タグ:旅 ( 51 ) タグの人気記事
仕入れより戻りました


f0074803_17012887.jpg



無事に戻っています。帰国後、私用も重なり、人生で一番忙しい日々です。
あー、忙しい。

今回の仕入れ旅は2週間と最近にしては一番長いものになりました。
どうしても外せないと思われる骨董市がいくつもあって、あっち行ってこっち行ってで
やはり今回も3000km以上の長いドライブでしたが、tamiserと二人、仕入れも、食事も、
おまけの社会見学も、あれこれ役割分担うまくいき、最高の旅となりました。

旅の様子はInstagramにもアップしてあります。よろしければmiyawakimodernでご覧ください。

さて、今日はお金のお話。
仕入れにはお金が必要、それも現金が必要です。僕がこの仕事を独立して始めたのは21世紀に
なった頃ですが、その時代からいろんな方法を試してきました。制度やシステムが大きく変わって
使えなくなってしまったトラベラーズチェック、パリで一番レートのいい両替商、そこに行く時間が
取れない時は日本の銀行で両替(商品券がもらえたりする)、ちょっと怪しい感じのする大黒屋、
クレジットカードで支払いがきる上にマイレージが付き、しかも家に配達してくれるトラベレックス、
外貨預金がそのまま使えるGaica、そして最終がキャッシング。

このキャッシングが盲点でした。幼少の頃より「借金は罪」と教えられて育ったお坊ちゃまとしまして
クレジットカードの分割払いもリボ払いもすべて拒否して生きてきました。キャッシングなんて
ありえません。そんなところから人間は堕落するのだと頑なになって生きてきました。

が、しかし、今回初めて恐る恐る使ってみたこのキャッシング、恐ろしくも素晴らしいものでした。
まず、レートが安い。通常、外国での買い物にはVisaなりMasterが定める為替に1.55%程度の
手数料が加算されたものが決算のレートとなっています。知っていました?

それが、キャッシングの場合はその1.55%がつかず、そのままのレートなんですね。
そのままのレートでお金を借りる、ということなんですが、当然それには結構な金利が付きます。
たぶん、サラ金並みの18%とかそれくらいのはず、なんですが、帰国後すぐにカード会社に
電話をかけて、キャッシング分を今日清算したいですと伝えれば、今日までの金利で済みます。
ちなみに、今回およそ15万円くらいのキャッシングをして、帰国後すぐに返済したので手数料は
300円程度でした。最高のレート(今回は平均113.5円)で両替して、手数料が300円!

新生銀行のキャッシュカードで日本の口座に入っているお金をユーロで引き出す場合、3万円程度が
一回の限度額で、そのたびに手数料が300円かかります。しかもレートは上と同じ日だと118円とか
それくらいのレートが適用されます。
ちなみに、日本の銀行で両替する、トラベレックスのマイレージ付きのクレジットカード支払いでも
今回119円くらいでした。でもこれは旅のあいだにレートが変化しているので、純粋に比べられる
数字ではありませんが。

それでもこのキャッシングの手数料の安さは群を抜いていますな。
もっと早く知らなくてはいけなかった。

今回の旅でも、ありとあらゆることで経験値が物を言うなと感じました。
知っているか知らないか、つまりは調べておけばというか、ちょっと下調べして
おくだけで信じられないくらいことがスムースに運ぶわけです。

なんでも勉強。そして知識は力に。

開店時からたくさんのお客さんに来ていただき、感謝です。

画像は19世紀のパレット。淡く残る色が儚い光のようで好きです。
SOLD

お問い合わせ miyawakimodern@gmail.com

画像及びテキストの無断使用は固くお断り申し上げます。 Copyright © 2001 antiques miyawaki modern All Rights Reserved.
 
by pointcinq | 2016-10-01 17:00 | 品物の紹介 | Comments(0)
旅と地図

f0074803_15555318.jpg


旅の準備をしています。

その昔、インターネットと車のナビがまだこれほどに普及してなかった時代(ある年代より下は
想像もできないかもですね)、僕の知識も経験も足りなかったせいもあり、どこに出かけていくのにも
それはまあ大変であった。大げさではなく大冒険だった。

