タグ:展示会 ( 46 ) タグの人気記事
来週は京都ふるどうぐ市


f0074803_1738848.jpg


来週は京都ふるどうぐ市に出店します。(店は休みとなります、ご注意!)
毎年楽しみにしているイベント。前乗りしてちゃちゃっと設営を済ませてどこで一杯やるか、
これほんとに大事でして、今回もまだ見ぬ噂の居酒屋を想像するだけでまた一杯酒が
飲めるというもの。困ったもんです。

関西の皆さま(もちろん、それ以外の皆さまも)、どうぞお誘いあわせの上、おいでください。

今日も一つだけ品物の紹介を。

f0074803_1741254.jpg


f0074803_17415217.jpg


時計の中身。
ホールクロックという大きな柱時計の機械部分だけ。それも歯車もその他部品も揃ってはいないし、
もう時計ではなくなったオブジェ。こういうのを探していたのです。
あー、いいな、よさそうだなと思って引き上げると文字盤が付いていたり、機械が完品だったりで
まだ「時計」だとなかなか買える価格じゃない。

今回の仕入れでは、今日はこの骨董市しかない、という状況が多かったので
一日中徹底的に「掘る」ということが多かった。それであらゆる箱の中、あらゆるケースの中を
ガサゴソと掘ったので本当に楽しい出会いがいくつもあった。
こうしてまた初心に戻っていくわけです。
が、しかし、次回の同じ業者のケースは中身がまったく変わっていないため、ぺんぺん草も生えてない。
欲しいものがひとつもない、という事もよくあるのですね。そして我々は野生動物のようにテリトリー内を
時にその外にまで移動していくことになるのです。
あー大変。

時計の中身 24,000-

お問い合わせ miyawakimodern@gmail.com
      
by pointcinq | 2016-04-16 17:54 | 品物の紹介 | Comments(0)
大草原の小さな店
f0074803_22371480.jpg


以前、神戸はトリトンでの展示会中に偶然にもお知り合いになった
オートマタというカラクリ箱を作る原田さん、彼が主催するイベントに娘と二人で
参加します。店は休みとさせていただきます、ご了承くださいませ。

僕もまだ全貌がわかっていないのですが、どうもこの『大草原』、原田さんちの広大な庭?
そちらに主催のオートマトンさんをはじめ、面白そうな方々があちこちから参加します。
どのようなイベントになるのでしょうか。ちょっと雨が心配ですが、雨でも
なんとか出来るよう、いまあれこれ手を打ってくださっているようです。

是非お越し下さい。 大草原の小さな店HP


〜小さなお店〜
宮脇モダン (フランスのガラクタ / 東京)
Chappo (帽子 / 東京)
kata kata (型染め・注染・プリント / 東京)
KULUSKA (オリジナルプロダクト・ワークショップ / 鎌倉)
FRANK (ごはん / 山口)
CAPIME coffee (喫茶・珈琲豆 / 山口)
AUTOMATON( オートマタ・お飲物 / 山口)

☆16日のみ出店
horta【オルタ】 (パン・焼菓子 / 広島)
マサオカ創建&moss (フード・アウトドアグッズ / 山口)
光浦醸造(味噌・醤油・乾物/ 山口)

☆17日のみ出店
CASICO (自家製ソーセージ・天然酵母のワイン / 広島)
SHOCO MITA (ヨーロッパの郷土菓子・焼菓子 / 広島)
KifuL (レデッカー社製品など生活雑貨 / 福岡)



by pointcinq | 2015-05-14 22:43 | お知らせ | Comments(0)
1/15より3日間 名古屋で機石荘サロンでイベントです


f0074803_1721673.jpg


f0074803_1723322.jpg



僕がパリに渡り、今の仕事を始めたのが2001年、フランスフランというお金が現在のユーロに
ちょうど切り替わるところでした。仕事を始めたと言っても、まだどうしていいかもわからない状態で
売上もなにもない時代に声を掛けてくれたのが機石荘、藤原更さんでした。

こうして今も一緒に仕事をさせてもらえるということに、とても大きな縁を感じます。

彼女の新しいお店のファーストイベントに招待いただきました。
来週末、3日間限定でイベントを催します。どうぞお越しください。

『ヨーロッパの古道具 antiques miyawaki modern』 展
 
 1月16(金),17(土),18(日) open 11h30-18h00

 機石荘サロン
 名古屋市東区泉1-16-20 コルネイユドー内ロフト
 電話052-212-5685




お問い合わせ miyawakimodern@gmail.com
      
by pointcinq | 2015-01-10 17:13 | お知らせ | Comments(0)
「ヨーロッパの古道具と花」展  DEE'S HALL


f0074803_12214667.jpg


10月もあと僅かとなり、なんとなくなんとなく年末の影がちらついてきます。
忘年会なんていう言葉も聞こえ始めるころかと思います。

僕のほうも気が早いのですが、今年の総決算、今までの集大成、そんな展示会を
開催することになりました。

「ヨーロッパの古道具と花」展    website

11月5日(水)~11月8日(土) 

