ひと月後
さて。目まぐるしい日本滞在を終えて、およそひと月ぶりにパリに戻りました。
荷物もほどかぬうちにそのままお出かけ。まずはその寒さに、その後BHVの改装に驚き、
マレの北で会いたかった友達に偶然再会し(日本でも忙しくて全然会えなかったというのに)
久しぶりのパリの匂いをかいでBelleville中華街の不思議な店でタイ料理。これがまた
とても美味しくて、帰ってすぐに時差ぼけと疲れで大事な歯も磨かず就寝。

今日は早めに起きてゆっくりとジョギング×散歩、常備野菜やらトイレットペーパーやらの
主婦の買い物を済ませて、掃除と片付け、それからあちこちに電話とメールとスカイプ。
キオスクで骨董市情報マガジンを2種、明日からの週末に備えるのです。

久しぶりに戻って、何が食べたいかといえば迷わず肉。フランスの肉が食べたい。
基本的に日本では魚、フランスでは肉しか食べない。それぞれにいろいろあるだろうが
僕は日本の魚とフランスの肉が好きなのだ。
いつも決まってその旨い肉を食べに行くレストランは今日は満席で、そのセカンドの店に
行くことになっている。どうなのかな、どうなんだろう。犬歯が伸びる思いである。がるがる。

また明日。
by pointcinq | 2007-06-29 22:34 | 日々の暮らしから | Comments(4)
Commented by wakiwakimorimori at 2007-06-30 04:52
目まぐるしい日本滞在、お疲れ様でした。
私も神戸っ子のくせに
神戸牛含め、牛肉を食べると胃が痛くなるので
(神戸牛なんて・・・めったに食べませんが)
日本では魚ばっかりです。
でもでもイタリアではお肉食べても、全く異常なし。
それにこちらでは日本にいる時以上に
チョコレートが食べたくなるし・・・空気の違いなのでしょうか。
Commented by pointcinq at 2007-06-30 13:34
どうもありがとう。
ピエモンテで食べた牛肉を塩漬けして熟成させて、これを拍子切りに
したもの、美味しかったなあ。これも忘れられませんね。
僕も外国に来て初めてチョコレートの味を知りました。
今年の夏はイタリア、例の市にも行ってみたいなあ。
Commented at 2007-06-30 21:04 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by pointcinq at 2007-07-01 01:04
な、なるほど。ウィキで調べてみた。

http://ja.wikipedia.org/wiki/切る_(調理)

「そういう人」もいる、ということで、そういう人だったのだ、僕。
以後は「拍子木切り」でいかせていただきます。ありがとう。


<< 皮革屋のタブリエ       無花果の実 >>