<   2014年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧
京都ふるどうぐ市
f0074803_9292795.jpg


少し前にお伝えしたままになっていましたが、今週末(26-27)は
京都で第一回目の開催となります「京都ふるどうぐ市」に出店いたします。

全国より面白い業者さんを集めたようで、この顔ぶれがなかなか面白いのです。
これは他の業者さんのブースも親睦会も楽しみ。

関西地域の方も、そうでない方もこの気持ちのよい季節の京都にぜひぜひ
お出かけくださいませ。

ということで、今週の土曜日の営業は休ませていただきますので
なにとぞよろしくお願いいたします。

京都ふるどうぐ市 website
f0074803_9313325.jpg

 
by pointcinq | 2014-04-24 09:31 | お知らせ | Comments(0)
オランダのナイフ c.1600



f0074803_16432598.jpg


アムステルダム-ロッテルダム間のトンネルを作る時に出てきた発掘品。

5年ほど前に開通したこの高速鉄道の工事の際、かなりの発掘品がオランダと
世界の骨董品市場に出たらしい。オランダでは何度かその話を耳にした。

けれども、僕の知る限り、オランダは走れども走れどもずっとずっと向うまでまっ平らな
土地であって、トンネルらしきものを通った記憶はない。なんせ標高の一番高いところで
322mだからね。この国に登山ショップがあることすら驚いてしまうくらいである。

でもトンネルに限らず、ということなんだろう。

400年の年月を土や水の中で経てきた貫禄が見事。
ブレードも黒檀と思われる握りの部分もよくぞここまで御無事で残ってくれましたと
愛でてやりたいもの。固いものは切れませんので、そっと手紙の封を開けるくらいで。

f0074803_1721268.jpg


f0074803_17214511.jpg


f0074803_1722492.jpg


f0074803_17221785.jpg


f0074803_17223376.jpg


f0074803_1801058.png



全長:20.3mm   ブレード部分:12cm     売約済み

お問い合わせ miyawakimodern@gmail.com

来週末は京都です。
出店業者さんの顔ぶれを見ているだけで、ちょっと興奮してきます。

京都ふるどうぐ市 HP

  
by pointcinq | 2014-04-19 17:29 | 品物の紹介 | Comments(0)
ガラスの蓋、オーバルの白皿、黒いテーブル




少しばかりのご無沙汰となりました。
週一度の営業にしてから、以前と比べてもさらに営業日の間隔を感じます。そりゃそうか。

この1週間、娘が幼稚園に入り生活が大きく変わり、相変わらずの花粉に悩まされ開き直り、
新緑はさらに眩しく、ずいぶんと暖かくなりました。園芸店に寄ってはなにか新しい木や花を
買いたくて仕方がない。そしていつも車窓から見ては気になっていたクライミングのジムに
通ってみようかなと思い始めた。そんな春です。

そういえばまだ紹介したことのなかったテーブルを思い出し、その上にモントローのオーバル皿、
さらにガラスの蓋(クロシェット)を載せてみました。クロシェットは基本的にチーズやケーキの上に
かぶせておいて乾燥を防ぐためのもの。

f0074803_1441406.jpg


f0074803_15161727.jpg


f0074803_15164129.jpg


f0074803_1516564.jpg


f0074803_15171025.jpg


f0074803_15192514.jpg


f0074803_15184967.jpg

テーブルはナポレオンⅢ世様式の折りたたみ式で、バタフライテーブルとも呼ばれます。
両翼が折れ曲がり、開くときは下にそれぞれ閂(かんぬき)を差し込み固定するものですが
オリジナルはすでになく、こちらで作ったものにしてあります。

当時の塗装のままのため、たくさんのキズや使用痕があり、今後も熱いものを乗せたり
ワインなどをこぼしたまま長時間置くと痕が残ると思います。そういうことも楽しんでしまえる方へ。

ひらいたときの大きさが91×95cm、つまり円形じゃないんですね。
もともと円だったのですが、多少の伸び縮みがありこのサイズに。。。
折りたたむと約44cm×95cm。高さは70cm。                 170,000-


オーバル皿はモントロー。1700年代後半から1800年代初頭の窯印になると思います。
画像手前にチップ(幅が30mmくらい)、ナイフの傷もありますが好ましい程度です。
(骨董屋にとっては、か)
約40cm×28cm  25,000-


最後にクロシェット。19世紀。直径16cm×高さ15cm(持ち手を含む)
内寸で15.2cm、高さが10.4cmほど。  20,000-

以上、今日は久しぶりなのも、天気がよいのに(よいからかも)閑な一日なのもあって
欲張りに3点も紹介しました。

明日は本当に久しぶりの大江戸骨董市(有楽町・東京国際フォーラム)に出店します。
有楽町側の角っこのブースを用意していただきました。朝8時ごろから入れると思います。
是非お越しください。





お問い合わせ miyawakimodern@gmail.com
      
by pointcinq | 2014-04-12 15:23 | 品物の紹介 | Comments(0)