タグ:器 ( 83 ) タグの人気記事
ガラス瓶 19世紀フランス
f0074803_13520850.jpg
f0074803_13522712.jpg
f0074803_13524509.jpg
f0074803_13530652.jpg
春ですね。
花粉はぶんぶん飛んできてその到来を告げているというのに
気温のほうはそこまででなく寒い日が続きます。
どうせなら早く暖かくなってほしいものです。
画像はガラス瓶、としましたがデキャンタです。
水やウィスキーなどを入れたものでしょう。フォルムが素晴らしくきれいです。
発掘されたものなのか、もともとの金彩は薄くなり、それに代わりやや銀化が見られます。
どちらも頃合いがよい。
オリジナルの蓋も付いてます。
19C フランス 高さ 蓋無し21cm 蓋有り25.7cm 売約済み
お問い合わせ miyawakimodern@gmail.com
f0074803_13520850.jpg









画像及びテキストの無断使用は固くお断り申し上げます。 Copyright© 2001 antiques miyawaki modern All Rights Reserved

by pointcinq | 2017-03-04 14:04 | 品物の紹介 | Comments(0)
ERCUISのカトラリー
f0074803_15314333.jpg
ERCUIS エルキュイのシルバーのカトラリー。

Chiristofleクリストフルと並ぶ銀器の2トップメーカーです。
よく、これは純銀ですか?と聞かれますが、どちらのメーカーも基本的に銀メッキです。
世の中に流通している食器類、カトラリーも特殊な物を除くとほぼ銀メッキです。
メッキと言うと安っぽく聞こえるのでシルバープレートと言いますが、同じです(笑)。
ですが、この2トップメーカーのメッキは約40ミクロンの厚さがあり、ヨーロッパの家庭で
毎日使っても子供の代までハゲることがないと言われています。

ついでによくある質問。

・すぐに黒くなりますよね?
・大きすぎませんか?

銀は酸化ではなく、硫化によって黒くなります。
通常の使用の場合、お宅が温泉地にあるのでなければ多少のくすみは当然ありますが、
真っ黒になるような事はありません。

大きさですが、これで長さ約20.5cmです。
日本の一般的なスプーンよりひと回り大きいかもしれません。
ですがこれを見てデカっと口走ってしまうあなたのスプーン観はカレーライス🍛を
基準にしすぎているかもしれません。スプーンは毎回パクッと口の中に入れる必要はないのです。
日本のレストランでもみなこのサイズです。問題ありません!

と、まあ長文になりましたが、この手、カトラリーとしても最も古いデザインのひとつで、
僕も1番好きなモデルです。デパート6Fあたりの食器売り場では1本10,000円くらいで
販売されていますので、こういったちょい古や例えば19世紀の物を買ったとしても、
とてもお買い得だと思うのですがいかがでしょうか。

あ、それでももし1年使わずにおいてしまって黒くなったら、鍋に全部入れて、塩を少々、
それにアルミホイルを適当に切って沈め、一緒にグラグラ沸かしてください。
電気分解の作用でピカピカになります。


by pointcinq | 2017-02-25 15:32 | 品物の紹介 | Comments(0)
黄絵のムスチエ皿 18C フランス


f0074803_14322412.jpg



今日の東京、朝は晴れていましたが午後は雲が出てきました。
一週間に一度しか開けない当店、お天気は大事です。
今日は朝から神楽坂、という骨董ファンも多いかと思います。
見ごたえのあるイベントでしょうね。まだという方、明日までやっていますのでぜひ。
 青花の会 骨董祭2016

今日の品物はムスチエの大皿。18世紀モノ。
柄の激しいものはあまり買わないのですが、これはグッときました。
黄一色で描かれているのは右に鳥、左にラッパ吹き、中央上に、うーんこれはなんでしょう、
女性か子供か。。。これだけ見るとシノワズリにも見えますが、ラッパ吹きはシノワズリには
ない柄だと思いますので、やっぱりフランスの伝統柄。時代からいうとルイ王朝ですから、
このオーバルのかたちといい、王道と言ってもいいのかもしれません。

ここではこの黄色がうまく出せなかった。もっと鮮やかな山吹色に近い色です。
ぜひ実物を見に来ていただきたいと思います。

43cm×30.5cm 修復痕あり SOLD


お問い合わせ miyawakimodern@gmail.com

画像及びテキストの無断使用は固くお断り申し上げます。 Copyright © 2001 antiques miyawaki modern All Rights Reserved.
 
by pointcinq | 2016-06-04 14:09 | Comments(0)
銀のゴブレット
f0074803_14374162.jpg

f0074803_1438818.jpg


12月の声を聞くと急に街が人がそわそわと落ち着かない雰囲気になってくるのが
あまり好きではない。好きだった時代もあった気もするけれど。

昨夜、15年ぶりの友人と渋谷で会った。食事をしながらいろんなことを話したが
人生における、出会い、タイミング、運、そんなものを感じずにいられなかった。
まあ、それがすべてと言っても過言ではないですな。

