ミルクピッチャー 19世紀 オーベルニュ地方
f0074803_052086.jpg

雨の週末、この雨はあと一週間降り続くらしい、フランスではトゥッサン(*)というキリスト教のお祭で
バカンスに入っています。なんだかんだとあなた達はバカンスしていればよろしい。
僕は最後の買い付けして梱包して、掃除して洗濯してまたしばらくの留守の準備をして極東へと
旅立つのです。

さて、
今日の戦利品は19世紀のオーベルニュの焼き物で、火にかけて牛乳を温めたりするときに使う器。
ふくよかで女性的なラインがとても綺麗。

この、縦長の器にシンプルな一本の持ち手、という器にはどうも弱いのだなと先ほど気がついた。
画像より少し明るいしっとりとした肌合いです。同じ肌のおもしろい柄のボウルもひとつ入手。







トゥッサン toussaint

諸聖人の日(万聖節)というらしい。
すべての聖人でtous saint 。なるほどであるが、これとハロウィンが同じというか、関係のある
ものだとは知らなかった。
by pointcinq | 2009-11-02 01:32 | 品物の紹介 | Comments(0)


<< この週末のイベントおしらせ       針山  >>