グラヴュールの入った鏡
f0074803_638397.jpg

東京はもう春なのだとか。そういえば、パリにも花が咲き始めています。
冬らしい冬がきちんと来ぬままに迎える春というのは、なんだかありがたみがない。
春のありがたみというのは、毎日寒い寒いよと見上げた木の枝に見つけた小さな
ふくらみではなかったか。
自分たちに今なにが出来るか、考えてみる。

今日の画像、南仏で買った18世紀末と思われる鏡、北フランス(北仏とは言いませんな)
で見つけた木のボールを乗せて。フレームはないけれどいい鏡。



by pointcinq | 2007-02-20 06:44 | 品物の紹介 | Comments(0)


<< 白のシャツ      修行の日々 >>