人気ブログランキング | 話題のタグを見る
俺の土地キャンプ
連休の1週間前、キャンプしてみようと思い立った。「俺の土地」で。
どんなもんだろう「俺の土地キャンプ」。

ご近所となる皆様に虎屋の羊羹を持ってご挨拶をして、今夜はここでひとりキャンプしていることを先に告げておかないと、暗闇でひとり焚火するオジサンはもう不審者でしかない。皆さまにいろいろ事情を話したり聞いたりして、お話ができたのは本当に良かった。

皆さんにご挨拶が済んだら、ちょっと気になっていたトゲトゲの植物を抜きにかかる。こいつがなかなか厄介で、いまほおっておくとあとあと厄介が増すのは目に見えている。根っこから抜いていくと、浅い部分で根が繋がっていてどんどん繁殖している様子がよくわかる。ついでにこれもきっと厄介なクマザサもあちこちにあるので、抜いては焼き、抜いては焼く。

俺の土地キャンプ_f0074803_17315275.jpg

俺の土地キャンプ_f0074803_17315316.jpg

俺の土地キャンプ_f0074803_17315572.jpg
俺の土地キャンプ_f0074803_17324077.jpg

俺の土地キャンプ_f0074803_17324114.jpg

腰が砕けそうになる直前に遅めではあるがキャンプの設営を始めて、近所の温泉(いいのが あります)で汗を流しのんびりと焚火。さっきの焼却としての焚火ではなく、次は調理としての焚火。
テントなしの車中泊と決めていたので設営と言っても大したことはない。マットと寝袋で寝床を整えて、ちょっとしたカーテンがわりのものをかけるだけ。食事も軽くあぶって食べられる焼き物と、美味しいパンとチーズとワインだからナイフ一本でほとんど完結である。
俺の土地キャンプ_f0074803_17324321.jpg

俺の土地キャンプ_f0074803_17324453.jpg

俺の土地キャンプ_f0074803_17324532.jpg
基本的にオイルランタンの灯りだけ。今日は手羽先を炙る。

俺の土地キャンプ_f0074803_17333574.jpg

俺の土地キャンプ_f0074803_17333685.jpg
この夜、タミゼ昌太郎が遊びに来てくれました。また近々、ここで本格的なキャンプもいいですね。


俺の土地キャンプ_f0074803_17334053.jpg
昼間の重労働で疲れているので、わりと早めに寝床に入り、カエルの鳴き声がすごいなと思ったのもつかの間、すぐに眠ってしまった。

さすがにちょっと狭いので早めに起きる。キツツキが木を突く音と鶯の声だけが聞こえ、カエルは黙っている。キツツキの音もカエルが朝は鳴かないことも正直、知らなかった。

那須街道の美味しい蕎麦屋で早めの昼食の後、今夜お世話になるタミゼに顔を出して、スーパービバホームでちょっとしたお買い物をと思った。いずれ買うべき農機具、草刈り機や耕運機などをチェックしようと思ったのだ。見ているうちに、いま買って今日の夕方までにちょっとと明日も作業できるじゃないかと思い立ち、草刈り機を購入。

迷ったのは、まずマキタの電動のものとエンジン付きのもの。というのはうちにはすでに掃除機、電動ドライバー、チェーンソーをマキタの電動シリーズにしていて、そのバッテリーと充電器がすべて共有できている。そこに草刈り機を足しても、高額なバッテリーと充電器は必要ないというわけ。じゃあ迷わず電動で、とも言えるのだけど、あの広い土地の草刈りに「1時間作業→1時間充電」だとあまりにも効率が悪い。そのためにバッテリーを追加購入するのであればメリットも薄れる。ということでエンジン付きに決定。

そのエンジンがよくわからないが2サイクルと4サイクルがあるという。中学生の時に技術家庭科でエンジンの仕組みについて習ったあれですが、ほとんど理解しておらず、ビバホームのおじさんに詳しく教えてもらった。2サイクルエンジンはオイルを一緒に燃やしていくエンジンなので、混合ガソリンという専用の燃料を買う必要がある。僕の持ってた(今もあるか)ピアジオのCiaoという自転車バイクと同じだと思う(あれはガソリン給油のたびにちょっとオイルを入れていた)。それに対し、4ストロークというのは普通の車と同じで、ガソリンスタンドで売っている普通のガソリンを燃料として、オイルは自分でオイル交換するというものだということだ。よーく考えて、4ストロークエンジンの草刈り機、それに交換用のエンジンオイル、それとガソリン携行缶を購入。

