f0074803_62917.jpg

これもサイズS

一年通してもなかなか集まらないものが運良く揃いました。
すでに気持ちは秋冬です。パリのこの寒さのせいでしょう。
by pointcinq | 2010-05-13 06:03 | 品物の紹介 | Comments(3)
とりあえず、おしまい
目白コレクション、たくさんのご来場をありがとうございました。
それにしても初日のオープン後は本当にすごい人、人、人、でした。
ひとりあたふたと焦り、ちゃんとした応対ができなかったお客さまもたくさんだったのでは。
この場をお借りして、ごめんなさい。

目白コレクション実行委員会の皆様、本当にお疲れさまでした。お世話になりました。

さて、荷物を片づけて友達とキャンプ!と意気込んでいたところで、フランスに帰る日程が
間違っていたことが判明。5月10n日だと思っていたのが実は7日。完全な勘違いです。
いろんな予定が・・・。

それを立て直すべく、今日も早起きして動き回っています。それにしても、情けない。

ごめんなさい。
by pointcinq | 2010-05-03 09:45 | Comments(1)