<   2012年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧
ウィーンのトランプ 1880c  仕事納め

f0074803_1691294.jpg

高知より戻りました。パリでお世話になった大好きな人のお別れの会でした。
類は友を呼ぶもので、彼女に惹かれ、そばにいた方々の気持ちのよいこと。
本当に見事なひと。たくさんのありがとうを送ると同時に、彼女によってぽっと
あたたかくなったこの気持ちを、ずっと持ち続けたいと心から思いました。

さて、今日で今年の営業は一応おしまい。もちろん、リクエストがあればさっと
開けますので、それも遠慮なく。

今年最後の商品の紹介はなんにしようかと思いましたが、僕の好きなトランプで。

f0074803_15371297.jpg


f0074803_1537398.jpg


f0074803_15375670.jpg


ハートのエースに付いているスタンプから1882年~1899年のオーストリア、ウィーンのもの
と判明。絵札も図柄のデザインもとてもいい。おそらくポーカーやブリッジのためのセットで
32枚のセットでコンプリート。普通のトランプよりやや大きめの71×104mm。
18000-


今年2月に店を開いたばかりの店もおかげさまで仕事納め。
このブログはもっと長いことやっていますが、このブログを読んで下さる方々、
小さな店に足を運んで下さった方々、本当にありがとうございました。

来年も精一杯勉強して、よりよいお店になるよう精進していきます。
どうぞよろしくお願いいたします。

2013年の仕事始めは1月10日(木)とし、営業日を毎週木金の2回、
それと大江戸骨董市があり、出店する週はその前日の土曜日に致します。


大江戸骨董市は第1第3日曜日です。それに出る場合のみ前日営業

それ以外に連絡いただいての御来店に関しては、いままで通り変わりません。
御遠慮なくどうぞ。


ではみなさま、よい年末年始をお過ごしください。






by pointcinq | 2012-12-22 16:10 | 品物の紹介 | Comments(0)
今日は選挙と骨董市で
f0074803_9423183.jpg


19世紀のクリストフル。
クリスマスも近いので、今日はカトラリーとグラスを中心に。

気持ちよい空の下、大江戸骨董市はじまりました。
by pointcinq | 2012-12-16 09:40 | Comments(2)
北欧の木皿 18C
f0074803_15235848.jpg



昨日の「かたちと質感」の話の続き。
花人の友がつぶやくに、モノの観賞は「ナリ(かたち)」「コロ(質感)」「ホド(バランス)」。
なるほど。そういう風に言うのですね。それがすべてなのかもしれません。

今日の木皿は僕にとってはコロとホドが特に素晴らしく思われます。

18世紀、少し下ったとしても19世紀初頭まででしょう。国も特定はできませんが
デンマークかスウェーデン。ろくろで挽いて、工房か自分のサインLBSと刻印されて
おります。もともとは黄土色のペンキのようなもので塗られていたものが、はげて地肌が
顔を出したようです。いいコロです。

サイズがまたよろしくて、直径23cmの高さ5cm。ホドがよろしいです。

売約済み


今日はこんなにシトシトしてますが、明日は晴れる模様。

選挙と大江戸骨董市です。


f0074803_154371.jpg

f0074803_15431961.jpg

f0074803_15433018.jpg

f0074803_15515354.jpg



by pointcinq | 2012-12-15 15:52 | 品物の紹介 | Comments(0)
かたちと質感


f0074803_13482737.jpg


僕がモノを選ぶとき、なにを基準にしているかというのは大変に難しい質問ではあるが、
まず古いものであることというのは古道具屋なのだからもちろんのこと、そのあとに
「かたち」と「質感」、これはとてもとても大事な要素のふたつであるように思う。

そのどちらかだけで買うこともあれば、どちらも揃ってないとうーんと首をひねり
「惜しいけど、ごめんなさい」と置いてくることもある。要はそのバランスなんだけれど
それをうまく説明することはやっぱり難しい。

たとえばこのふたつのオブジェは左が湯たんぽ、右は酢かなにかをいれるための
ストーンウェアのボトルです。ストーンウェアのボトルはどちらも揃って自分にとっては
パーフェクト、言うことなし。湯たんぽは質感よりもかたちに魅かれたかな、というところ。
これがアルミだったりしたらもっとよかったかなと思うのです。

