アントワープ Antwerp Antwarpen Anvers



いったいなんだってこんなたくさんの名前が必要なんだろうか。
今日のタイトル、ようするに全部アントワープなのです。多民族、多言語国家というのは
旅をするものにとってわかりにくい上に不便なことこの上ない。まったく。

その1 駅の名前くらいはどれかに統一しよう


どんよりと曇り空の広がるベルギー、なんだか暗いし、目に入る建物もどこかあか抜けないし、間違えて各駅停車の便に乗ってしまったブリュッセル-アントワープの一等車は町医者の待合室みたいだし、なんて落ち込んでいたところ、立派なアントワープの駅に着いた。
これは、すごい。ちょっと驚きましたよ、ワタシ。

その2 悪いことばかりじゃないさ


ガラスの買い付けはすこぶる順調。予想をはるかに超える量と質のガラスが買える。
嬉しくなってシャンパンと生ガキで祝杯をあげるもくたくたに疲れきり、9時過ぎには部屋に
戻り、ビールとウイスキーを一杯ずつ。ドイツ語で『ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ』を観る。
何語でもこの映画なら問題ない、いい映画でした。
このキューバのおじさんたちを観ていて、このアントワープにおける人びとの穏やかさを
思い、なんとなくほほえましい気分に。ほんとにベルギーの人は笑えて来てしかたがない。

その3 ベルギーは人間がキューバ並みにやさしいぞ(パリ比)


いろんなことがめまぐるしく動きすぎて一昨日のことすら遠い記憶のように感じる。
一昨日、ベルギーでの唯一の仕入れ。KPM(ベルリン王立窯ですぞ)の小さな磁器。
例によってファーマシー、化学系の小物です。
同行している渡邊かをるさんに『お前、お医者さんごっこ趣味でもあるんじゃないか』などと
からかわれることしきり。

f0074803_7144573.jpg



明日も早い、本日12時消灯沈没、予定。おっと、電話だ。



宮脇モダンHP http://miyawaki.biz
『古くて美しいもの』 たくさんあります。 Mail


ブログランキングに挑戦中

 ブログランキング・にほんブログ村へ

# by pointcinq | 2006-03-19 07:39 | | Comments(3)
出張、旅行で3月が終わる

なんだか忙しいぞぉぉぉーー、と井戸の底に向かって叫びたくなるような忙しさ。
まあ今働かなくちゃいつ働くのだ、と自分に言い聞かせ一生懸命に働く。
「パリで一番ヒマな日本人」だった5年前に比べれば数段の進歩だし。

今週は明日の早朝からル・マン、日帰りで帰ってきてよく早朝からアントワープへ一泊、
帰ったら土日と恒例のヴァンヴ、それからChatouの骨董市。
その荷物を日本に送るべく一斉にパッキングするのが来週月曜日、火曜日に
お客さんを送り出したら水曜日から一週間モロッコへ単独バスの旅、現地で友達と合流。
あっという間に、本当にあっという間に3月が終わる。
33歳の誕生日は梱包材とダンボールに囲まれて迎える様子である。
予定ではモロッコで、だったのに。

というわけで商品へのお問い合わせ(こちらからもたくさんいただいています、ありがとう)
への返信、HPとブログの更新などが遅れます。どうか、ご了承ください。



宮脇モダンHP http://miyawaki.biz
『古くて美しいもの』 たくさんあります。 Mail


ブログランキングに挑戦中
 ブログランキング・にほんブログ村へ

# by pointcinq | 2006-03-14 17:31 | 品物の紹介 | Comments(1)
シャンゼリゼ・クレモンソー駅
土曜日はずっと雨、昨日今日と快晴はいいのだけれど、
気温はマイナスになるという恐ろしく寒いこのところのパリ。
日本からのお客さんと朝から骨董品を巡る冒険が繰り広げられる。
土曜、日曜とものすごい数ショップを回り、そのまたものすごい量のの商品の中から
二人でぐぐぐぐっと来るものを探していくのはまさに冒険と呼ばずになんと呼ぼうか。

今日は一日運転手付きの車(リムジンじゃなくてほっとした)で梱包材の手配から市内の
骨董屋、それと美味しい朝食、美味しいランチ(シャンパン付でしょう)。
ものすごく冷えるものの、下を見ながら外を一日中歩き回る週末とは雲泥の差である。
なんと言っても仕事が早いし。

早めに仕事が終わったので友達の友達の生け花の展覧会のヴェルニサージュへ。
(展覧会のオープニングレセプション)
そこでワインをちょっと飲んで、早めに帰宅。ただいま、たまった家事をこなし、
洗濯機の音を聞きながらまた一杯。

この週末に買った商品を帳面につけて、なかなかのもんだと眺める。
お客さんと一緒にガラスを買い付けているものだから、ついつい僕もガラスに目が
行ってしまう。その写真はまた今度明るいときに。

今日の帰りに乗換えで通ったシャンゼリゼ・クレモンソー1番線のホーム。
去年の年末ごろ、改装工事を始めた時の画像。使っていた壁をはがすと、昔の壁が
むき出しになっていた。約100年前の壁。
そのままにしておけばいいものを、今は白っぽいガラスタイルのような味気ない壁に
なっていた。

f0074803_5495333.jpg



ベスト10目前、のようです。

宮脇モダンHP http://miyawaki.biz
『古くて美しいもの』 たくさんあります。

ブログランキングに挑戦中
 ブログランキング・にほんブログ村へ

# by pointcinq | 2006-03-14 05:56 | 日々の暮らしから | Comments(1)