皮の首輪


f0074803_10133866.jpg


f0074803_10142629.jpg


見ての通りの革の首輪、犬用です。
このトゲトゲはオオカミから身を守るためのもの。

19世紀のフランスのもの。
革がかなり硬化しているのでベルトをきちんとすることは
できないのですが、このままの状態で壁掛けなどできます。

45,000- 送料込

【補足】
当時、家畜やそれを飼う人間にとって最大の敵は
狼だったと思います。知能の高い狼との戦いはそれはそれは
大変だったでしょう。
子供の頃に読んだシートン動物記の『狼王ロボ』を思い出します。

20世紀に入りフランスのオオカミは一時絶滅したものの
イタリアやスペインから入ってきた(なんせ陸続きですから)ものが
まだわずかにいるそうです。



お問い合わせ miyawakimodern@gmail.com

画像及びテキストの無断使用は固くお断り申し上げます。 Copyright © 2001 antiques miyawaki modern All Rights Reserved.
 
# by pointcinq | 2017-06-06 10:34 | 品物の紹介 | Comments(0)
リアルのゆくえ
f0074803_09075298.jpg
遅くなりましたが、お知らせ。
現在、湘南の平塚市美術館で開催中の展覧会「リアルのゆくえ」、
こちらに祖父、宮脇晴の作品も展示されています。

明治の時代から現代へと、「写実」は様々な作家に表現されながら
変化したり変化しなかったり、脈々と引き継がれてきました。

その群の中に祖父の作品も生きていることを嬉しく思います。
この展覧会は平塚の後も巡回いたします。ご興味のある方は是非お近くの会場まで足をお運びください。
f0074803_09224723.jpg

【企画展】リアル(写実)のゆくえ 高橋由一、岸田劉生、そして現代につなぐもの
2017年4月15日(土) ~6月11日(日)
開館時間 9:30 ~ 17:00(入場は16:30 まで)
休館日 月曜日

4/15ー6/11 平塚市美術館
6/17-7/30 足利市立美術館
8/8-9/18 碧南市藤井達吉現代美術館
9/23-11/5 姫路市立美術館

# by pointcinq | 2017-05-30 09:26 | お知らせ | Comments(0)
目白コレクション〜京都ふるどうぐ市
f0074803_15011547.jpg
4月に入りました。東京の桜は早くに咲き始めたものの、冷え込みが厳しく今年は長い間
楽しませてくれそうです。それでも寒すぎて、花見というムードは全然ありませんが。

上野の東京都美術館で開催中のブリューゲル「バベルの塔」展を観に行きたいのですが、
桜の時期にクルマではきっと難しいのだろうなと思うと躊躇です。しばらく待ってもいいかも。
いや、その間にNHKで特集があったりするととんでもない混み様になって結局いけない、という
可能性もあるし、悩みどころです。

さて、4月は大きなイベントがふたつ。

4/15(土)ー4/16(日) 目白コレクション 
これは東西の「旬」のアンティークショップ約60店が目白駅すぐそばの椿ホールに集まる
東京でも有数の骨董イベント。和物がメインですが、僕やアンタイディーのような洋物も
ちらほらおります。

4/22(土)ー4/23(日) 京都ふるどうぐ市
こちらも比較的新しいイベント。今や、春の京都の名物になりつつあるイベント。
立誠小学校という廃校になった小学校が会場で、それもまたこのイベントの素晴らしい
ポイントだったのですが、残念ながらこの会場は今回が最後。是非お見逃しなく。

この、どちらにも出店いたします。
本当は、このイベントの前に仕入れに行きたかったのですが、イベントと重なってしまい
今回は出店を優先しました。まず、売ってから仕入れ、ですかね。
どちらも本当に魅力のある骨董店が多く、僕自身もたくさんの買い物、仕入れをさせて
もらうことが多いです。掘り出し物狙いの初日オープン直後、日曜は散歩がてら自分の
好きなものをゆっくり探すのにとても良いと思います。是非お出かけください。
東京の店はその2週休みとなりますので、どうかご了承ください。

 

# by pointcinq | 2017-04-01 15:00 | お知らせ | Comments(0)