パリで車を運転するって、今でこそ簡単にやってしまいますが最初の頃はルールもノリもわからないので
友達の車を借りて深夜のパリをあちこちただ走り回るというなんだか楽しい練習をしたものだった。
日頃の移動はもっぱらバス派だったので、パリの土地勘をなんとなく身に着けるのにそれほど苦労は
いらなかったのだけれど(東京はいまだにダメ)、たとえばパリから出てシャルトルに向かう、という
ただそれだけのことができなかった。パリを囲む環状線に乗って、この出口を右、A6をこっち方面、
そのあと、こっち、のようなことを地図とともに膝の上に置いてふらふらと運転したものだ。

完全に迷ってしまい、何度も人に道を尋ねるも、今度は語学力不足でなんとなくしかわからない。
適当にわかった、と言ってみてから、やっぱわかんねーなと思うこともあり、もう着けなくていいやと
あきらめかけたことも何度もあると思う。

その頃から、ぐぐぐっとインターネットが普及し始めてきて、ミシュランのHPで行先までの細かい行き方を
プリントアウトして持っていくという時代もあった。これもいったん外れてしまうと応用が利かず、意外と
大変だった。

そんな時代を経て、ネットがさらに便利になって、ナビを購入して、今やiPhoneひとつあれば本当に
どこにでも行けてしまう時代になった。それによって、僕が大事にあたためていた秘密の骨董市なんかも
あっさり若いバイヤーが来るようになったりと弊害もあるにはあるけれど、まあ便利になった、いいことだ。

でも人間ってほんとにバカというかなんというか、そういう文明の利器が現れて便利に使い始めると
それがなかった時にどうしていたかをあっさりと忘れてしまうのですね。町に設置してある地図を見たり
人に聞いたりすれば2分で行けるところに、GoogleMapに頼りすぎて迷ったというのと同じです。

いざというとき、やっぱり紙の地図。大事なのです。

ということで、旅の準備中。地図はミシュランといちおう決めています。

来週から9/10、9/17、9/24と休みます。どうかよろしくお願いいたします。


お問い合わせ miyawakimodern@gmail.com

画像及びテキストの無断使用は固くお断り申し上げます。 Copyright © 2001 antiques miyawaki modern All Rights Reserved.

by pointcinq | 2016-09-03 16:25 | お知らせ | Comments(0)
来週は福岡

日本一、いや世界一とも評される焼肉屋に行ってきました。東京の北のほう、荒川にかかる
鹿浜橋を渡って、もうちょっとで埼玉というところにあるその店の名はスタミナ苑。

いろいろな本にも取り上げられていて、「いつかは」という思いを胸に秘め暮らしていたのですが
ついにその日が。そういうこととなると店を早仕舞いしてでも付き合ってくれるエンゲルの友。

7時過ぎに渋谷で待ち合わせ、そのまま山手線で池袋、ここから乗り換えて赤羽下車。
この赤羽にもいつかは来たい居酒屋の名店があるので、なんとなく後ろ髪をひかれながら
タクシーに乗って10分くらいで到着したのが8時。おー、噂通りの入店待ち行列が15人くらい。
近くのコンビニでビールを買って飲みながらのんびりと待つ。意外にも列は進み、30分後には
席に座ることができた。

事前に注文は考え抜いていたので、さっと注文してマッコリで乾杯。
いやー、もう楽しみで楽しみでこの場でもまだそわそわしちゃう。

キムチ
ハツたたき 売り切れ
アキレス腱
生野菜サラダ
チシャバ
もつ煮込み塩
上タン塩
並ハラミ 売り切れ
並切り落とし(カルビ)
ミックスホルモン×2
あぶりレバー
焼き万願寺唐辛子
コムタンスープ
杏仁豆腐

こんなところだったはず。
参りました。ホルモンが素晴らしかった。ハラミやカルビなどの正肉は高いお金を出せば
それなりに質が上がっていくものだけど、ホルモンは上質のそれを仕入れることのできる店は
限られている。そういう点でスタミナ苑のホルモンはなんというか、ピンと角が立っている。
見た目にも美しく、香りがいい。そこに隠し包丁などの仕事がしてあるから、歯ごたえが程よく
するりと収まっていく。味付けも控えめで肉の味をしっかり感じられる。素晴らしい☆☆☆
サイドメニューの味付けも同じく控えめで、どぎつさがない。アキレス腱も煮込みもコムタンスープも
素晴らしかった。フレンチの一皿のようでした。

