オランダの薬瓶 1820c.


f0074803_16205525.jpg


f0074803_1621944.jpg



先週末、3連休の奈良・秋篠の森にたくさんのご来場、ありがとうございました。

東京と熊本で何度かのやりとりをし、うつわを大まかには選んであったのですが
現場でもう一度、いやもう二、三度打ち合わせて、どの料理にどの器、それぞれに使う
サーバーもカトラリーもグラスも時間をかけて一緒に選びました。

こういう食事会はそこにいる全員にとって初めての試みだったので、はじめこそは
もたつきましたが、素晴らしい料理とうつわにだんだんと会が和み、テーブルが色づいて
いくのを感じました。

当日のお昼の会はサービスにも参加し、サーブしながらの説明(おしゃべり)、夜の会は
テーブルにつかせていただいたので食べながらの説明とおしゃべりになりました。
お付き合いいただいたそれぞれ12名のお客さま、本当にありがとうございました。

通常の展示にもたくさんのご来場でした。
関西での展示会ならではのお客さん方にお会いできるのも、こうしてあちこちで仕事を
させていただけるからだと、改めて実感いたしました。本当に皆様、ありがとうございました。

さて、展示会終了から片付け、そのまま来た道を戻り、未明に東京に到着。
ようやく店も片付いて、今日明日と年内最後の営業です。

今日の画像はタイトル通り、19世紀初期のオランダの薬瓶が5本。
ナンバーが入っていますので、本来は1から100くらいまであったのでしょう。
その時に、出会っていたら困ったでしょうね、買いたくても全部は買えないし、選ぶのも
なかなか難しかったでしょう。幸いに5本残っていたものを「全部」と男らしく手に入れました。

好ましいサイズ、質感。ナンバーもガラスに直接書き込んでありますが、はげ方も
すべてが好ましい。何本かまとめても良いし、1本だけ一輪差しに使っても良し。
お酒を飲む方にもちょうどよいサイズ、首のところまでで約160mlです。

ボトムの直径約5.5mm 高さ約10.5cm   18,000-/bottle


ということで、今年の営業は明日を残すのみ。
どうぞよろしくお願いします。


お問い合わせ miyawakimodern@gmail.com
 
by pointcinq | 2013-12-26 16:49 | 日々の暮らしから | Comments(0)


<< 『愛・知のリアリズム 宮脇晴の...      骨のスプーン  19C FR >>