DEE'S HALL  
東京都港区南青山3-14-11 地下鉄「表参道」A4出口 徒歩3分
tel. 03-5786-2688  web            Map


宮脇モダンの古道具に花人・江口宜舟(えぐちぎしゅう)さんが花を添えます。

金曜と土曜は古道具を使っての講座「椿の一輪生け」を開催します。

会場は古道具だらけですから、あれこれライブで使って楽しい講座になると
思います。講座の詳細はこちらから DEE'S HALL EVENT


皆様に楽しんでいただけるよう、あれこれ考えてお待ちしています。


お問い合わせ miyawakimodern@gmail.com
   
by pointcinq | 2014-10-24 12:19 | お知らせ | Comments(0)
仕入れ終了


f0074803_15104058.jpg

f0074803_15104172.jpg

f0074803_15104237.jpg

f0074803_15104320.jpg

f0074803_15104485.jpg

f0074803_15104613.jpg

f0074803_15104778.jpg


2週間の仕入れを終えて無事に戻っています。
あまりに凝縮された時間だったので(つまりタイトな日程)、ひと月くらい旅をしていた
ような感覚です。仕入れは重さで言うと約200kgちょっと。充実の仕入れとなりました。

スタートはパリのシャルル・ド・ゴール空港、そのままパリに足を踏み入れることなく
TGVでまず南仏へ。そこでレンタカーを借りて、そのまま南仏、グルノーブル、ジュネーブ、
ローザンヌ、ブリュッセル、ブルージュ、パリ、ル・マン、再びパリ。
約3000キロのクルマ旅、よく走りました。

仕入れの品は本日より順次店頭に並んでいます。
来週は名古屋・円頓寺のパリ祭に出店のため臨時休業いたします。

その後、11月5日(水)~11月8日(土)に青山のDEE'S HALL にて
「ヨーロッパの古道具と花」と題し、江口宜舟さんとコラボレートしたイベントを行います。
今年の集大成ともいえるこのイベント、DMも擦りあがり胸が高鳴ります。
どうぞお楽しみに。詳細は次回。

f0074803_15244175.jpg



お問い合わせ miyawakimodern@gmail.com
      
by pointcinq | 2014-10-04 15:09 | Comments(0)
古物と花 展示会のお知らせ  於月日荘



   


f0074803_1903665.jpg


この週末よりいよいよ名古屋での展示会が始まります。
長いあいだ準備してきたイベントです。是非お越しください。

こちらのイベントに伴い、3月は東京での店の営業が変則的になります。
(カレンダー参照)
そして、4月からは毎週土曜日のみの営業となります。
ややこしくて申し訳ありませんが、どうぞよろしくお願いいたします。

f0074803_1945212.jpg


お問い合わせ miyawakimodern@gmail.com
   
by pointcinq | 2014-03-05 19:06 | お知らせ | Comments(0)
転がるおもちゃ


今回の旅、急に思い立って準備が甘かったのか日程がタイト過ぎたのか、
わりとトラブルの多いものとなりました。その都度、途方に暮れそうになる気持ちを抑えて
時に迅速に、時にもつれた糸をほどくように解決していくのはそれなりに消耗します。
あー疲れた。

旅の始まりはパリ・リヨン駅。いつもここからTGVで南仏に向かいます。
f0074803_14145450.jpg


今回はたまっていたマイレージを使い、ちょうど1席だけ残っていたJALとAIR FRANCEの
コードシェア便を予約。そのせいでチェックインのターミナルを間違える、周りにはずっと
サッカーのサポーターなのか、酔っ払ったフランス人がわんさかで出発前から気持ちが
げんなりしていたのだけれど、搭乗直前にビジネスクラスにアップグレードしていただきemoticon-0169-dance.gif
しかも乗りたかったA380初搭乗ということで、AFへの嫌な印象もすべて帳消しにして
拝みたくなるような心境でした。もうそのまま南仏まで飛んでしまいたかった。

パリの駅はどれも美しくて(不潔だけど)、このリヨン駅が特に美しいというわけではない。
屋根があって、電車が何本も入ってくる。そういう駅舎の良さなんだろうな。日本のような
右から左にどんどん流れていくシステムではこの美しさは保てない。そしてこの美しい駅舎の
システムは効率が非常に悪い。

