<   2014年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧
木版のトランプ c.1800-1850




f0074803_15492857.jpg


f0074803_15494510.jpg


f0074803_1550025.jpg



昔は遊びというのは基本的に貴族がするもので、平民はただひらすらに働いて働いて
子供を作り、育て、死んでいったものらしい。だから、遊びに関するもの、道具は材質や
作りに凝ったものが多いと聞いている。なるほど、その通りであるように思う。

では、トランプはどうか。
庶民の仕事終わりの道楽として、酒と賭け事はいつの時代にもあったはずで、
それにトランプがずっと関わり続けてきたのは間違いないはずだ。

こちらは1800年代初めから中頃のもの。
もう少し古いと絵札の人物像が頭から脚までの全身図になる。
そうなると骨董市で見かけることもほぼ無く、ルーブル美術館の前の骨董屋で
1枚100ユーロなどで売られていたりするから手が出ず(最近、これが多いですね。。。)。

フランスでよく使われたのは2から6のないこの手のトランプ。
だいぶ抜けているのでバラ売りと致しましょう。

絵札とエースは3000円、平札は1200円。

クローバーとダイヤはそれぞれ1枚抜けです。
同じ絵柄を揃えるいうのも面白いと思います。

賭け事の得意でない庶民の僕は今日は飲みに出かけます。


お問い合わせ miyawakimodern@gmail.com
  
by pointcinq | 2014-01-30 15:55 | 品物の紹介 | Comments(0)
フランスのお手玉、オランダのボウル


f0074803_10312699.jpg


あまり見たことがないフランスのお手玉。
おそらく19世紀のもので、家庭でというよりは大道芸などのジャグリングに
使われたものだと思う。

古いぬいぐるみと同じく、わらが詰め込んであって、それを4枚の布で
縫い合わせてある。最後に閉じたところのへたくそ具合がなんとも可愛い。

ボウルはオランダの木製で、くり抜いたもの。
歪んで裂けて割れて、それを針金で補修してある。周りに3点、穴があいているのは
昔の八百屋のお金を入れる笊みたいに使っていたのかなとも想像できる。
底に穴があいてなおこの時代まで生き残ったのは、案外本当にそうなのかもしれない。

直径は小さいところで26cm、大きいところで27cmくらい、深さは6.8-7.8cm。
結構歪んでいますが、この手のボウルで歪みが全然なかったら、それはそれで
全然面白くない。骨董(好き)ってのは難しいものでありますね。

フランスのお手玉 SOLD
オランダのボウル 25,000-

お問い合わせ miyawakimodern@gmail.com
f0074803_13293455.jpg

f0074803_13295396.jpg

f0074803_13305159.jpg
f0074803_13304149.jpg

f0074803_1331775.jpg

f0074803_133122100.jpg

f0074803_13313771.jpg



  

    
by pointcinq | 2014-01-24 13:32 | 品物の紹介 | Comments(0)
純銀のピューリタン(清教徒)スプーン





f0074803_16373741.jpg


f0074803_16383313.jpg


f0074803_16384928.jpg



ピューリタンスプーンの後出来のもの。16C-17Cのオリジナルだとなかなか出てくることが
ないし、あったとしても手が出せないお値段のはず。

こちらは19世紀末のイングランド南西部、デボン州のトーキーという町のもの。
EDWARD HENRY SERMONという銀メーカーが、1660年代のピューリタンスプーンを
コピーして作ったもの。

まん中の砂糖を掴む道具は17Cから存在していたとは思えないので、その時代(19C)に
”気を利かせて"作ったのかもしれない。

素朴な美しいスプーン、純銀です。オリジナルの箱付き。
スプーンの長さ約8cm       30,000 / BOX


以下のサイトを参考にさせていただきました。下の画像は17Cのもの。
f0074803_178615.jpg



gauk artifact
http://gaukartifact.com/2013/03/07/puritan-spoon/

INDIANAPOLIS MUSIUM OF ART
http://www.imamuseum.org/collections/artwork/puritan-spoon



お問い合わせ miyawakimodern@gmail.com

by pointcinq | 2014-01-23 17:27 | 品物の紹介 | Comments(0)
ウェッジウッドの白皿



f0074803_13165346.jpg


f0074803_13523671.jpg


f0074803_1317524.jpg





以前、アンタイディーが青山にあった頃に何枚かわけてもらったことがある。
少しチップしていたので銀で直してもらい、大事に使っている。

もちろん、自分でもこんないいものが仕入れで見つかれば小躍りして全部買い占めたい
ところだけれど、なかなか見つからなかった。それが、このあいだこのウェッジウッドの
コレクターさんに出会いまとめてわけてもらったというもの。

ものすごくきれいなのでそうは見えないけれど、およそ200年前のイギリスで作られている。
イギリスに行っても見つからないのは、おそらく輸出用だったのだろう。
イギリスの女の子(貴族)はこういった皿でままごとをしなかったのだろうか。
食べ物が「あまり美味しくない」のと、幼少期のままごととは何か関係があるのだろうか。
いや、いろいろと想像しました。

薄くて軽いのは、イギリスで言うところのクリームウェア、フランスだとファイアンス・フィーヌ。
当時、これを作る技術を持っていたのは数社に限られるはず。贅沢なおもちゃです。