こんなお店が近くにあったらな。5時オープンでその直後なら並ばずに入れるらしい。
僕にぴったりじゃないか。まあ、こういうお店は駒沢にはないですよね。
なんでもほしがってはイケマセン、はい。

それでいよいよ来週は店を休みにして、福岡出張です。
料理家の渡辺康啓さんが主宰するマーケットに出店します。

福岡は上述の焼肉屋みたいな店が、結構あちこちにあってアクセスが良い、近い、
という僕のような人にとっては夢のような町です。マーケットはもちろんですが、
あちこち歩いて食べるのもとても楽しみ。メンバーも濃ゆい!どうぞ朝から並んで
楽しいものを見つけてください。

以下、ご案内です。

7月3日は夏のマーケット。
会場は薬院のBBBポッターズの5階スペースです。
福岡県福岡市中央区薬院1-8-8
今回の出店者はこちら。
雑貨
・Light Years(インド、モロッコの布物、小物など)
・山口和宏(木彫作家)
・辻和美(ガラス作家)
・くるみの木(雑貨)
・LAISSER FAIRE(小物、衣類)
・doi(布小物、エプロンなど)
・humoresque(洋服)
アンティーク
・宮脇モダン(フランスアンティーク)
・BAGATTO ANTIQUE(イタリア、イギリスアンティーク)
・DRAWER MARKET(ヨーロッパアンティーク)
飲食
・APOC(パンケーキ)
・teteria(紅茶)
・creapa(コンフィチュール、焼き菓子など)
・オオヤコーヒー(コーヒー、豆)
・細川亜衣(テイクアウトフード)
・chanowa(中国茶、菓子)
・すどう(焼肉丼、カレー、プリン)
・タロー屋(天然酵母パン)
・とどろき酒店(ワイン)
・ほいあん堂(お菓子)
・ゆむたファーム(卵、野菜)
11時開場となります。
当日は、9時半より整理券をお配りする予定です。
51番以降の方は11時半以降、80番以降の方は12時以降、100番以降の方は12時半以降
といった感じのご案内となるかと思いますので、どうぞお早めに整理券をゲットしてください。
なお、BBBポッターズ店舗のご迷惑とならないよう、入場待ちの方は店舗内でお待ちにならないよう
お願い申しあげます。
今回は食べ物と飲み物のコンビネーションをメインに楽しんでいただこうと考えています。


お問い合わせ miyawakimodern@gmail.com

画像及びテキストの無断使用は固くお断り申し上げます。 Copyright © 2001 antiques miyawaki modern All Rights Reserved.
 
by pointcinq | 2016-06-25 15:19 | お知らせ | Comments(1)
仕入旅の準備

今月は3/19、3/26を仕入れのため休ませていただきます。
4/2からの営業となりますので、どうぞよろしくお願いします。


f0074803_14373981.jpg


相変わらずの花粉に悩まされています。何をするのにも途中で鼻が垂れてくるので
あらゆる作業、仕事がスローになります。はい。

そこで、というわけではありませんが今月の後半はフランスに仕入れに行くことにしました。
あちらに行けばアレルギーとはおさらば、鼻もすーすーのはずですが、そうは問屋が全然おろさず
スギ以外の花粉でフランスでも同じようにくしゃみが出てしまうのです。

まあそれはあきらめて、今回も強行軍。パリの空港からそのままレンタカーで南へ、パリには一度も
1mmも足を入れることなく9日間、ひとりで3000kmくらい走ることになりそう。移動しながら
梱包して最後にレンタカーを空港で返して飛行機。一人だし、長いし、恐ろしくハードです。

旅に間違いやトラブルはつきものですが、こういう旅の場合、ひとつの失敗が大きく響くので
なるべくなるべくミスはなく、忘れ物なく、下調べをしっかりして、起こり得るトラブルを想定して
とにかく準備、下準備です。

レンタカー予約(安い!と思って飛びついたらシャルルドゴール空港のターミナル1でした、キャンセルのために
わざわざフランスに電話しなくちゃいけないし、キャンセル料にクレジットカード手数料だって。とほほ。)
ほぼ毎日違うホテルに泊まるので、その日その日、どこの町に行くか、どの骨董市があるか、大きいか小さいか
絶対やってるか、連絡先と町から町の移動時間もGoogleMapや海外の骨董市情報サイトをあれこれ
チェックしてにらんで間違いないことを確認してホテルの予約。駐車場はあるか、エレベーターあるか、
そんなことも考えつつ、という具合。はい、もう何度も失敗してますから!

