子供の靴 

f0074803_0354598.jpg
推定1920年から40年代の子供用のストレートチップブーツ。
このあたりのアイテムに関する僕の「ロリータ度」は、すでにご理解いただいているものと
思う(受け入れられているかどうかは別として)。

貴族階級の子供用に作られたと思われるもので、ほぼ使われずにいたのでしょう、
デッドストックのようなコンディション。

眺めていると様々なことを思い起こさせる一足のブーツです。

<追記>
外で撮影をしていたら、このアトリエのある建物に住んでいる猫がこの手すりを進んできた。
どうするかと眺めていたら、一瞬の躊躇のあと、ひょいと飛び越えて行った。
猫またぎ、ですか。
by pointcinq | 2007-01-22 01:38 | 品物の紹介 | Comments(2)
Commented by N.O at 2007-01-23 10:45 x
昨年ロワゾではお世話になりました。
今年もウブダシ楽しみにしております。

靴、ステキです。履けるものなら履きたいです…無理でしょうけど
猫に通り道にされたことがあるワタクシ
たとえ何をされても、猫ってかわいいです♪
Commented by pointcinq at 2007-01-23 18:13
大人になってから、猫も悪くないかなと思うようになりました。
寅さんみたいな移動ばかりの生活ではそれもままなりませんが。

靴は21cm~22cmくらいのサイズです。


<< 白いマグカップの記憶      昼と夜のあいだ >>