<   2010年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧
今週末は大江戸骨董市 倉庫からウブダシ
先回お伝えしました福光屋のフランス展、好評開催中です。
10月3日までとなりますので、今週いっぱい、ぜひお越しくださいませ。

さて、この10月3日ですが、大江戸骨董市に出店いたします。

二子玉ではフランス展、そしてその次の週には『目白コレクション』への出店を控えておりますので
ちょっと違った内容でいきます。

今回は倉庫に眠っている在庫をメインに出します。価格も大幅に下げて。
一般の方はもちろん、業者の方も歓迎です。お早めにどうぞお越しください。


 大江戸骨董市 HP
 
 10月3日 朝8時~8時半ごろより入れます。
 有楽町・東京国際フォーラム地上広場にて

うーん、初めての企画で楽しみなのですが、お天気がどうでしょうか。。。心配です。 問題なさそうです!
by pointcinq | 2010-09-27 18:29 | お知らせ | Comments(0)
福光屋さんでのイベント / 高島屋 二子玉川SC


先日の日曜日は連休の真ん中、たくさんのご来場をありがとうございました。
前回、アップしたパリからの画像の中から手持ちして帰った商品が早くもいくつか出て行きました。
さすがに皆様、目敏い。

それ以外の荷物も無事にどんと玄関先に届き、ここ数日は骨董市の準儀から片付け、それに
新しい商品の整理と、この木曜日(明後日ですね)からの福光屋さんの「フランス展」の準備です。

明日の搬入前になんとか間に合いました。

f0074803_19275882.jpg

f0074803_19281089.jpg


「福光屋のフランス展」

どんなものかと申しますと、メインのイベントとしてパリのグランシェフDominique Bouchetさんが
このお店に来ておりまして、彼がカウンター目の前で作る日本酒に合ったフレンチひと皿と、
ドミニク本人と福光屋さんのコラボレーションによって生まれた日本酒「ふく」「ゆり」「さち」の3種を
味わっていただこうというもの。

僕も縁あってこのシェフ・ドミニクにはお世話になっていまして、パリの彼のレストランでも自宅でも
他のレストランでも、ご馳走になったりしているのですね。なんとまあ幸せなことで。
現在パリのミシュランガイドでひとつ星のお店です。近々、その星は増えちゃうのではないかと
個人的に思っています、はい。

メニューをご紹介。

 ・フォアグラのポアレ 柚子ソース  +純米大吟醸 芳醇原酒 ゆり  ¥2100

 ・ブリーチーズとプラムのコンポート  +山廃純米 濃醇辛口 ふく  ¥1890

 ・ブリオッシュ・オ・トン
  マグロのオイル漬け ブリオッシュサンド  +純米 完熟辛口 さち  ¥1890

 ・フルーツサラダとソルベ  純米大吟醸ゆり をかけて          ¥2100


 9月23日(木)・24日(金)・25日(土)の3日間、少し早目のアペリティフということで
 時間は14時~19時ということになっています。ご注意ください。

 飛び込みでも大丈夫ですがやはり予約されたほうが無難です。
 お電話は 03-5717-3305 福光屋二子玉川店 まで

  
これがまずメインです。
その傍らでワタクシ宮脇がフランスのテーブルウェアを中心としたアンティーク・古道具を
販売いたします。

フランス展イベントは23日から10月3日までとなりますが、ワタクシは23、24、25、できれば26日も
お店に立とうと思っています。

先日の骨董市のあとに届いた新しい商品もお披露目できるかと思います。

どうか皆様お誘い合わせの上、お出かけくださいませ。
by pointcinq | 2010-09-21 19:24 | お知らせ | Comments(0)
パリより
f0074803_19485875.jpg


久しぶりの更新です。
東京を出たのが8月末、それからほんの少しの更新で画像もなくニュースもなくという状態が続き、
身内からもそうでない方からも、本当にパリにいるのか怪しいもんだと疑われています。。。
実は千葉あたりに潜伏していたりして、というのもありえなくない話ですがそうではありません。

忙しいのです。

今回は特に、夏のバカンスあとのオープン戦のようなところをざざざっと走り回ってモノを探し
前から頼んでいたものも含めてかき集めてきたというのが今回の旅。北から南まで文字通り
あちこち2000Km以上走りました。走っては寝て起きて骨董市、また走って寝て起きて骨董市、
つかの間パリに戻って買ったものの整理と洗濯。。。そしてまた出発。

徒労に終わることもいくつかありましたが、なかなかいいものが集まってきました。
梱包して次はすぐに日本に出発なので少しずつアップというのが今回はできません。
いろいろの一部をちょっと公開です。

郵便受け
木のボトルのかたちをしたもの
19世紀のガラス杯
耳付きの保存壺
手袋、ジュエリーをディスプレイするための木の手
19世紀初頭Gienのクリーマー
etc.

帰国してすぐ、9月19日の大江戸骨董市に間に合うものもあり、
23日からの二子玉川高島屋での催事にデビューするものあり、
10月9日10日の目白コレクションに向けて、というものもありです。

どこの会場にこれを持ってきてほしいというものがあれば、
info@miyawaki.biz
こちらまでその旨をお伝えください。


そしていま、秋晴れのパリの高い高い空を見ながら、山のような雑務に追われています。
東京はまだ暑いんでしょうね。何を着て帰ろうか、考えてしまいます。
by pointcinq | 2010-09-10 20:07 | 品物の紹介 | Comments(1)