<   2012年 11月 ( 9 )   > この月の画像一覧
OPEN !!
f0074803_11563439.jpg

f0074803_11563566.jpg

f0074803_11563656.jpg

f0074803_11563612.jpg

f0074803_11563775.jpg

f0074803_11563853.jpg


Grenierの古道具市、オープンします。

今日から4日間(金土日月)
12時より19時まで

Le Grenier
神戸市中央区中山手通1-22-5 2F  
Tel 078 272 0522
Fax 078 272 0523
by pointcinq | 2012-11-30 11:52 | Comments(0)
週末から神戸 Exposition Le Grenier
f0074803_14135589.jpg


寒い一日です。
昨日はよく晴れていたので娘と砧公園でピクニックして遊んでいたのですが
今日からはまた仕事、仕事。
荷物を選んで積み込み、明日は早起きして一路神戸へ、そのままセッティング。

宮脇さんのフランス古道具市 11/30-12/03 Le Grenier


金曜日よりこのイベントが始まります。

去年はできなかったこのイベント、2年振りになります。

お店一軒、ごっそり持って行きます。どうぞお楽しみに。



LE GRENIER

神戸市中央区中山手通1-22-5 2F  HP

Tel 078 272 0522 Fax 078 272 0523

Open 12:00 - 19:00

#イベント最終日はギャラリーのみ16:00で終了いたします。

by pointcinq | 2012-11-28 14:24 | お知らせ | Comments(0)
酒のメジャーカップ
f0074803_16234761.jpg


f0074803_16241053.jpg


日本人は酒飲みに対してとても寛容であると思う。酒を飲んでいたからまあ許してね、
というのがまかり通ってしまうのは、酒を飲むくらいしか楽しみがなかった貧しい時代を
引きずっているのではないかというのが僕の意見。中国や韓国なんかもこういう傾向がきっと
あるはずだと思うのですね。

そして日本の酒飲みは酒の量に対して寛容であると思う。酒一合というれっきとした量の単位が
あるにもかかわらず、この一合という単位はあまり守られておらず上げ底のお銚子や小さめの
枡やよくわからないコップでごまかされているわけです。単に「大きいの」「小さいの」と呼んで
内容量がわからなくなってきているのは、生ビールの大ジョッキ、中ジョッキと同じあいまいさ。
これはイカンのです。

欧米の酒飲みにはそうはいきません。イギリスのパブのビールは1パイントのビールに泡は
含まれないと厳しく定義されているし(以前はグラスの一番上までで1パインとだったものを
何年か前に正当な酒飲みが訴えて、ビールの1パイントは泡を含まないと正式に認められた。
これによりイギリス中のパブのビールグラスに1パイントの線が引かれましたとさ)、お酒の
メニューにはすべてのアルコールに対してどれだけの量が入っているのか明記してある。
これはフランスでもドイツでもアメリカでも同じだと思う。ウイスキー1杯って言ったって、
グラスワインって言ったっていろいろあるからね。

ということで、前置きが長くなったのだけれどこれはお酒の分量を量るためのカップ。
と言っても毎回使うわけではなく、カウンターの中の目のつくところに置いてあって、うちはこれで
ちゃんと酒を量ってますので正しい分量ですよ、というもの。政府が定期的にチェックしていて
その度に刻印を押していくというもの。

18世紀の終わりから19世紀初め頃のもので、ピューター製。
一番大きいものが高さ15cm、小さいものが4.2cm、画像の6個セット。

売約済み
by pointcinq | 2012-11-24 16:24 | 品物の紹介 | Comments(0)
グレゴリオ聖歌ネウマ譜 18世紀 Neuma 
f0074803_1616287.jpg


f0074803_16171885.jpg


今日の東京は雨。
店のウィンドウ越しに見える桜の紅葉が見事で、日々の移ろい、秋の深まり、
そんなものを楽しんでいます。自分はこんなにも秋が好きだったかしらと。


今日も先日の仕入れから。

グレゴリオ聖歌の楽譜であるネウマ(wiki)。
羊皮紙に手書きされているもので、小節の初めの部分の文字Bに装飾が施されている。
18世紀のもので、おそらくイタリアから出てきて物ではないかとのこと。