これはまあ言うならば、誰にもわからない自分の好みですから仕方がないのですが、
そういう仕方のない好みをあれこれして、夥しい古物の山からそっといくつかを抜き取って
来るのだと理解していただけると、この小さな店に積んであるひとつひとつがまた楽しく
なるのではないかと思います。





by pointcinq | 2012-12-14 13:49 | 品物の紹介 | Comments(0)
薬局のガラス瓶 18世紀


f0074803_155565.jpg

お寒うございます。
うちの居住スペースは薪ストーブで全館快適にぬくぬくしているのですが、半階下の店部分には
その熱はまったく届かず、作る段階でなぜに熱が循環するシステムのようなものが出来なかったのか、
自問自答の冬です。

この狭い店をエアコンで温めると、ぬるい風が気持ち悪いので小型のパネルヒーターを購入し
足元に置いています。まあ、これなら許せるかな。同じようなヒーターを使っていたパリのアパルトマンでの
冬が懐かしく思い出されます。あの部屋も好きだったな。


今日の画像は先日の仕入れからのガラス瓶。
ややグレイがかった薄い薄い繊細な吹きガラス。美しいフォルムです。
中世以降のドイツやオランダにも森林ガラスというのでしょうか、もう少し緑がかった美しいガラスが
ありますが、こちらのフランスも負けていないでしょう。

f0074803_15521917.jpg

モノの本を見ると、このあたりの仲間に入るはずです。
おそらくはラベルがあって、薬品などが入っていたのではないかと推測されます。
f0074803_15561013.jpg

f0074803_15563935.jpg

f0074803_1557721.jpg

f0074803_15573736.jpg


高さ14.3cm 48,000- ほぼ同じ大きさでもうひとつあり  






by pointcinq | 2012-12-12 15:59 | 品物の紹介 | Comments(0)
素敵な土曜日
f0074803_16422723.jpg

いい天気が続いています。
昨夜は友人と恵比寿界隈で遊んでいたのですが、最後に寄ったBARが本当に僕の好きなタイプの
BARでして、最高に幸せな気分になりました。その友人が出したantiques tamiser scrapbook
これを進呈していただいたので、深夜2時頃から半分、朝起きてジョン・レノンを聴きながら残りの半分を
読んだのですが、これもまた素晴らしい本で、とても幸せな気分になりました。
古いものを愛する人も、特に愛してない人もこれは読んでほしい。共感できる人が増えると、世の中は
もっと美しく、ちょっと不便になるかもしれません。

その後、而今禾の展示会を散歩がてら。バッティングセンターと古本屋に寄って少しの散在。

f0074803_16385776.jpg

アンティークタミゼ スクラップブック 吉田昌太郎著






f0074803_16394041.jpg
Jikonka+BonAntiques展04, December. 2012
TOKYO
開催期間2012年12月7日(金)8日(土)9日(日)
開催場所Jikonka TOKYO
〒 158-0081東京都世田谷区深沢7-15-6(Map)
定休日水曜日、木曜日
お問い合わせ03-6809-7475

by pointcinq | 2012-12-08 16:38 | 日々の暮らしから | Comments(0)
年末年始の営業のお知らせ

神戸 Le Grenier でのイベントも無事終了、無事帰宅しました。
お世話になった方々、遠くから近くから来ていただいた皆々さま、
どうもありがとうございました。

積んでは降ろしの連続でちと体がばきばきしておりますが、これは歳のせいにして
まだまだ頑張ります。来週末の大江戸骨董市、これは選挙サンデーとなりましたが
投票は朝一番、もしくは骨董市の帰りにということで是非今年最後の骨董市にお出かけ
くださいませ。

12月の営業日

      7日(金) 8日(土)
12日(水)14日(金)15日(土)
19日(水)21日(金)22日(土) これで年内はおしまい。


来年2013年から通常営業日を木金に変更いたします。少しは覚えやすいかと。。。
もちろん、それ以外の来店も歓迎いたしますので、ご遠慮なく電話、メールにて
ご連絡くださいませ。

ということで、仕事始めは1月10日(木)よりとなります。
どうぞよろしくお願いいたします。

by pointcinq | 2012-12-06 20:53 | お知らせ | Comments(0)