おじさんが試し運転ということでガソリンとオイルを入れてくれて(無料)、試運転。くいっくいっとポンプでガソリンを送って、ひもを引っ張ってエンジン始動。こういうのはまったくの初めてだけど、仕組みはモーターボートやチェーンソーなどと全く同じだ。エンジンってすごいな。

準備オッケー。さあ、じゃあ刈ってみましょう。 続く


購入したもの : 草抜き 100円
         草刈り機 約30000円
         エンジンオイル 1200円
         ガソリン携行缶 3000円






# by pointcinq | 2021-05-13 09:00 | 丘の家計画 | Comments(0)
2回目のプレゼンテーション
こちらの子ども事情とチネンさんの子ども事情によって、妻が休みの平日にうちで昼食をとりながらというのがこの2回目にして定番化してきたこの打ち合わせ。
この日は南インドスパイスカレーと玄米。まずまずの出来。

このあいだの打ち合わせを反映してくれたかたちで、再び模型を作ってきてくれた。

その前に、僕がアアルト展を観にいき、アアルトの初期の作品であるヴィラ・フローラがかなり僕の好みであり、規模的にもいいのではないかと伝えてあった。それから、彼女のインスタグラムにあった大きな収納の部屋がぜひ欲しいということも。
2回目のプレゼンテーション_f0074803_20074297.jpg
上 アアルトのヴィラ・フローラ
下 チネンさんのInstagram
2回目のプレゼンテーション_f0074803_20100082.jpg
大きな軒下はテラスと繋がり、テーブルが置いてあって食事ができる。そのため、できればアアルトさんちより支柱を少なく、もしくは無しでも。
外にも通じる納戸はおそらく農作業の道具やスキー板やキャンプ道具やそんなモノもここに収納できるはず。

そしてできたのがこの2案。
横に長い庇とデッキを持つA案。大きな庇を設けたことでここに常設のテーブルを置いてもいいスぺース。
天気の良い日は外で過ごすことが多いのではないかと考えている。薪も置ける。
反対側は長い収納スペース。チネンさんのインスタで見たあれがここにきた。これは外からもアクセス可能でとてもいい。


2回目のプレゼンテーション_f0074803_17281762.jpg

2回目のプレゼンテーション_f0074803_17281855.jpg


最初のプレゼンテーションで示してくれた縦長の美しい家。
デッキは一番長めのいい東側に。
どちらも室内にもう一つのボックスが入り、そこがキッチンなどになり、その上はゲストのベッド。
2回目のプレゼンテーション_f0074803_17281953.jpg

2回目のプレゼンテーション_f0074803_17282183.jpg
A案、B案も片側の軒下、三角のほうですね、この上部が全面ガラスになる。

建物の外観として好きなのは断然B案、しかしおそらく居住性がぐっと高いのがA案。
甲乙つけがたいが、実を取ってA案を基本プランにしようということになった。
ベースが決まったので、さらにさらに深く煮詰めていきます。

2回目のプレゼンテーション_f0074803_17282201.jpg

2回目のプレゼンテーション_f0074803_17284242.jpg

2回目のプレゼンテーション_f0074803_17284385.jpg


# by pointcinq | 2021-05-12 13:00 | 丘の家計画 | Comments(0)
最初のプレゼンテーション
さて、最初のプレゼンである。
どんな案を練ってきてくれたのか、楽しみでたまらない。

丁寧に作られた模型の箱を見ただけで、なんかこの人に頼んでよかった
という気持ちがこみあげてくる。

まずこのクラシカルな外観。
同じ屋根の下に一体になるデッキ部分と見たい景色に向けられた大きな窓、ゆったりとしたリビングルーム。
とってもいい。
最初のプレゼンテーション_f0074803_17223059.jpg

最初のプレゼンテーション_f0074803_17224061.jpg
最初のプレゼンテーション_f0074803_17224946.jpg
これをひとつのユニットとして、寝室などのユニットを加えていくというアイデアだったが、これはこの建物に一つにまとめたいという我々の意見を入れて、また次のプレゼンテーションに進みます。

それにしても、この三角屋根の平屋にストーブがあって、それを囲んで本を読むという基本的な僕の欲望は満たしてあり、もうよだれが出そうなのでした。






# by pointcinq | 2021-05-07 19:47 | 丘の家計画 | Comments(0)