発車時刻の15分くらい前にならないと、自分の乗る列車のホームの番号がわからないのだ。
だから大勢の人がその時間まで例のパタパタとするインフォメーションボードの前で待ち、
表示されると大移動が始まる。

基本的にあらゆるものがダイヤ通りに運航される日本の交通システムに慣れていると
本当に唖然とするほど効率が悪いのに、誰も不便を感じないと言うのはやっぱり慣れの
問題なのだろうな。

f0074803_14541183.jpg


f0074803_14543461.jpg


f0074803_14544856.jpg


今日のお品はそんなアナログな時代のアナログなおもちゃ。
取っ手を持って地面を転がすとおはじきがパチパチ、鈴がリンリンリン、それだけのもの。
細い車輪と針金との華奢な作りが本当に美しいと思い、大事に持って帰りました。

車輪の直径41cm、持ち手を入れた全長59cm 20C初頭フランス  SOLD

お問い合わせ miyawakimodern@gmail.com



来月のイベントのお知らせ

先日は料理家・細川亜衣さんと奈良で「器と料理」を楽しみました。
次は花人・江口宜舟さんと「古物と花」で楽しみたいと思っています。

展示販売と花の稽古、是非お楽しみに。

f0074803_150295.jpg



お問い合わせ 月日荘 tukihiso.com

  







    
by pointcinq | 2014-02-21 14:56 | 品物の紹介 | Comments(0)
『愛・知のリアリズム 宮脇晴の周辺』 豊田市美術館
f0074803_16232150.jpg




今年もどうぞよろしくお願いいたします。

新年初めのブログは手前味噌ながら祖父の展覧会を。

そんなに有名とは言えない祖父の展覧会
(実際には祖父を中心とした画家の展覧会ですが)を
豊田市美術館の企画展で取り上げていただきました。

これを機に、たくさんの方に観ていただければと思います。

画像は祖父がおそらく15歳くらいの自画像。


『愛・知のリアリズム 宮脇晴の周辺』
Haru Miyawaki and his milieu    WEB

会  期:2014年 1月7日[火]-4月6日[日]
休 館 日:月曜日 (1月13日は開館)
開館時間:午前10時-午後5時30分(入場は午後5時まで)
主  催:豊田市美術館
共  催:中日新聞社
観 覧 料:一般500円[400円]/高校・大学生400円[300円]



お問い合わせ miyawakimodern@gmail.com
   

by pointcinq | 2014-01-09 16:31 | お知らせ | Comments(0)
TEATRO DE SALE  第2幕




長いつもりの夏休みはあっという間に過ぎ去り、日々の営業に戻りました。

とはいえ、明日から名古屋ですから、通常営業とは言え店内は荷物でいっぱいです。

明日の午前中に仕上げと積み込みをして、そのまま名古屋へ。

お店への搬入とディスプレイは営業終了後になるかと思います。

休み明け一発目の仕事としては、大きな仕事で気合が入ります。

土曜、日曜の二日間のみのイベントです。ぎゅっと凝縮して、たくさんのお客様に

お越しいただきますよう、祈っております。どうぞよろしくお願いいたします。



8月24日(土) 8月25日(日) 

OPEN 11:00 CLOSE 20:00

Teatro de sale テアトロ・デ・サーレ

名古屋市中区大須3-13-12

Phone&Fax/052-242-1333

Web



by pointcinq | 2013-08-22 15:23 | お知らせ | Comments(0)
リヨンの木球 deux balles lyonnais
f0074803_16151976.jpg


f0074803_1616124.jpg


f0074803_16162964.jpg


f0074803_16164818.jpg




「これ、なんですか?」と、よく聞かれます。
「木のボールです、球です」と、答えるのですが、あまり満足いただけないことが多い。
そのたびに、なんと答えればよかったのか考えるのだけれど、木の球は木の球。

「リヨンのボール」と呼ばれ、ボウリングのようなことをして遊ぶものらしい。
(ペタンクではない、それはまた別の遊び)
木の根に近い部分を丸くしたものなので、固いし重い。試したことはないけれど
水に沈むのではないかと思う。

ゴロゴロと100年以上も転がって来ただけに古色と言いますかアジも物凄い。
それで木製には見えず冒頭のようなことを聞かれるのかもしれない。

この質感と影が好きなのです。

直径約11cm  売約済み

お問い合わせ miyawakimodern@gmail.com


8月24(土)、25(日)と名古屋・大須のTeatro de Saleにて展示会を催す運びとなりました。
それに伴い、その直前の23(金)は準備のためお休みとさせていただきます。
詳細はまた追ってこのブログとfacebookでお知らせいたします。どうぞよろしくお願いいたします。
      
f0074803_1624017.png

by pointcinq | 2013-08-02 16:21 | 品物の紹介 | Comments(0)