<   2015年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧
ナイフ 


f0074803_1352449.jpg
f0074803_13521640.jpg


基本的に美味しいものを楽しく食べることが好きです。
今までの人生で一番多く口にした台詞は「今日なに食べようかな」だと思う、たぶん。
そういうわけで、商品にも食に関するものが多くなってくるのも自然の成り行き。
こういったものも普通に食卓で使っていただければ幸いであります。

ロンドンの老舗デパート『ハロッズ』のナイフ。テーブルナイフです。
牛の角の柄(え)のナイフ、とすると「の」が多すぎる。でも牛角とすると焼肉屋みたいだし、
牛角柄とすると「がら?、ぎゅうかくがら?」ということになり、混乱を招くので端的にナイフと
しました。

ブレードはステンレスになっていますので、時代的にそんなに古いものではありませんが
よく切れますのでテーブルで普段のナイフ、バターナイフはもちろん、ペーパーナイフにも
使えます。小さい方は少しかたちが違っていますね。

それぞれ2,800-、
4本まとめてですと10,000-で送料込。

お問い合わせ miyawakimodern@gmail.com
      
by pointcinq | 2015-01-31 14:03 | 品物の紹介 | Comments(0)
北欧の木皿 18C-19C



f0074803_11344173.jpg


東京は朝からの雪がみぞれになりさらに雨に変わろうとしています。
朝一番でホームセンターに行き、雪かき準備をしたのですがどうも徒労に終わりそうで
よかったのか悪かったのか。

家の中は薪のストーブのおかげでとても温かいのですが、半階下がったこの店は
コンピュータのキーを叩く手もかじかむほどに冷え切っています。寒い。

f0074803_11411436.jpg


a 表裏
f0074803_11353351.jpg

f0074803_1136927.jpg



b 表裏
f0074803_1136344.jpg

f0074803_11365293.jpg


f0074803_11434689.jpg


f0074803_1144389.jpg



ガラスが続いたので温かみのある北欧の木の皿を紹介します。
おそらくはスウェーデンとのことですが、これを言いきるのは難しいところ。
「北欧」としておきます。

田舎の食卓で使われていたものでしょう。パンとスープの慎ましい食卓が目に浮かびます。

18.5cmと19cm、それぞれ28,000-


お問い合わせ miyawakimodern@gmail.com
 
by pointcinq | 2015-01-30 11:44 | 品物の紹介 | Comments(0)
細長ガラス瓶 19Cフランス


f0074803_1131272.jpg


f0074803_11312985.jpg


先回に続いてガラス瓶をもうひとつ。

これまでも何度か目にし、手にも取ってはいたのだけれど勇気がなくて買えなかったもの。
(価格に対する勇気が特に)
このあいだパリ近郊で見つけました。売り手の兄ちゃんと交渉が成立し、お金を払ったものの
その兄ちゃん、おつりなし、梱包材なし、もちろん袋もない。
「あんた、なんにも持ってないね!」
「そうなんだよ、僕はなんにも持ってないんだ!」
なんでフランス人ってこうなのか、だれか教えてほしい。

それでこのボトル、1800年代の中頃にEau de Cologne(オー・ド・コローニュ、日本語だと
なぜかオーデコロン)の瓶やビター、アルコールなどを詰めて売っていたもの。
これだけ細長いので、当然自立できず。コルクで蓋をして寝かせて使っていたのでしょう。

掛け花にいいかと、細い針金を縒って掛けられるようにしました。

f0074803_11322577.jpg


それぞれ29cm前後 完売しました

お問い合わせ miyawakimodern@gmail.com
   
by pointcinq | 2015-01-27 11:33 | 品物の紹介 | Comments(0)
線の入ったガラス瓶


f0074803_17123243.jpg


古いガラスには原料そのものに不純物が多かったようで、それを熱して捏ねて吹いて
なにかもののかたちにした時にもグレーがかっていたり、紫がかっていたりするものが多い。
もちろん目指していたのは無色透明なのだけれど、現代ではそれが古いガラスの魅力に
なっているのだから面白い。

f0074803_15472329.jpg


f0074803_15474756.jpg


f0074803_1548214.jpg


f0074803_15482211.jpg


f0074803_15485240.jpg


これはその製造過程でたまたま不純物が塊になっていたもので、ガラスを紫にする
金属酸化物は酸化ニッケルとあるので(由水常雄『ガラス入門』)まさにそれだろう。

ただでさえ珍しいこの美しいガラス瓶に、一筋の線がよく効いていて素晴らしいオブジェに
なっていると思う。

19世紀フランス 直径8cm 高さ13.5cm 口の内径約2cm 内容量約440ml
65,000-


お問い合わせ miyawakimodern@gmail.com

by pointcinq | 2015-01-24 15:45 | 品物の紹介 | Comments(0)
1/17(土) 展示会のため休業します




明日1/16(金)より3日間、名古屋・泉の機石荘サロンで展示会を行います。
そのため、店は休業とさせていただきますので、どうぞよろしくお願いします。


『ヨーロッパの古道具 antiques miyawaki modern』 展
 
 1月16(金),17(土),18(日) open 11h30-18h00

 機石荘サロン
 名古屋市東区泉1-16-20 コルネイユドー内ロフト
 電話052-212-5685



お問い合わせ miyawakimodern@gmail.com
 
by pointcinq | 2015-01-15 10:42 | お知らせ | Comments(0)
1/15より3日間 名古屋で機石荘サロンでイベントです


f0074803_1721673.jpg


f0074803_1723322.jpg



僕がパリに渡り、今の仕事を始めたのが2001年、フランスフランというお金が現在のユーロに
ちょうど切り替わるところでした。仕事を始めたと言っても、まだどうしていいかもわからない状態で
売上もなにもない時代に声を掛けてくれたのが機石荘、藤原更さんでした。

こうして今も一緒に仕事をさせてもらえるということに、とても大きな縁を感じます。

彼女の新しいお店のファーストイベントに招待いただきました。
来週末、3日間限定でイベントを催します。どうぞお越しください。

『ヨーロッパの古道具 antiques miyawaki modern』 展
 
 1月16(金),17(土),18(日) open 11h30-18h00

 機石荘サロン
 名古屋市東区泉1-16-20 コルネイユドー内ロフト
 電話052-212-5685




お問い合わせ miyawakimodern@gmail.com
      
by pointcinq | 2015-01-10 17:13 | お知らせ | Comments(0)