この聖歌はラテン語なので、ラテン4国(スペイン、ポルトガル、イタリア、フランス)の
どこから出てきてもおかしくないわけですが、それにしても、このBの面白いこと。

わりと大判の44cm×62.6cm。裏も譜面でこういった装飾は無し。

売約済み
by pointcinq | 2012-11-23 16:17 | 品物の紹介 | Comments(0)
子供用の木馬
f0074803_14454116.jpg


先日の仕入れの旅から戻って10日余り。なんだかセワシイ日々です。

今週は祝日ですが金土曜日と営業。来週は神戸でのイベントのため、全休となります。
イベント明け、12月7日(金)より営業再開いたします。どうぞよろしくお願いいたします。

年末は12月22日(土)年納め。
来年より木金の週2営業となり、仕事始めは1月10日(木)よりとなります。
あわせまして、どうぞよろしくお願いいたします。


なんてことを書いているうちに年末のそわそわとした気持ちになってくるもんですね。
こうして一年は終わっていくのでしょう。

終わっちゃう前に、新しく仕入れたものを紹介していかなくては。

子供用の木馬。
向う側の車輪2個といろんなパーツがミスしていますが、それはそれでよし。
彫刻された眼と鼻のあたり、出来の良い、玩具だったと想像できます。


頭までの高さ:46cm  SOLD
by pointcinq | 2012-11-21 15:54 | 品物の紹介 | Comments(2)
今日は骨董市
f0074803_8295618.jpg

f0074803_8295783.jpg


快晴の中、始まりました。

大江戸骨董市 @東京国際フォーラム
by pointcinq | 2012-11-18 08:28 | Comments(0)
多面体のモデル2種
f0074803_13592795.jpg

朝からよく降ること。
その分、明日の骨董市で降らないわけですから、今日の雨はウェルカム、降ってくだされ。

昨夜の酒が少し残っていて、だるいのと雨なのとやることがたくさんあるのとトム・ウェイツが
歌ってるのと、まあいろいろあって気だるい昼下がり。新しい品物の紹介からいきましょうか。

デッサンのためのモデルです。
これを使って立体を描く練習をするわけなのですが、なんと美しいものでしょか。
フランスの骨董市などでたまに見かけてはいたのですが、あまりに高くて手の届くもので
なかったのが、このひと月のあいだに東京でひとつ、パリでひとつ、いいのが見つかった。
縁とはまあそういうものなのでしょう。

左側半分くらいまでは中空の真鍮かなにか、おそらくイギリス製。おそらくKEとの印というか
サインが入っているものの、詳細は不明。(こちらは売約済み)
右側はきめの細かい木製、パリのカルチェラタンにあるHACHETTE(今もある本屋)の印が
あるので、おそらくこの本屋のオリジナル。ここはソルボンヌやボザールも近い学生の街。
情景が目に浮かびます。

どちらも売約済み


明日は大江戸骨董市ですよー。



by pointcinq | 2012-11-17 13:59 | 品物の紹介 | Comments(1)
明日から平常営業
f0074803_0265397.jpg



f0074803_13372314.jpg

day time



真冬のパリから戻ると、東京はまだ初秋と言った感じです。
仕入れした商品を移動したりしていると、汗ばんでしまいひとりティーシャツになるのどうかと
もじもじしながら深夜作業でようやくレイアウト完了。おなかすきましたね。

先月中ごろからイベントがいくつか続き、そのまま仕入れの旅ということで長いあいだ店を
休ませていただいていましたが、明日の水曜日より平常営業いたします。

久しぶりの開店でちょっとした緊張感。第2のオープンのような心意気です。

初めて見るもの、相変わらずのもの、冒険のものもあります。

お近くをお通りになる時は素通りは無しでお願いいたします。


                                            店主


モノにまつわる小噺はまた次回から。
by pointcinq | 2012-11-14 00:27 | お知らせ | Comments(0)
仕入れ、おしまい。
f0074803_1429369.jpg


今回の旅のメインである大きな骨董市の初日を終え、慌しく帰国します。
予定通り全ての商品を持ち帰ります。どうぞお楽しみに。


画像の奧、両脇がすべて骨董市です。
何度回ったことか。
by pointcinq | 2012-11-09 14:19 | Comments(1)