グラスを冷やすこと
f0074803_14054438.jpg

グラスを冷やすうつわ。

なんだかぴんと来ませんね。
シャンパーニュや白ワインを飲むときに、グラスもきちんと冷やして、というものなんですが、そんなグラスを冷やすことにみんなが重きを置いていたというのがどうもそのピンとこない原因ではないかと思うのです。

そりゃ、バーに行ってマティーニを頼めば、世界中だいたいどこだってそれくらいのことはしてくれます。きりっとしたグラスで飲みたいですもんね。

ただそれが18、19世紀のヨーロッパで普通に、ということが本当にあるのかなあと。

そういえば、フランスのカフェのカウンターでビールを注文すると、グラスを逆さにしてチャーっと水が出る「グラス洗い」みたいなものでグラスを濯ぐんですね。
なんでそんなことするの、と聞いた時にもやはり同じようにグラスを冷やすんだという答えでした。冷やすって言っても、出てくる水は常温だし、グラスが温かくなっているわけでもない。それより、そのグラスにそのままビールを入れるものだから、僕(学生時代のバイトはバーテンダー)としてはグラスの底に溜まった水の雫のほうがよっぽど気になる。ビールが薄くなっちゃうじゃないか。
でも、そういうしきたりというか習わしというか思い込み。そういうもんでしょう、きっと。

その時代はこの中に氷が入っていたのか?
いや、今も氷の少ないフランスにそんなわけはない。
じゃあ水?
それしかない。
それで冷えるの?

いつも疑問です。こんどもうちょっとまともなフランス人に聞いてみます。

このうつわの縁の意匠はあそこにグラスを引っ掛けることができるように付いているそうです。ま、ないものもあるんですがね。それもまた今度紹介します。

現代の使い方としては、林檎や洋梨なんかを無造作に盛りたい。
セザンヌみたいになること請合いです。

28,000-



# by pointcinq | 2018-10-05 14:05 | 品物の紹介 | Comments(0)
3本脚のスツール
f0074803_14250298.jpg
また台風。
週末の予定が変わっちゃいますね。

きょうは面白いスツールをご紹介します。

いわゆる「ニコイチ」、二つの別のものをいいとこどりして合体させたものです。この場合だと、脚がダメになったスツールと座面がダメになったスツールを組み合わせたもの。

オリジナルがどういうものだったかは想像するより仕方ないのですが、この状態もとても良いのです。全体のバランスも古色もちゃんとあっている稀有な例でしょう。
f0074803_14250431.jpg

f0074803_14250685.jpg

f0074803_14250711.jpg
座面をぐるぐる回して高さを調節できる仕様ですが、できなくはないんですが高さを上げるとややグラグラします。
座面に付いているねじ切ったバーか、脚のほうのナットか、両方かが緩んできているんでしょう。
一番低く下げた状態(写真の状態)ですとかちっと止まっていますので、この状態でのみちゃんと使えます。
玄関脇なんかでどうかなと思います。

この状態で高さ30cm    24,000-

台風にご注意くださいませ。僕はさっきベランダの鉢植えを全部おろしました。

# by pointcinq | 2018-09-29 14:24 | 品物の紹介 | Comments(0)
メジコレ特別企画 勝本みつる 1990’s
だいぶ秋らしくなってきました。
普段、素足で過ごすことが多いですが今日は靴下を履きました。あったかい(笑)。

今年の夏はあまりに暑すぎたのか、蚊に刺されるということが少なかったのですが、なんだか今頃になってぼこぼこと刺されて、痒いうえにいつものムヒがあまり効かない。困ったものです。

さて、まだもう少し先ですが11月の目白コレクションのお話を。(と、書いて、今年の残り少なさにちょっと焦りを感じています。)今回、お客様から預かった勝本みつるの作品を展示販売いたします。1990年代の貴重な作品を10点ほど。ご期待ください。
f0074803_13464923.jpg
f0074803_13470477.jpg
f0074803_13471794.jpg
どうぞよろしくお願いいたします。

# by pointcinq | 2018-09-22 13:49 | お知らせ | Comments(0)