南仏の水飲み壺
f0074803_0462599.jpg


今日はキャトーズ・ジュイエ、フランスの建国記念日ということで、朝から軍事パレード、航空ショウと
バスティーユが程近いうちのまわりも大騒ぎ。今日は珍しく歩いていけるアリーグルの蚤の市を散歩がてら
覗いて、パレードを見て、うちに帰ってツール・ド・フランスをテレビ観戦。わからないこともいろいろありながら
なんとなく楽しみになってきた。

先日の南仏でのドライブの途中あちこちに出てきたツールの看板。7月○日、ここを走ります。
フランスの田舎道を21日間ずーっとレースで中継して、ああここはおじいちゃんの家の近くだとか、
バカンスで通った道だとか、来年はこの教会に行ってみたいだとか、ここのヒマワリ畑は映画みたいだとか、
今年はワインがよさそうだとか、いろんな楽しみがあるのだと思う。フランスの田舎道のよさも堪能できる。
ちょっと今年は続けて見てみようと思う。

そして、南仏の収穫をひとつ。

いかにも南仏らしいこの色のいい器を探すのだけれど、これがなかなか難しく、これと思うモノが少ない。
今年はオムレツの皿が買えなかったし。

これはお百姓さんが仕事中に水を飲むもの。19世紀あるかないか、というところでしょう。

仮住まいのいまの暮らしには花瓶がなかったので、ざっくりと花を入れてみようと思います。
高さ25㎝とこの種のものにしては小ぶりなところもよし。
by pointcinq | 2011-07-15 00:45 | 品物の紹介 | Comments(3)
Commented by ひろ at 2011-07-18 10:52 x
すみません、ご質問です。
こちらの水飲み壺は、お幾らで販売されていますか?
可愛く気になり、、。
Commented by miyawaki at 2011-07-21 20:48 x
返信が遅くなりごめんなさい。気がつきませんでした。
価格は24000円です。
ご興味がありましたらinfo@miyawaki.biz までお問い合わせください。
Commented by オッターハウンド at 2012-06-06 00:07 x
初めまして。
昨日こちらのブログを初めて拝見させて頂きました。
その時眼にしたこの”水飲み壺”に惹かれとても気になっております。
もうどなたかの処へ嫁入り先は決まっているのでしょうか?
まだ未定でしたら手を挙げたいのですが・・・。


<< リネンのお手入れ      フリーメイソンの飾り皿 >>