人気ブログランキング | 話題のタグを見る
買付けの旅 最終日はおまけの日 ランス

おまけの日といったってまるっきり遊んでいるわけではない。

まずはカテドラル(大聖堂)のすぐ脇にあるツーリストインフォメーションで実習生の
お姉ちゃんをつかまえて、安くて清潔、しかもできるだけバスタブ付きのホテルを
探して確保。ついでにこのあたりで開催中のブロカント情報を聞き出す。
ほう、すぐ近くでやっているではないか!ということで、逃げるようにその場をあとに
するとその通りへ直行。

ほぼ終了直前、言い換えればぎりぎり間にあった、ということもできる。
のんびりと片づけをしている業者、ファミリーのあいだをざざざっと早足で駆け抜けながら
ほとんどフリーマーケット状態の中、一軒だけなんとか良い物を持っている業者を発見。
ちょ、ちょ、ちょっと待ってと、片づけを中断してもらって残っていたのは古い薬屋の瓶、
ブリキのボトル類。これをラストミニッツ価格で入手。のんびりとほぼあきらめムードだった
昌太郎氏も一瞬で目の色が変わったのであります。
Rudiさんもなんとか満足の買い付けができたようで帰り道はみんなしてスキップ。
近くに銭湯でもあればみんなで背中を流しあったのに。

ブロカントのせいで遅れてチェックインするとすぐ近くのレストラン街を流し、
今夜の夕飯をチェック。
今夜はビストロで、、、また食べたもの忘れた。他の3人が食べたものは覚えているのに。
早めに部屋に戻りバスタブにゆっくり浸かりそのまま9時間睡眠。久しぶりにゆっくりとした
朝、とはいえ習慣からか7時過ぎにむっくりと起き上がり、目の前の駅前大通り公園
(仮名)を1時間ほど散歩してカフェでしっかりと朝食を。

フジタの礼拝堂、カテドラルをゆっくりと見学してのんびりとパリに向かいながらドライブ。
途中、雨にやられながらも緑の中で生ハム、メロン、パテ、サラダ、あたりにワインで
ピクニックと洒落込む、おっと飲酒運転だけれどね、フランスじゃ問題ない。
シャンティー城の美術館で貴族のコレクションをみんなで鑑賞してパリへと戻った次第。

アトリエにすべての荷物を降ろしたときの充実感。なかなかのものであります。

買付けの旅 最終日はおまけの日 ランス_f0074803_4172633.jpg

洗う人、拭く人、忘れ物がどこにあるか考える人(ワタシ)、写真を撮る人(撮影Rudi)
そして狭いアトリエは山のような荷物。


やはり長距離の運転は疲れるわけで。ご飯を食べに行く3人を横目に、僕は1人で
自分の食事、自分のベッドへと直行であります。そして泥のような長い眠り。

死んだわけではない。


そしてまた週末がやってきた。今回の買付け分も含めて、来週は新商品をアップします。
乞う御期待の巻。

今日も1回愛のクリック どうもありがとう。

宮脇モダンHP http://miyawaki.biz
『古くて美しいもの』 たくさんあります。 Mail


ブログランキングに挑戦中

by pointcinq | 2006-05-27 04:16 | | Comments(2)
Commented by cocobear-riko at 2006-05-29 13:57
買い付け記を楽しみに読んでいます。
こちらはまたなんともいえないアトリエ風景ですねえ♪
フジタが生きていたら絵に描いたことでしょうよ。
話は戻って、、
小ぶりのコバルトブルーの毒薬瓶はつい手にとってみたくなる容姿ですね。
物語の続きを知りたいわ。
いつかウブダシ記を出版してくださいね。写真集もね。
テニスの観戦記を読んで私も元気が出ましたよ。
それから、忙しいのにお便りをありがとう。額装もんですわ♪
大江戸が待ち遠しいなあ。
Commented by pointcinq at 2006-05-30 03:35
どうもありがとう。遊んだ翌日はちゃんと働いています。
風が強く天候が変わりやすいのには参ってしまうけれど。。。
さっき、雹が降ったですよ。気温8度だもの、嫌になってしまいます。
ここからいきなり日本の梅雨ってのもなんだか辛いな。
爽やかなパリの6月を少しでも堪能したいです。


<< 休日はテニス観戦      買付けの旅 3日目 ベルギー・... >>