画像は銀のゴブレット。
今までにも何度も扱ってきたうちの定番商品。見つけると買わずにはいられません。
子供の誕生、もしくは誕生日の記念に贈ったもので、イニシャルや番号が入ったものが
多いのは、学校(寄宿舎)や家庭で日常的に使ったものだと思われます。
キャンドルを入れて灯しても綺麗なものです。クリスマスの贈り物にもどうぞ。

a b
f0074803_14383339.jpg


c d e
f0074803_14392443.jpg


a   クリストフル Christofle  12,000-
f0074803_15492062.jpg

f0074803_15494016.jpg


b   売約済み
f0074803_15511847.jpg

f0074803_15514675.jpg


c  cailar bayard  10,000-
f0074803_1556509.jpg

f0074803_15571580.jpg


d  Boulenger   8,000-
f0074803_15581380.jpg

f0074803_15584221.jpg


e   christofle   10,000-
f0074803_15595718.jpg

f0074803_1613886.jpg


その他、純銀のものもありますが、これはまた別の機会に。
正確なサイズが欲しい方はお問い合わせください。

年内は12/12(土)の営業でお仕舞い。よろしくどうぞ。

お問い合わせ miyawakimodern@gmail.com

画像及びテキストの無断使用は固くお断り申し上げます。 Copyright © 2001 antiques miyawaki modern All Rights Reserved.

by pointcinq | 2015-12-05 16:06 | 品物の紹介 | Comments(0)
肉汁の皿 レシュフリット


f0074803_13443232.jpg


f0074803_1345427.jpg


f0074803_13453476.jpg


f0074803_13461016.jpg


f0074803_13463859.jpg


f0074803_1347515.jpg


久しぶりにごついものを。

南仏の肉焼き用の皿、落ちてくる肉汁をこれで受け、同時にこれで野菜(主にジャガイモ)を
調理するための皿。焼けた塊の肉をそのまま、野菜とともにどんと持ってテーブルでサーブしたのでは
ないかと思います。

この手のレシュフリット、ほとんどのものに取っ手と注ぎ口がついているのですが、これにはどちらもなし。
ゆがみながらもすっきりとした四角。(俯瞰画像で見るとよくわかります)

画像の通り、修復痕があります。黒っぽいもので接着してあるのでそこまで嫌味がなく、実際にオーブンに
入れるのは無理にしても、焼けた肉の塊をテーブルにというのはもちろん、果物や野菜を置いておくだけでも
絵になること請け合います、はい。

サイズ 42×26×6.5cm    40,000-

お問い合わせ miyawakimodern@gmail.com

画像及びテキストの無断使用は固くお断り申し上げます。 Copyright © 2001 antiques miyawaki modern All Rights Reserved.
 
by pointcinq | 2015-11-21 14:06 | 品物の紹介 | Comments(0)
アプトの八角皿


f0074803_15150745.jpg

f0074803_15150808.jpg

f0074803_15150969.jpg



マンハッタンというカクテルが好きで、バーに行くと大体1杯はこれを飲みます。
昨日飲んだマンハッタンが美味しすぎて、自宅にも少しずつカクテル用の酒も置いてみようかと
思い始めました。やっぱり飲みすぎるかな。

南仏プロヴァンス、アプトという窯の八角皿。
きりりと引き締まったファイアンスフィーヌの八角に比べると、おっとりと柔軟な感があります。
赤い果物を乗せてセザンヌに絵をかいてもらいたいものです。

直径21cm、同じような状態で2枚あり。 売約済み

来週の土曜日は娘の運動会のため(去年は仕事を入れてしまい、欠席した。。。)
店は臨時休業とさせていただきます。よろしくどうぞ。

お問い合わせ miyawakimodern@gmail.com

画像及びテキストの無断使用は固くお断り申し上げます。 Copyright © 2001 antiques miyawaki modern All Rights Reserved.
 
by pointcinq | 2015-10-03 15:15 | Comments(0)
フリーメイソン皿



f0074803_14114829.jpg

久しぶりのフリーメイソンもの。メイソンものってゴテゴテしたデザインのものが多く
おっと思うものがとても少ないのである。これはそんなに古くないけれど、とぼけた感じの
絵付けと字体で手に取ったもの。直径30cm 売約済み

明日は大江戸骨董市に出店します。今日みたいないい天気になるといいですね。
皆さま、よい週末、連休を。


お問い合わせ miyawakimodern@gmail.com

画像及びテキストの無断使用は固くお断り申し上げます。 Copyright © 2001 antiques miyawaki modern All Rights Reserved.
 
by pointcinq | 2015-09-19 14:12 | 品物の紹介 | Comments(0)
南仏の白釉水差し二つ
f0074803_13015200.jpg
夏のページをぱらりとめくったかのように、唐突とも思えるほど秋になりました。
あの夏の日々はもう遠い日のよう。

