洗濯用の板   日曜日のお知らせ
f0074803_9494722.jpg


うららかな朝です。パリ出張帰りのS太郎から土産話を聞き、気持ちが少しパリに寄った翌朝。
植木の水遣りにベランダに出ると鶯の声。まだちょっとぎこちない感じがあるので出はじめなのかも
しれない。

が、東京の都心(世田谷は都心とは言わないか)で鶯の声が聞けるとは嬉しい話で
朝から気分がよくなってしまった。花粉症も忘れて森の中を走りたい気分だ。気分だけだけれど。

うちの中はまだ片付かず。
引っ越しの荷物を完全に片付けることができないうちに、次の骨董市の準備を始めるものだから
せっかく片付いたところを散らかすようでこれは気分が悪い。

なんとか今日中に片付けて(骨董市の準備は)、きれいに住まいたいものである。

というわけで、日曜日は大江戸骨董市に出店いたします。
東京駅寄り、大きな岩がある列だと思うのですが、そのあたりでお待ちしています。

詳細はこちらから


画像は小さなカッティングボードではなく、洗濯をするときに使う(使った)道具。
洗濯ものをぱしぱしと叩いて洗ったもの。それを、前の持ち主(骨董屋)がサラミを切るのに使った
という物語とその跡がおまけに付いております。手のひらサイズ。
by pointcinq | 2010-03-18 11:19 | 品物の紹介 | Comments(0)


<< 明日は大江戸骨董市      春の京都展 >>