2018年 08月 27日 ( 1 )
金庫引き取り

今日の東京、37度くらいあったでしょうか。
暑い中、先日のフランス仕入れで最後の最後まで大変な思いをしたブツを引き取りに行ってきました。引き取り先は羽田空港のカーゴターミナル。初めての経験だったので、今後の覚えも兼ねて写真付きで紹介しておきます。

羽田空港、国際線ターミナルを超えて突き進むと国際線貨物地区というのがあり、その中に入っていくといきなりゲートが現れます。書類を確認して、身分証を出して、行き先とあれこれを告げ、ビジターのプレートと首から下げる身分証を貰って場内へ。
f0074803_15233715.jpg
だだっ広い。端のほうに車を停め歩かされる。
f0074803_15233943.jpg
受付のようなものをしたら、まずは通関手続きをということで向かいのビルへ。
f0074803_15234588.jpg
ほとんど誰もいない。オフィスすべてにブラインドが降りていてなんだか薄気味悪い。
f0074803_15234652.jpg
税関の職員さんはとても感じよく、書類を確認してハンコをいくつか突き、これ持って次の受け取りへ進めとのことで、ようやく終わりが見えてきた感あり。
f0074803_15234703.jpg
広大な倉庫。ものすごい量の貨物が積んである。
こんなところ、来たことないのでなんだか嬉しいのだけれど、写真を撮ったりすると怒られるかなとビビりながら撮影。
f0074803_15242906.jpg

f0074803_15243053.jpg
関税を支払ってようやく段ボールが来た。頑丈な段ボールだったけど、案の定ふにゃふにゃに。まあそりゃそうだ、所詮は紙だもの。

f0074803_15243235.jpg
ほい来た。床の石、割れそう。。。

f0074803_15243384.jpg

f0074803_15243574.jpg

はい、これ金庫です。
これが先日から言っていた苦労させられたブツ。

いろいろとネットで調べてみると、19世紀から同じ形なのでどれくらいの年代のものなのかはまだ判明していませんが、19世紀までは行かないのではないかというのが僕の見解。ここはもう少し調べてみます。

右と左のダイヤルでアルファベットを合わせて、鍵を二回ひねると重いドアが開きます。カギはどう見ても骨董市で売っているタイプのものですが、パリのミスターミニッツでほいっと合鍵ができちゃうのだからフランスってすごい。まだ現役の古鍵が沢山あるということ。ということで、予備のカギあり。

これでももちろん小型の金庫で、「旅行用」だって。誰がどこに!?ツッコミ入れたいですな。重さ45kg。

売約済み




by pointcinq | 2018-08-27 16:05 | 品物の紹介 | Comments(0)