それが済むと、パスポート期限、免許証(日本と国際免許)の期限、クレジットカードもチェックして
長い長いパッキングリスト。梱包用具、雨具、地図.etc...でもこのパッキングリストはもう何度も何度も
繰り返して使っているので、だいぶ「仕上がった」ものになってます。旅の知恵が詰まってます。
たぶん、普通の人が見たら笑っちゃうものがいっぱいなんですが。

はい、では今日も頑張ります。今月は3/19、3/26を仕入れのため休ませていただきます。
4/2からの営業となりますので、どうぞよろしくお願いします。


お問い合わせ miyawakimodern@gmail.com

画像及びテキストの無断使用は固くお断り申し上げます。 Copyright © 2001 antiques miyawaki modern All Rights Reserved.
 
by pointcinq | 2016-03-05 15:04 | お知らせ | Comments(2)
大草原の小さな店
f0074803_22371480.jpg


以前、神戸はトリトンでの展示会中に偶然にもお知り合いになった
オートマタというカラクリ箱を作る原田さん、彼が主催するイベントに娘と二人で
参加します。店は休みとさせていただきます、ご了承くださいませ。

僕もまだ全貌がわかっていないのですが、どうもこの『大草原』、原田さんちの広大な庭?
そちらに主催のオートマトンさんをはじめ、面白そうな方々があちこちから参加します。
どのようなイベントになるのでしょうか。ちょっと雨が心配ですが、雨でも
なんとか出来るよう、いまあれこれ手を打ってくださっているようです。

是非お越し下さい。 大草原の小さな店HP


〜小さなお店〜
宮脇モダン (フランスのガラクタ / 東京)
Chappo (帽子 / 東京)
kata kata (型染め・注染・プリント / 東京)
KULUSKA (オリジナルプロダクト・ワークショップ / 鎌倉)
FRANK (ごはん / 山口)
CAPIME coffee (喫茶・珈琲豆 / 山口)
AUTOMATON( オートマタ・お飲物 / 山口)

☆16日のみ出店
horta【オルタ】 (パン・焼菓子 / 広島)
マサオカ創建&moss (フード・アウトドアグッズ / 山口)
光浦醸造(味噌・醤油・乾物/ 山口)

☆17日のみ出店
CASICO (自家製ソーセージ・天然酵母のワイン / 広島)
SHOCO MITA (ヨーロッパの郷土菓子・焼菓子 / 広島)
KifuL (レデッカー社製品など生活雑貨 / 福岡)



by pointcinq | 2015-05-14 22:43 | お知らせ | Comments(0)
仕入れ終了


f0074803_15104058.jpg

f0074803_15104172.jpg

f0074803_15104237.jpg

f0074803_15104320.jpg

f0074803_15104485.jpg

f0074803_15104613.jpg

f0074803_15104778.jpg


2週間の仕入れを終えて無事に戻っています。
あまりに凝縮された時間だったので(つまりタイトな日程)、ひと月くらい旅をしていた
ような感覚です。仕入れは重さで言うと約200kgちょっと。充実の仕入れとなりました。

スタートはパリのシャルル・ド・ゴール空港、そのままパリに足を踏み入れることなく
TGVでまず南仏へ。そこでレンタカーを借りて、そのまま南仏、グルノーブル、ジュネーブ、
ローザンヌ、ブリュッセル、ブルージュ、パリ、ル・マン、再びパリ。
約3000キロのクルマ旅、よく走りました。

仕入れの品は本日より順次店頭に並んでいます。
来週は名古屋・円頓寺のパリ祭に出店のため臨時休業いたします。

その後、11月5日(水)~11月8日(土)に青山のDEE'S HALL にて
「ヨーロッパの古道具と花」と題し、江口宜舟さんとコラボレートしたイベントを行います。
今年の集大成ともいえるこのイベント、DMも擦りあがり胸が高鳴ります。
どうぞお楽しみに。詳細は次回。

f0074803_15244175.jpg



お問い合わせ miyawakimodern@gmail.com
      
by pointcinq | 2014-10-04 15:09 | Comments(0)
仕入れ旅 いってきます


すっかり秋になり、気持ちの良い風が吹いています。秋はいいもんです。

さて、来週より仕入れに行って参ります。約2週間の旅となりますので、
次のオープンは10月4日(土)となります。

どんな品物に巡り会えるか、どんなものを選び取れるのか、楽しみです。
とりあえず、忘れ物がないように何度も確認。今回はアルプスの麓、グルノーブルにも
ちょっと寄ってみたいなと思っとります。


