オーク材の脚立 ラダー


f0074803_10562611.jpg



久しぶりにいい脚立を見つけました。伸ばせば梯子にもなるというもの。
しっかりとしたオーク材で出来ていまして、実用性も十分。
1960-70年代のアメリカのものだと思います。PATなんて入ってますし。

たたんだ状態 幅 49㎝ 奥行 11㎝ 高さ 153㎝ 
脚立の状態  幅 49㎝ 奥行 101㎝ 高さ 144.5㎝ 
はしごの状態 長さ 301.5㎝ 

こんなサイズです。木製の実用できる脚立(梯子)はなかなかないので
サイズ的にぴたりとはまる方はぜひ。そld

f0074803_105784.jpg


f0074803_10573276.jpg

f0074803_1058121.jpg

f0074803_10585871.jpg

f0074803_10592464.jpg

梯子の時は両側のこの金具で引っかけます



お問い合わせ miyawakimodern@gmail.com

画像及びテキストの無断使用は固くお断り申し上げます。 Copyright © 2001 antiques miyawaki modern All Rights Reserved.
 
# by pointcinq | 2017-06-09 11:12 | 品物の紹介 | Comments(0)
皮の首輪


f0074803_10133866.jpg


f0074803_10142629.jpg


見ての通りの革の首輪、犬用です。
このトゲトゲはオオカミから身を守るためのもの。

19世紀のフランスのもの。
革がかなり硬化しているのでベルトをきちんとすることは
できないのですが、このままの状態で壁掛けなどできます。

45,000- 送料込

【補足】
当時、家畜やそれを飼う人間にとって最大の敵は
狼だったと思います。知能の高い狼との戦いはそれはそれは
大変だったでしょう。
子供の頃に読んだシートン動物記の『狼王ロボ』を思い出します。

20世紀に入りフランスのオオカミは一時絶滅したものの
イタリアやスペインから入ってきた(なんせ陸続きですから)ものが
まだわずかにいるそうです。



お問い合わせ miyawakimodern@gmail.com

画像及びテキストの無断使用は固くお断り申し上げます。 Copyright © 2001 antiques miyawaki modern All Rights Reserved.
 
# by pointcinq | 2017-06-06 10:34 | 品物の紹介 | Comments(0)
リアルのゆくえ
f0074803_09075298.jpg
遅くなりましたが、お知らせ。
現在、湘南の平塚市美術館で開催中の展覧会「リアルのゆくえ」、
こちらに祖父、宮脇晴の作品も展示されています。

明治の時代から現代へと、「写実」は様々な作家に表現されながら
変化したり変化しなかったり、脈々と引き継がれてきました。

その群の中に祖父の作品も生きていることを嬉しく思います。
この展覧会は平塚の後も巡回いたします。ご興味のある方は是非お近くの会場まで足をお運びください。
f0074803_09224723.jpg

【企画展】リアル(写実)のゆくえ 高橋由一、岸田劉生、そして現代につなぐもの
2017年4月15日(土) ~6月11日(日)
開館時間 9:30 ~ 17:00(入場は16:30 まで)
休館日 月曜日

4/15ー6/11 平塚市美術館
6/17-7/30 足利市立美術館
8/8-9/18 碧南市藤井達吉現代美術館
9/23-11/5 姫路市立美術館

# by pointcinq | 2017-05-30 09:26 | お知らせ | Comments(0)