南仏の水差しを二つ紹介します。
左は18世紀のNevers(ヌヴェール)窯。右もおそらく同じような時代の同じ窯。
どちらもふっくらとしたシェイプに青の絵付けで、わりと大きめの水差しですがごつすぎず
女性的な印象。右はその昔、オイルを入れていたものです。おそらく、食料品店でオリーブオイルを
この容器に入れて計り売りしていたのではないかと思います。
「このオリーブオイル1リットルちょうだい」「あいよ」でここから瓶に移してくれたはず。
高さ23cmと26cm、左 SOLD , 右70,000-
お問い合わせ miyawakimodern@gmail.com
f0074803_13024720.jpg
f0074803_13025620.jpg
f0074803_13030657.jpg
f0074803_13031516.jpg

画像及びテキストの無断使用は固くお断り申し上げます。 Copyright © 2001 antiques miyawaki modern All Rights Reserved.
 
by pointcinq | 2015-08-29 13:14 | 品物の紹介 | Comments(0)
白のコーヒーカップ


f0074803_13334734.jpg


f0074803_1334418.jpg


お盆も過ぎ、高校野球も夏休みも終わり、ちょっと過ごしやすくなりました。
それにしても今年も暑かった。なんだか年々暑くなっている、、、というようなことを
呟いたところ、ところが全然そうでもないのよと家人が平均気温と最高気温などのデータを
添付して教えてくれました。ほとんど昔から変わってません、本当でした。
人間がエアコンに慣れて堕落したのですね。そりゃそうだ、どこに行ってもエアコンだもの。

というわけで、夏休みによって堕落した私もぼちぼちと今日から店を開けています。
子供が夏休みのうちはまだもう少し堕落しますが。

久しぶりに熱いコーヒーを飲んだので、今日はコーヒーカップの紹介を。

まず上の2点はやや大きめのホットチョコレート(フランス語でショコラ・ショー)用だったもの。
ぶ厚い磁器製で冷めにくくなっている。(フランス人は猫舌が多いのであまり関係ないはず)
特に左はずっしりと重いです。内側に2cmほどの窯キズがありますが、使用に問題はないと
思います。

左 12,000-  右 売約済み



もうひとつ。

f0074803_13513234.jpg


f0074803_13515547.jpg


f0074803_13522062.jpg


f0074803_13524749.jpg


こちらは1930-50年代くらいのデッドストック。長く倉庫で眠っていたもののようです。
全部買い占めてきたので、あと70個くらい在庫があります。こちらも磁器製。 
毎日の食卓にどうぞ。 ひとつ 4,800-

お問い合わせ miyawakimodern@gmail.com

画像及びテキストの無断使用は固くお断り申し上げます。 Copyright © 2001 antiques miyawaki modern All Rights Reserved.
 
by pointcinq | 2015-08-22 13:57 | 品物の紹介 | Comments(0)
夏の器、ガラス


先日の大江戸骨董市、本当に本当に暑い中、たくさんの御来客、ありがとうございました。
翌日から黒磯へ、黒磯から会津田島の田島祇園祭にお呼ばれしまして、郷土の祭り料理を
手伝ったり、祭りの屋台をひいたり、たくさんの子供と遊んで飲んで食べて温泉入っての4泊5日、
満喫の一週間でした。これが夏休み!しかも始まったばかりですから、もう楽しくなってしまいます。

もちろん、今日はお仕事お仕事。13時から17時まで店を開けています。暑いのでのんびりどうぞ。

さて今日のお品ひとつめ。
f0074803_14354241.jpg


f0074803_14361729.jpg


f0074803_14362919.jpg


f0074803_14381483.jpg


f0074803_1438265.jpg


ファイアンスフィーヌの白いうつわ、なんですが初見です、見たことありません。
おそらく、卓上の塩入れではないかと思うのですが、どうなんでしょう。
同じものかと思いきや、左のほうがやや時代が古いようで釉薬はやや褐色、
エッジがよく立っていてベースが一回り大きい。
持っていたものと同じものを、やや後の時代に買い足した、というところでしょうか。

メーカー、窯元は不明ですが、creilとかmontereauとかまあそのあたりでしょう。
1800年から1850年くらい。 左20,000- 右16,000-



今日のお品ふたつめ
f0074803_1444469.jpg


f0074803_1445059.jpg


f0074803_144512100.jpg


18世紀フランスのコンフィチュール(ジャム)ガラス。
やや黒みがかったゆらゆらの脚付きガラスはかなり珍しいものだと思います。
かき氷なんかやってみたい。 直径10.5cm H7cm   25,000-

8月2日(日)、もういちど暑い中、大江戸骨董市に参戦します。

お問い合わせ miyawakimodern@gmail.com

画像及びテキストの無断使用は固くお断り申し上げます。 Copyright © 2001 antiques miyawaki modern All Rights Reserved.
 
by pointcinq | 2015-07-25 14:54 | 品物の紹介 | Comments(0)