お問い合わせ miyawakimodern@gmail.com
      
by pointcinq | 2014-09-13 15:35 | 品物の紹介 | Comments(0)
鉄の燭台


あー、久しぶりのいい天気、かつ雷雨の心配がない。ありがたいです。
家の中にいても、店にいてもやることを指折り数え、ひとつずつやるしかない。
夏の仕入れの相談もありまして、なかなかどうして(週1営業のくせに)忙しいのです。
あ、今日は娘の父親参観日だし、明日は朝からサッカーを観なくちゃいけないという
事情もあります。ね。

仕入れの旅の事を少し話します。
まずはチケット、大事です。これがいま結構高いですね。(25!)
それと同じくらい大事なのが、そのあいだの子供を預ってもらうこと。これがプライスレス。
そしてレンタカー、列車、これの乗り継ぎと乗り捨てとその料金等をいろいろ練ってから、
ホテル。ま、これはどうにでもなる。それから大事なお金の計算。上のものを先に予約、
クレジットカードで支払いを済ませるものだから、ものによっては出発前に引き落とされ、
帰ってすぐ、一番ピーピーのところにも請求書は容赦なくやって来て、それがまた翌月、
翌々月までガソリン代だ食事代だスピード違反だなんだかんだと続くわけであります。

こういう経験がないなんていう骨董屋さんはいないはず。
そんな潤沢な資金のある骨董屋などこの世にいないと信じたい!
というわけで、帰ってきてすぐに店や骨董市でモノが売れるというのは本当に胃袋に
しみるようなありがたいお話なのです。

今日は骨董屋の素晴らしさについてのお話でした。ありがとうございます。

それで、爪に灯をともすようなということで燭台をひとつ。

f0074803_1611666.jpg


f0074803_16114462.jpg


f0074803_1612047.jpg


江戸のものですが、捻ったらせん状の芯もくるりと回った部分などもあわせて、僕にはとても
ヨーロッパ的なものに映ります。

もともと、らせんを利用して高さが自在に変えられるものですが、今はこの通り動きません。
この高さが一番美しいと思うのは我が子可愛さゆえでしょうか。鍛冶屋が叩いた鉄味が
サビにサビとてもよいです。高さ約49cm。                   16,000-


お問い合わせ miyawakimodern@gmail.com
      
by pointcinq | 2014-06-14 16:22 | 品物の紹介 | Comments(0)
京都ふるどうぐ市
f0074803_9292795.jpg


少し前にお伝えしたままになっていましたが、今週末(26-27)は
京都で第一回目の開催となります「京都ふるどうぐ市」に出店いたします。

全国より面白い業者さんを集めたようで、この顔ぶれがなかなか面白いのです。
これは他の業者さんのブースも親睦会も楽しみ。

関西地域の方も、そうでない方もこの気持ちのよい季節の京都にぜひぜひ
お出かけくださいませ。

ということで、今週の土曜日の営業は休ませていただきますので
なにとぞよろしくお願いいたします。

京都ふるどうぐ市 website
f0074803_9313325.jpg

 
by pointcinq | 2014-04-24 09:31 | お知らせ | Comments(0)
doll house 1900c England
f0074803_11391229.jpg


仕入れの旅より戻りました。
予想通りですが、相当ハードなものになり、疲れきってパリを出ました。
眠りこけて離陸を知らぬまま空へ、映画を観てもまた眠り、ずっとうつらうつらしたまま
着陸時もよくわからぬままのフライトでした。

今回は友達の業者さんに少し大きいモノを混載させていただき、それ以外は
すべて持ち帰ってきました。発送する時間がなかったのですね。

全部いちどに店先に出すことはできませんが(手が遅いので)、小物から出し始めて
います。

写真は、今回最も気に入ったもののひとつ。イギリスのドールハウス。
実際の家と同じ素材の砂壁になっています。高さ約40cm。
                                              売約済み
by pointcinq | 2012-04-11 11:47 | 品物の紹介 | Comments(2)