今日は骨董屋をうろうろ
f0074803_2295492.jpg






f0074803_2302326.jpg






f0074803_2562487.jpg






f0074803_2565348.jpg







f0074803_257257.jpg






f0074803_2324478.jpg



今日は朝からあいにくの火曜日でして、これといってやるべきことがなかったので
午後からは市内の骨董屋を流してみようとうちを出た。

普段歩かない道を歩いてみる。なかなか良さそうなホテル。探していたジャム。ついでに初見のジャム。
そんなものは見つかったけれど、本来の目的である良い品にはとんと巡り合わなかった。

帰りに昔住んでいたサンミシェルのアパート階下にある安くて品のないギリシャのケバブを
ひさしぶりに食べた。安くて品のない味わいが今日の僕にぴたりと来て、とても美味しくいただいた
のだけれど、なぜかお腹の急降下があとでやってきて近くの黄色い本屋からあわてて帰った。



バスに乗った感じだと今日もストは決行中のようでした。旅行の方はご注意を。
by pointcinq | 2010-10-20 02:44 | 日々の暮らしから | Comments(2)
Commented by はしびろこう at 2010-10-20 18:20 x
本屋さんに寄ると青木まり子現象が・・・
Commented by pointcinq at 2010-10-21 00:05
青木まり子現象?
本の匂いで・・・、というやつなんですね。知らなかった。
以前、浅田次郎のエッセイで同じような内容を読んだことがありますが
僕には無縁のものだったはず。今回もそれではなく、品のないケバブに
よるもののはず。どうなんでしょ。


<< テーブルヴィネガーの器      ミラベルのコンフィチュール >>