フルセットとなると、普通の食器と同じようにティーポットからカップ、ソーサー、スープ皿、
あらゆるものがあり、200点以上のものとなるはずですが、そういうものは使いにくいので
実際に小皿、銘々皿として使えるものばかりを集めました。

画像はその中でも一番大きいもの。その他、以下のサイズがあります。
f0074803_1343287.jpg


サイズ 在庫数  価格
155   0   
128   0   
120   0    
109   0    
82    0   完売致しました。



お問い合わせ miyawakimodern@gmail.com
      
by pointcinq | 2014-01-17 13:59 | 品物の紹介 | Comments(0)
パンに印をつける道具 Marque à Pain



f0074803_16593578.jpg
f0074803_16594558.jpg
f0074803_16595646.jpg
f0074803_17085.jpg

f0074803_170173.jpg


小さな小さな村を想像してほしい。
村にはパンを焼く竃がひとつだけあって、皆でそれを共用している。
週に1度か2度、自宅で練ったタネを持ち寄って、そこでパンを焼く。
その時に、これで印をつけておくと、焼きあがったときに自分のパンが
ひと目でわかる。

そんなのどかな村からの古道具です。
イニシャルにKが入っていることから、アルザス地方のものだと想像できます。
時代は19世紀初頭あたり。

小さな村の小さな窯、そこで使うちょっとしたお洒落と深い信仰心の塊のような
オブジェだと思います。


売約済み ありがとうございました


今年4月より数か月間、営業日を土曜日だけに変更いたします。
その後、金曜日と土曜日の週2回の営業に戻す予定です。

今月、来月は通常通り木曜と金曜の営業です。

ご迷惑をおかけいたしますが、どうぞよろしくお願いいたします。




お問い合わせ miyawakimodern@gmail.com
      
by pointcinq | 2014-01-16 17:08 | 品物の紹介 | Comments(0)
無名のランプ オランダ20C


f0074803_14331142.jpg


オランダの国旗と聞いて正確に思い描ける人はそう多くはないと思う。
フランスの国旗によく似ているのだけれど(それもあんまり知られてないはず)、
トリコロールの配列が違う。オランダは上から赤白青、フランスは左から青白赤。
知っていましたか?

それよりも、オランダと言えばオレンジというイメージがとても強い。
(サッカーのオランダ代表のユニフォームもそうですね)
昔は(17C)赤の部分がオレンジだった、これはオレンジ公ウィリアムに由来する。
それが海上で色が見分けにくいとか、色が褪せるとかそんな理由で赤になった。
とまあ、拍子抜けするような由来で今に至るわけです。

さらに拍子抜けと言えば、その3色の順序も17C後半まで決まっていなかったとは
もう驚いてしまいます、はい。

それで、
今日のお話にそのトリコロールは全然関係なくて、オレンジ色のほうが大事な話。

この無名のランプ、どうもオレンジ色だったようなのです。
支柱部分とベースは間違いなくオレンジ。シェードの内側もオレンジで、それは
今も残ってる。シェードの外側だけがこの色だった、ように見受けられます。

色が残っていても面白いものだったはずですが、今のこの姿もいい。
シェードとベース部分は銅、支柱は真鍮のコンビですがくすんでいるため、
ほとんど見分けがつかないような状態。

ダッチデザインと言うと、PHILIPSが有名で、数多くの美しいランプがありますが、
これも同じくドイツのバウハウスやユーゲントシュティルの影響を正当に受け継いだ
ランプだと思います。角度によって
支柱がちょっと傾いているのも愛敬で許せる範囲かと。

シェードの直径:31cm ベース直径:14cm 高さ:約34cm 
コードとコンセントプラグは日本製のものに交換済み        35000-


f0074803_1513068.jpg


f0074803_1535855.jpg


f0074803_1534772.jpg


f0074803_1542375.jpg


f0074803_1543930.jpg


f0074803_1545292.jpg


f0074803_1551128.jpg


f0074803_1552366.jpg



お問い合わせ miyawakimodern@gmail.com


4月は新しいイベント、京都ふるどうぐ市に出店しようと思っています。
WEB http://kyotofurudouguichi.com/
 
by pointcinq | 2014-01-10 15:06 | 品物の紹介 | Comments(0)
『愛・知のリアリズム 宮脇晴の周辺』 豊田市美術館
f0074803_16232150.jpg




今年もどうぞよろしくお願いいたします。

新年初めのブログは手前味噌ながら祖父の展覧会を。

そんなに有名とは言えない祖父の展覧会
(実際には祖父を中心とした画家の展覧会ですが)を
豊田市美術館の企画展で取り上げていただきました。

これを機に、たくさんの方に観ていただければと思います。

画像は祖父がおそらく15歳くらいの自画像。


『愛・知のリアリズム 宮脇晴の周辺』
Haru Miyawaki and his milieu    WEB

会  期:2014年 1月7日[火]-4月6日[日]
休 館 日:月曜日 (1月13日は開館)
開館時間:午前10時-午後5時30分(入場は午後5時まで)
主  催:豊田市美術館
共  催:中日新聞社
観 覧 料:一般500円[400円]/高校・大学生400円[300円]



お問い合わせ miyawakimodern@gmail.com
   

by pointcinq | 2014-01-09 16:31 | お知らせ | Comments(0)