<   2012年 07月 ( 10 )   > この月の画像一覧
カッティングボードいろいろ
f0074803_13305698.jpg


気がつけば7月の最終営業日。すなわち明日から夏休みであります。
8月の第1週に予定していた青山のアンティークマーケットと大江戸骨董市の出店も
潔く取りやめて、8月は第3週の終りまでオヤスミ。なにして遊びましょうか。


7月最後の商品紹介として、カッティングボードを3枚。

日本語にするとまな板なんですが、外国の方はまな板でトントン野菜を切る、
ということがあまりない。小さなナイフと親指を使い鍋の上で切り落としていく。
(もしくは、石の作業台の上で直接切っちゃう、僕の大事な包丁は貸せません)
はっきり申し上げて、不揃い、遅い、いいところなし。

ではこのまな板は、というと、テーブルの上でパン切ったり、ドライソーセージ、
フロマージュを切るわけですね。

ギザギザのついたナイフを毎日パンを切っていれば、やっぱりそれなりに
真ん中がへこんできます。日本のまな板とは違う味が出てきます。
そんなまな板3種。

f0074803_1342570.jpg

33×58㎝×3.3㎝ 











f0074803_13423720.jpg

27×53×2.5㎝











f0074803_1343020.jpg

17×45×4㎝

売り切れ
by pointcinq | 2012-07-28 13:47 | 品物の紹介 | Comments(2)
ガラスの写真集 Le Verre



f0074803_16232530.jpg

f0074803_16234377.jpg

f0074803_1624294.jpg

f0074803_16242418.jpg


完売だと思っていたガラスの写真集、もう一冊出てきました。

ずぼらな在庫管理体制が意外な「新商品」を生み出すことに苦笑いの日々。



"Le verre"

著者:Suzanne Slesin; Daniel Rozensztroch; Stafford Cliff; Marie-Pierre Morel
出版:[Paris] : Minerva, 2001


すべてフランス語ですが、写真が良いです。資料としても。
在庫:1
価格:売り切れました

※ 画像は私物です。商品は未開封新品です。




【 お し ら せ 】

8月は第1週より第3週までお休みとさせていただきます。

お休み期間中の御来店につきましては、御相談下さい。

8月22日(水)より、営業を再開いたします。

どうぞよろしくお願いいたします。
by pointcinq | 2012-07-27 16:31 | 品物の紹介 | Comments(0)
夏のおやすみ
f0074803_1259157.jpg

【 お し ら せ 】

8月は第1週より第3週までお休みとさせていただきます。

お休み期間中の御来店につきましては、御相談下さい。

8月22日(水)より、営業を再開いたします。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

by pointcinq | 2012-07-26 12:39 | お知らせ | Comments(0)
南仏の皿
f0074803_1418731.jpg

















f0074803_14183276.jpg









御暑うございます。
名古屋はいつもいつも東京より1℃2℃暑かったわけだから、僕は今より我慢強かったのでしょう。
人間は環境によりあっという間に軟弱化する。そして元に戻りにくい。注意しよう、ご注意あれ。

鍛えておかないと夏の南仏仕入れができなくなっちゃうな。がんばろう。

さて、こちら久しぶりのうつわの紹介。うつわのストックはたくさんあります。

オーソドックスなかたち、無地の黄釉。
なんでもないようで、これがなかなか探せない。使ってみるとこれが実に使い勝手のよい
うつわだということに気がつきます。釉薬が剥がれかかったりしていますが、いえいえまだまだ。
がんがん使っていただきたいタフな民芸であります。

直径33cm わりと深めで少し歪みあり         売約済み
by pointcinq | 2012-07-25 14:30 | 品物の紹介 | Comments(0)
鉄のバスケット
f0074803_16785.jpg














f0074803_1673199.jpg















f0074803_168283.jpg















f0074803_1682627.jpg



南仏で手に入れた鉄のバスケット。北海道経由で東京にやってきました。
ただならぬ錆び様(寂び)はなんだろうと思って聞くと、牡蠣の養殖に使われていたものとのこと。
これごと海に沈めては、ざばっと引き上げるわけでありますね。

道理で何百個も売ってたわけだ。
僕はそのうちの10個だけ買わせていただきましたが、最後に品物をピックアップしに
きたときには全部売れてました。道具屋のおじさん、シャンパン飲んでました。

赤サビが浮いているものではないので、意外と実用性が高いはず。
持ち手を内側でも外側でもスタッキングできるという、何気ないなかにデザインが組み込まれた
一品ではないかと。

