フィレンツェからの手紙 
東京~京都~奈良~名古屋、商品を抱えての巡業が終わり、冷たい雨の降る東京に
戻ってきました。
全国的に天気が定まらない中、特に晴れた日を狙ってのご来店、本当にありがとうございました。
雨が降ると人の動きが悪くなるということも身をもって知りました(笑)。

東京に戻ってポストに見慣れぬ封書が2通。Firenzeの消印にPOLIZIA MUNICIPALEとある。
家を長く留守にするのは慣れているので、少々の郵便物の山には驚かないのだけれど
見慣れない外国からの手紙(手書きでないもの)にはなんとなく構えるものがある。
(パリの法外な別宅用住民税、レンタカーの請求書、明らかにお金が足りない銀行の残高書 etc.)

POLIZIAって、どう考えてもPOLICEでしょう。『天使と悪魔』観たもんね、知ってるもんねと
強がってみても、心臓は早まるばかりでありまして、開封してみてさらに驚き。

10月3日の午後13時過ぎの9分の間に2回違反を犯していることになる。
禁止区域に許可なく立ち入ったとのこと。それにしても9分で2回?罰金は105ユーロ×2。

ということで、さらに高まる心拍数でイタリアの記載された番号に電話をかけてみる。
優しいねえさんが丁寧に教えてくれたところによると、フィレンツェの中心部には許可なく車で
入ることが禁じられているらしい。要するに住人とホテルを予約した人だけ、ということなんでしょう。

こちらとしては骨董市から骨董市へのタイトな旅の途中、ちょっと足を伸ばして一大観光地
フィレンツェを訪ねてもばちは当たるまい、ついでに腹ごしらえにスパゲッティ・ボンゴレ・ビアンコを
山盛り食べて、せっかくなのだからサンタ・マリア・ノヴェッラとポンテ・ヴェッキオ(ここは『ハンニバル』
の影響大)を見せてくれというだけのことだったのに。そこでくるくるっと、そう言えばポンテヴェッキオの
ひとつ向うの橋を渡った記憶があるな。

ということで、これが新手の国際振り込め詐欺でない限り、我々は素直に105ユーロずつお支払い
するしか無いようである。ご丁寧にクレジットカード使用可。便利な世の中であります。

f0074803_13125516.jpg

確かに、我々の借りたPandaである。それにしてもきれいに撮れていること。



倉庫をひっくり返しながらちょっと整理して、5月の連休(1日、2日)の目白コレクション
準備に取りかかります。
f0074803_1747156.jpg

by pointcinq | 2010-04-22 17:45 | Comments(2)
Commented by roshi303 at 2010-04-24 22:26
マンマミーヤ!
思い出の一枚となりますね(笑)
Commented by pointcinq at 2010-04-25 11:11
ですねえ。
このアルデンテは凄いぞ、などと盛り上がっている場合ではなかったみたいです(笑)。


<< スープを温めるうつわ      名古屋・覚王山 L'h... >>