18世紀のガラス皿
f0074803_1291379.jpg

間違いなく今日のスマッシュヒット。18世紀のものと思われる、無造作なガラス皿。
この時代のガラス独特のやや赤みを帯びたもので、お皿というのが非常に珍しい上に
このサイズ、この深さ、さらには縁を一度折り曲げてあるこの作り。

当時、どのようにして使われていたのかを想像しながら細部まで観察していると
どうにも頬が緩むのがわかる。まるで変態ではないか。

この時期、マルシェでもよく見かけるようになった弾けるようなさくらんぼを盛ってみたい。

自分で気に入ったものを買って、しばらく使って楽しんだあとに商品にすることができるなんて、あるいは永遠に商品にしないこともできる、素晴らしきかな骨董屋。

インテリア関連のブログランキングサイトへ

宮脇モダンHP http://miyawaki.biz
『古くて美しいもの』 たくさんあります。 Mail


ブログランキングに挑戦中

by pointcinq | 2006-06-11 01:44 | 品物の紹介 | Comments(1)
Commented by Forunasetti at 2006-06-11 16:42 x
気温27~8℃,湿度27% 晴天, 梅雨の日本と正反対、最高の天候ですね!

Marche aux Puces Vanves で小物を物色、花粉症になったみたい!


<< 戻りビール      アトリエランプ GRAS と ... >>