10個あり。@10,000-
by pointcinq | 2012-07-21 16:16 | 品物の紹介 | Comments(0)
ウィンザーチェア Windsor Chair
f0074803_16502098.jpg












f0074803_16504367.jpg















f0074803_1651661.jpg















f0074803_16513271.jpg














f0074803_165268.jpg















f0074803_16523682.jpg














f0074803_1653270.jpg














f0074803_16553092.jpg














f0074803_16555771.jpg














f0074803_16562767.jpg















f0074803_1657086.jpg














f0074803_1657307.jpg






暑い日が続きます。

夏はひんやりと涼しいだろうと予想していた石の部屋も、やっぱりそれなりに暑い。

朝から弱めにエアコンを入れて、白クマを食べたり、子供と水浴びしたりしてこの
暑さを乗り切ろうと努力しています。皆さん頑張ろう。


このあいだから家具の入荷が続いていますが、もうひとつ。

とても素晴らしいウィンザーが1脚入荷しました。
せっかくなので、あらゆる角度からの画像をアップしました。

イギリスで購入との品ですが、アメリカのものである可能性も残っている気がします。
もう少し勉強しないと。

いずれにしても、1700年代のおしまいか1800年代初めのものでないかと。

売約済み


miyawakimodern@gmail.com
by pointcinq | 2012-07-18 16:59 | 品物の紹介 | Comments(0)
手作りケース入りのインク瓶
f0074803_14394648.jpg

パリでよくお世話になった松村さんの古道具展示会が青山のDee's Hallで始まりました。

長い時間を掛けてゆっくりと大切に集めてきたという気が伝わってきます。

なんとなく雰囲気だけそれっぽいファストフードのような古道具屋と古道具があふれている中、
本物の古道具屋を見た気がしました。僕も背筋伸びましたとも。ありがとうございました。

欲しいものはたくさんあったのですが、そのなかからインク瓶を頂いて帰りました。
使った人のひっそりとした愛情を感じる松村さんらしいセレクトだなと。

この展示会は来週の金曜日まで。モノがなくなる前に、お早めにお出かけください。


明日は大江戸骨董市。


f0074803_14391966.png

by pointcinq | 2012-07-14 14:39 | 品物の紹介 | Comments(0)
鉄のハイスツール エッフェルのお仕事?
f0074803_14254395.jpg


f0074803_1426179.jpg


かなり前にエコールデボザールのスツールを紹介したことがありましたが、あちらはきっと
エッフェルの仕事。で、こちらはというと全く資料はありませんが、エッフェルさんやないやろか、
というスツール。座面の取り付け、特に脚の感じは「まさに」といった感ありです。

高さが約75㎝あります。スツールとしてよりはランプや花台として。


売約済み
by pointcinq | 2012-07-11 14:37 | 品物の紹介 | Comments(0)
毎月第1土曜日はアンティークマーケット
まだ明けません、梅雨。
毎年だいたいいつ頃だったかも、どうもあやふやな梅雨明けです。

明日の土曜日はお天気がどうも怪しげですが、開催はされるでしょう。
途中雨になりませんよう、お早目にお出かけください。

古着や布、あとは木のもの、鉄のもの。そんなものを持って行くつもりです。

よろしくどうぞ。
by pointcinq | 2012-07-06 13:20 | お知らせ | Comments(0)
フランス製の鉛筆削り


f0074803_15404325.jpg


フランスの人は鉛筆削りをあまり使わなかったのか?

そう思うほどに、フランスの骨董市、蚤の市には鉛筆削りがない。
ないわけじゃないが、アメリカ製かイギリス製、それからあの消しゴムサイズのちいさなやつ。

前にも面白い鉛筆削りを見つけて大喜びしたものでしたが(これはほんとに面白かった!)、
それもすぐに売れてしまい、久しぶりのフランス製鉛筆削り。

使ってみると、やっぱりフランス人はこういうのでは削ってなかったかな、という出来。
鉛筆が抜けてしまわないように押さえておくあのつまみがない。だから抜けちゃう。
抜けないように押さえておく必要がある、そういう鉛筆削りです。

余計なものがないから、かたちが美しい。

まあ、今の時代、それだけでいいのかもしれません。


売約済み



お問い合わせ miyawakimodern@gmail.com
      

裏の画像
by pointcinq | 2012-07-04 15:50 | 品物の紹介 | Comments(0)