galerie_frederic moisan

長いあいだ人に貸していた友人のギャラリーを、その友人自身が経営・運営していくことに
なり、そのプレオープンが17日の夜だった。そのオープンに向けて、人手が足りない部分を
なんとか手伝うことにした。ペンキ塗り、その最終的な仕上げ、床掃除、ごみ捨て、額装、
展示、看板のセッティング、カッティングシート張り、その他いろいろ。こういうことにはワタシ、
なかなか役に立つのですよ。

プレオープン当夜、数千枚送ったという招待状の成果か、小雨降るなか500人くらいは来て
いたのではあるまいか。多めにと用意しておいたシャンパンが次々と空になる。
こういうのは見ていて気持ちがいい。

6時スタート、9時に終わるはずのヴェルニサージュは予想通り大幅に遅れこんで
火の用心をしてギャラリーの鍵を閉めたのは11時を回ったころ。
だがしかし、内輪のパーティーはこれから。友人でありギャラリストのフレデリックの自宅で
小規模で行われることになった。朝まで。
世界のあちこちから今夜のために集まった仲間、仲間の仲間、そのパートナー、そのあたりで
朝までなのだから楽しくないわけがない。
久しぶりのガイジンの集いに帰宅した頃はぐったりくたくたになったわけだけれど、まあ
心地よい充実感のある長い夜でした。今夜は少しおとなしめに。

f0074803_2403330.jpg

         夢の冷蔵庫


f0074803_241913.jpg

         サンジェルマン・デ・プレ、rue Mazarine からこの通路の奥がギャラリー
  
by pointcinq | 2007-01-18 02:44 | 日々の暮らしから | Comments(0)


<< Benedictine D.O...      銀のスプーンと金属片 >>